コロナ感染状況(更新日:2021/10/08)

出入国規制

入国時

入国時

  • 出国前 72 時間以内に発行され た PCR (RT-PCR)検査での陰性証明の提示
  • 誓約書への記入
    『Declaración Jurada de Salud y Autorización de Geolocalización』
    https: //e-notificacion.migraciones.gob.pe/dj-salud/
  • 12歳未満の児童の場合は、医師による健康状態についての証明書を提示
  • 新型コロナウイルス感染症に罹患し、渡航前3ヶ月以内に治癒している場合は、出発地の医療機関等から発行された新型コロナウイルス治癒証明書を提示
  • フライトの変更・遅延によりPCR検(RT-PCR)または抗原検査陰性証明の有効期限が超過する場合、24時間を超過しない限りにおいて有効なものとして認められる。
    その場合、Eチケット(当初のものと変更後のもの2種類)または航空会社が発行するフライトの遅延・変更に係る関連書類の提示が必要。
  • 他国への乗り継ぎの際は、渡航先の国が求める場合は、PCR検査または抗原検査の陰性証明を提示する必要がある。
  • 10月17日までの間、南アフリカから渡航、又は同地で 14 日以内の乗り継ぎを行った非住居者の入国を禁止いたします。
  • 南アフリカから渡航し、ペルーに入国するペルー人及び外国人居住者、又はこれらの国で乗り継ぎを行った者を除き、ペルーに入国する渡航者の強制隔離措置は廃止されます。
    上記の対象者は、自宅、宿泊施設、又は一時隔離施設にて、入国後 14 日間の隔離を行うことが義務付けられます。
出国時

出国時

日本入国時に必要となるPCR検査陰性証明書(出国前検査証明)が必要

ラティーノは現地での証明書取得をサポートいたします。

弊社では、現地医療機関において取得が必要となる陰性証明書取得にあたり、以下の通りサポートいたします!

  • 医療機関での陰性証明書取得手続きサポート
  • 医療機関までの専用車に夜往復送迎車両手配及び専属ガイドによるサポート

お気軽にご相談ください。

ラティーノ tel:0120-029-777

ワクチン接種状況

国民の32%がワクチン接種し、徐々に進んでおります。100人あたり58人がワクチン接種済みである。
そして24時間以内の感染者は1,000人前後、死者30人で一時より数字は減少しております。
ペルーではデルタ株、ラムダ株ともに増えておりますが、ワクチン接種の影響か死者数は減っている傾向。

国内の状況

国境がオープンし、各観光地も再開しております。
宿泊施設、レストラン、観光地、商業施設などそれぞれの業界に合わせての
ガイドラインに基づき人数制限、時間制限などのプロトコールを守りながら運営されております。

  • 国内線、または、国際線 に搭乗する際のフェイスシールドの使用は不要になりました。
  • 警戒レベルが中程度 の 地域:外出は午前 4 時から午前 1 時までと制限されます。

    【警戒レベルが中程度の地域】
    アンカシュ、アヤクチョ、アプリマク、アレキパ、カハマルカ、クスコ、ウアンカベリカ、
    ウアヌコ、サン・マルティン、タクナ、カヤオ、イカ、ラ・リベルタ、ランバイエケ、
    リマ、ロレト、モケグア、ピウラ、トゥンベス、ウカヤリ、アマソナス、マドレ・デ・ディオス、プーノ、フニン、パスコ

  • 国内移動におけるマスクの使用、および、空港、ショッピングセンター、銀行、スーパーマーケット等の屋内の施設でのマスクの二重着用は必須です。
  • こまめな手洗いとソーシャルディスタンスを守るよう国民への呼びかけを実施しています。