出発日が迫り、お困りになっている方からのお問合せが急増しています!

自分でトライしたけどエラーがでてしまいその先に進めない。
再提出を求められたが何を直せばよいのかわからない。
など…。

一度ご自身で申請を進めたのちに、エラーが出てしまうとその後は回答を待つしかありません!
お問合せ窓口も保険省の代表電話のみのため、交渉することもできません。
そうなる前に、ぜひ弊社にすべてお任せください!

移動許可証(Pase de Movilidad)申請の代行/サポート

【必要書類】

  1. パスポートのコピー(jpg)

  2. パスポートを持った顔写真(下記参照ください)

    パスポートを持った顔写真(参照)
    しっかりパスポートが写っていること

    帽子・眼鏡は外していること

  3. ワクチン接種証明書コピー ※QRコード付き。(英文 pdf)

    ・必ず英文・QRコード付きの証明書をご用意ください。
    ・写真ではなく、スキャンPDFしたものをお送りください。

宣誓供述書(Declaración Jurada)入力の代行/サポート

【必要なもの】

  1. チリ入国後の滞在先(チリ入国時のPCR検査で陰性証明が出るまでの隔離先)

  2. 帰国のフライト情報

  3. 出国72時間前のPCR検査の陰性証明書コピー(pdf,jpg)

  4. 最低補償額米貨30,000ドル以上の海外旅行保険証券のコピー(pdf,jpg)

※移動許可証PDM(兼ワクチン接種証明書認証)と宣言書は同じEメールアドレスである必要があります。
弊社ではお客様専用メールアドレスを作成し、各案内を弊社で翻訳してお客様にご案内いたします。

※弊社は昨年からPDM・宣言書を多数代行しており、お客様にとって、もっともスムーズな方法を提供いたしております。ご依頼いただいた際には基本的に弊社ですべて行います。

※チリ入国時は、PCR検査自費 USD 40.00 クレジットカード決済を行い、登録したメールアドレスに検査結果や外出許可などのお知らせメールが届きます。

またメールリンクにて日々の健康状況の申告する必要がありますが、弊社作成の専用メールアドレスでのやりとりになりますのでお客様も、弊社もオンタイムでメール連絡の情報を確認できます。

※日本帰国用のPCR検査陰性証明書発行もサンチアゴで行えます。
検査してから4時間程で証明書を発行し、日本推奨フォーマットで記載してお渡しいたします。

料金

PDM&宣誓供述書代行申請: 22,000円(お一人様あたり)
サンティアゴでのPCR検査サポート費用:
*ホテル~医療施設~ホテル送迎
(日本語アシスタント同行)
検査機関への予約代行、検査結果受取りおよびお届け
参考料金:50,600円(ミニバン3名様まで)

*詳細につきましては下記情報とあわせお問合せください。
・ご希望日時
・ご人数
・ご帰国便情報(ご帰国までの経路含め)