出入国規制

入国時

入国時

  • ワクチン接種証明書
    入国の14日以上前にワクチン接種(2回)が完了し、官公庁により発行されたワクチン接種証明書の提示が必要。

  • オンライン入国申請書  
    オンライン宣誓書の入力が必要となります。
    https://apps.migracioncolombia.gov.co/pre-registro/public/preregistro.jsf
    フライトの24時間前から入国1時間前までに登録が必要です

     

    ワクチン接種2回を完了していない場合
    (コロンビア入国時に接種完了から14日以上経過していない者、1回もワクチン接種をしていない者を含む。)
    18歳以上のコロンビアに居住していない外国人(観光客、ビジネス目的等、)については、出国前72時間以内のPCR検査陰性証明もしくは出国前48時間以内の抗原検査による陰性証明を提示することで、入国が可能。

  • 隔離制限無し
    マスクの使用は必須ではなくなり、バー、レストラン、美術館、図書館、映画館、イベント会場でのワクチン接種証明書の提示も必須ではなくなりました。
    (2022年5月1日より)

出国時

出国時

日本入国時PCR検査陰性証明書(出国前検査証明)が必要
・出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提出が必要。
・搭乗時に証明書を所持していない場合、航空機搭乗を拒否されます。

ラティーノは現地での証明書取得をサポートいたします。

弊社では、現地医療機関において取得が必要となる陰性証明書取得にあたり、以下の通りサポートいたします!

  • 医療機関での陰性証明書取得手続きサポート
  • 医療機関までの専用車による往復送迎車両手配及び専属ガイドによるサポート

ご予定の都市名および出国予定日を明記のうえお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

※最新の帰国条件は厚生労働省のホームページにてご確認ください。
・水際対策に係る新たな措置について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
滞在していた国・地域により具体的な手続きが異なります。
コロンビアは現在青色区分エリアに該当します
・有効なワクチン証明書:問わない
・現地出国前検査:必須
・到着時検査:不要
・自主隔離待機:不要

ワクチン接種状況

ワクチン接種率1回のみ83%、2回接種済み70%.
24時間あたり感染者:ーーー人 / 死者:ーー人

国内の状況

(1)累計感染者数 :6,117,847名
(2)累計死亡者数:   139,894名

 

 

 

■注意喚起情報■

在コロンビア日本大使館情報:コロンビアから日本に入国する際の水際対策について:(2022年5月27日付)
●5月26日、日本政府は、本年6月1日以降の水際対策の見直しにあたり、コロンビアを「青」の国・地域に指定しました。
これにより、6月1日午前0時(日本時間)以降にコロンビアから日本に到着する帰国者・入国者は、ワクチン3回目の接種の有無によらず、空港検疫での検査は実施せず、入国後の待機も無しになりました。(下記1)
●ただし、出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出は引き続き必要です。
また、入国時に手続きの時間短縮を図るため、ファストトラック(入国時の検疫手続の一部の事前登録)のご利用をお勧めします。(下記2)

1 5月26日、日本政府は、本年6月1日以降の水際対策の見直しにあたり、コロンビアを「青」の国・地域に指定しました。
これにより、6月1日午前0時(日本時間)以降にコロンビアから日本に到着する帰国者・入国者は、(これまでの緩和措置適用の基準であった)ワクチン3回目の接種の有無によらず、空港検疫での検査は実施せず、入国後の待機も無しになりました(入国後から公共交通機関の使用も可能です)。

 詳細は以下のリンク先をご確認ください。
 全世界の国・地域の区分一覧(5月26日時点)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0526_list.pdf
※今後、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により区分変更される可能性もありますので、日本に渡航される際には今一度ご確認ください。

 上記区分による入国時検査及び入国後の待機期間について
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C048.html

2 今回の水際措置の見直しにあたってもり、出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出は引き続き必要ですので、ご注意ください。
 なお、ファストトラックの利用により、指定のアプリ(MySOS)上で入国時の一部検疫手続きを事前に済ませることができますので、是非ご利用ください。

 詳細は以下のリンク先をご確認ください。
https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

 また、日本人を含む海外からの入国者が入国時に入国審査・税関申告の入国手続等をオンラインで行い、空港における入国手続の効率化が可能となるVisit Japan Webもご利用ください。
https://www.digital.go.jp/policies/visit_japan_web/

【問い合わせ先】
在コロンビア日本国大使館
Carrera 7 No.71-21、Torre B Piso 11、Bogota D.C.
電話番号:+57(601)317 50 01 (開館時間:平日9:00-12:00、13:30-17:30)
FAX: +57 (601) 317 49 89
https://www.colombia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

———————————————————————————-

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する注意喚起(コロンビア入国の際に提示を求められるワクチン接種証明書等提示義務の一部変更)(2022年5月3日付け)
●5月1日から、コロンビア入国に際して求められるワクチン接種証明書等の提示義務に関して、ワクチン接種が完了していない(1回も接種していない者を含む)方も、PCR検査等の陰性証明書があれば入国可能となりました。

 

1 4月29日付厚生・社会保障省決議692号によれば、5月1日から、空路又は海路による18歳以上の旅行者のコロンビア入国に際して、搭乗・乗船の14日以上前に接種を完了したワクチン接種証明書又はPCR検査等の陰性証明書のいずれかの提示が求められることとなりました。

 

(本件に関する厚生・社会保障省決議: https://www.minsalud.gov.co/Normatividad_Nuevo/Resoluci%C3%B3n%20692%20de%202022.pdf )

 

