出入国規制

入国時

入国時

★重要★アメリカお乗継にて中南米方面へお越しの方
中南米へお乗継ぎで到着される方も、必ず米国入国手続きがありますので、以下の書類をご用意のうえご提示いただく必要がございます。

 

  • ワクチン接種証明書  
    2回目の接種日から14日以上経過していることが確認できる新型コロナワクチン接種証明書

  • PCR検査陰性証明書 
    出国前 1日以内に発行された PCR(RT-PCR)検査の陰性証明の提示
    例)1/17(月) 18:00 成田発のフライトの場合
          → 1/16(日)以降に検査受検(時間指定なし)
    ※2021/12/6以降、3日以内→1日以内へ変更されております。
    https://www.us.emb-japan.go.jp/j/announcement/20211203importantmessagecoronavirus.pdf

    →2021年11月8日よりワクチン接種証明書およびPCR検査陰性証明書のどちらも必要となっております。

  • 宣誓書(Attestation)へ入力が必要
    https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/NCEZID_FRM_ENG_Disclosure_Dec2021_508.pdf
    *こちらの入力可能なpdfファイルにて入力してお持ちいただくか、 空港で配布される用紙にて記入提出でも可能。

  • ESTA(電子渡航認証)の取得

    アメリカへの入国にはビザ(査証)が必要ですが、日本国籍の方は短期商用・観光目的であれば、ESTAの登録などの条件を満たせるビザ免除プログラムを利用してビザ無し渡航が可能です。必ず事前に取得をお済ませください。
    *ご注意:2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメン、北朝鮮への渡航歴がある場合はESTA申請対象外となりますので米国ビザの取得が必要です。

出国時

出国時

日本入国時PCR検査陰性証明書(出国前検査証明)が必要
・出国前72時間以内の検査(陰性)証明書の提出が必要。
・搭乗時に証明書を所持していない場合、航空機搭乗を拒否されます。

 

※最新の条件は厚生労働省のホームページにてご確認ください。
・水際対策に係る新たな措置について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
・検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_0024
注!現在米国よりご帰国時 検疫所確保宿泊施設での待機が必要!
*ニューヨーク州、ハワイ州、イリノイ州、マサチューセッツ州  
 カリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州、   
 6日間の検疫所が確保する宿泊施設で待機を求められております。
 (カリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州については
 2021年12月30日午前0時より現状の3日→6日間へ変更適用。
*上記4州以外の州よりご帰国される方
 3日間の検疫所が確保する宿泊施設で待機を求められております。
 
 

 

ご注意ください
掲載しております内容は各政府機関や現地からの情報をもとに掲載しております。
出入国の条件は日々変動しております。可能な限り最新情報へアップデートをしておりますがご旅行がお決まりになりました際には、最新情報を弊社へお問合せいただくとともに外務省海外安全情報ページなどもあわせてご確認いただきますようお願いいたします。
また急な条件変更により出入国できなくなるなどのトラブルにつきましては弊社では一切責任を負いかねますので予めご了承ください。