2 有効と認められるワクチン接種証明書は、搭乗日の14日前までに、2回接種型ワクチンであれば2回、1回接種型ワクチンであれば1回、接種を完了していることが記載されたワクチン接種証明書で、氏名、身分証番号、接種日、ワクチンの種類あるいは製造会社名、接種回数が確認できるものであれば、デジタル又は紙媒体のいずれでも良いとされています。

 

2 有効と認められる陰性証明書の検査方式は、出国前72時間以内のPCR検査又は48時間以内の抗原検査です。

 

3 なお、引き続き、コロンビア出入国の際には、フライトの72時間前から1時間前までのCheck-Migへの登録が義務となっています。
(Check-Mig:
https://apps.migracioncolombia.gov.co/pre-registro/public/preregistro.jsf

 

【問い合わせ先】
在コロンビア日本国大使館
Carrera 7 No.71-21、Torre B Piso 11、Bogota D.C.
電話番号:+57(601)317 50 01 (開館時間:平日9:00-12:00、13:30-17:30)
FAX: +57 (601) 317 49 89
https://www.colombia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

———————————————————————

コロンビア政府は、海外旅行者の入国制限を変更しました。(2022年4月29日付け)
以下に、2022年5月1日に適用される変更点は以下の通り。

 

ワクチン
オンライン入国申請書「チェックミグ」リンクから事前チェックインフォームに記入します。
海外からの旅行者は、コロンビアに入国するための完全なスキームが記載された予防接種カードまたは証明書を提示する必要があります。

 

不完全な接種、またはワクチンを受けていない場合は、72時間前に「陰性」の結果が得られたPCRテスト、または飛行の48時間前に「陰性」の結果が得られた「抗原検査」結果を提示する必要があります。
ワクチン接種カードには、所有者の氏名、ワクチンの名前、投与回数、ワクチンの適用日などのデータが含まれている必要があります。

 

フェイスマスクとワクチン接種証明書の提示について
フェイスマスクの使用は必須ではなくなり、バー、レストラン、美術館、図書館、映画館でのイベントでワクチン接種証明書の提示することも必須ではなくなります。

 

———————————————————————

在コロンビア日本大使館情報:
新型コロナウイルス(COVID-19)に関する注意喚起(【追加情報】コロンビア入国の際のワクチン接種証明書提示の義務化):(2022年2月01日付)

 

●1月26日付厚生・社会保障省決議第111号にて、2月1日より、コロンビア入国に際して求められるワクチン接種証明書の提示に関する追加詳細が発表されました。

 

●詳細は本文をご覧ください。

 

1 引き続き、空路にてコロンビアに入国する18歳以上の方は、ワクチン接種完了(2回接種)のワクチン接種証明書の提示が原則必要です
(現時点では、ワクチン接種完了(2回接種)のワクチン接種証明書の提示があれば、PCRや抗原検査の陰性証明の提示は求められていません)。

 

2 しかし、空路にてコロンビアに入国する18歳以上の方で、ワクチン接種を完了していない方は(1回目のみ接種や2回目接種から14日以上経過していない者を含む)、引き続き、入国の際に、ワクチン接種証明書と新型コロナウイルスの陰性証明の提示が必要です。
この陰性証明については、これまで出国前72時間以内のPCR検査による陰性証明のみが有効でしたが、2月1日から出国前48時間以内の抗原検査による陰性証明も有効となりました。

 

(1月26日付厚生・社会保障省決議第111号:https://www.minsalud.gov.co/Normatividad_Nuevo/Resoluci%C3%B3n%20No.%20111%20de%202022.pdf )

 

3 また、18歳以上のコロンビアに居住する外国人の方で(当館が移民庁に確認したところ、「居住する外国人」はRビザを有する者を指すとのこと)、
(1)1回もワクチン接種していない、(2)1回目のみワクチンを接種、(3)2回目接種から14日以上経過していない、場合には、出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明または出国前48時間以内の抗原検査の陰性証明の提示をすることで、入国が可能です。

 

4 海路にてコロンビアに入国する18歳以上のすべての方は、コロンビア入国の14日以上前に接種した(2回接種もしくは1回目のみ接種)ワクチン接種証明書の提示に加え、出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明または出国前48時間以内の抗原検査の陰性証明の提示が必要となりました。

 

5 なお、コロンビア厚生・社会保障省によれば、空路、海路共に、ワクチンを1回も接種していない外国人(Rビザ以外のビザで居住している方、観光客、ビジネス目的での訪問等)は、入国できないとのことです。

 

6 更に、コロンビア出入国の際には、フライトの72時間前から1時間前までのCheck-Migへの登録が義務となっています。
(Check-Mig:
https://apps.migracioncolombia.gov.co/pre-registro/public/preregistro.jsf

 

7 以下のURLにて、コロンビアにおける新型コロナウイルス関連情報が掲載されていますので、ご参照下さい。
https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/cs_america/ 

 

 

【問い合わせ先】
在コロンビア日本国大使館
Carrera 7 No.71-21, Torre B Piso 11, Bogota, D. C.
※一時的に電話番号を変更しております。
電話番号(日本語):+57 317 438 3097
電話番号(スペイン語):+57 318 206 2161
電話番号(土日祝日及び平日時間外17:30~09:00):+57 315 340 6283(※緊急時)
FAX: +57 (601) 317 49 89
https://www.colombia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
—————————————————————————————-

 



 

ご注意ください
掲載しております内容は各政府機関や現地からの情報をもとに掲載しております。
出入国の条件は日々変動しております。可能な限り最新情報へアップデートをしておりますがご旅行がお決まりになりました際には、最新情報を弊社へお問合せいただくとともに外務省海外安全情報ページなどもあわせてご確認いただきますようお願いいたします。
また急な条件変更により出入国できなくなるなどのトラブルにつきましては弊社では一切責任を負いかねますので予めご了承ください。