国名 エクアドル共和国(Republica de Ecuador)
言語 公用語はスペイン語ですが、先住民のほとんどはケチュア語やヒバロ語などを話します。
(一般的にホテル及び観光地帯等では英語を話すスタッフがおります)。
時差 日本との差は-14時間、ガラパゴス諸島のみ-15時間。
(サマータイムの実施はありません)
日本が昼12時の場合、現地では前日の夜22時(ガラパゴス諸島は夜21時)となります。
気候

エクアドルは大まかに3つの地域に区分される。
海岸地方(COSTA)  代表都市:グアヤキル市
赤道直下の熱帯の低地にありながら、冷たい海流の影響で比較的穏やかな気候と降雨に恵まれています。年間平均気温は25~28度で、雨期と乾期に分かれます。乾期の5~11月の平均気温は25度前後、12~4月の雨期は蒸し暑く平均気温は31度にもなります。
中央アンデス地方(SIERRA)  代表都市:キト市、クエンカ市
雨期(10~3月)と乾期(4~9月)に分かれます。赤道直下にありながら標高が高いため年間の平均気温は14~19度で、年間を通じて春のような快適な気候です。
東部熱帯低地(ORIENTE)  代表都市:特になし
高温多湿の熱帯ジャングルで、年間を通じて雨が降り、年間の平均気温は25度前後と蒸し暑さが続きます。

服装 キト市など標高の高い山岳地帯では、朝晩かなり冷え込む恐れがありますので厚手の上着は必要です。上着は途中、着脱できるものが良いでしょう。出来れば重ね着をする恰好が気温調整も踏まえベストといえます。一方、グアヤキル市やガラパゴス諸島では、一年中20度を越えるので軽い軽装で充分です。ただし、夜に少し涼しいと感じることもありますので、薄手のシャツかジャケットがあればベストです。
全体としてカジュアルな服装で構いません。夕食など上着、ネクタイなどの必要なところは殆どございません。
電圧
110ボルト、60ヘルツ仕様

平2つ穴Aタイプ(異なる場合もございます)。

国際電話 ●日本から現地に電話をかける場合
際電話会社の番号が最初に必要です。(マイライン登録をされている場合は不要) 
+010+593(エクアドル国番号)+2(キト市外局番)+市内番号
*各都市市外局番 7:クエンカ、3:リオバンバ、4:グアヤキル、ガラパゴス諸島:5
●現地から日本へ直接かける場合
00+10~16(電話局の番号)+81(日本国番号)
+市外局番(最初の0は不要)+ 市内番号
例えば 03-1234-5678にかける場合
00+10+81+3+1234-5678
*日本との時差にご注意下さい。(-14時間)(ガラバゴス諸島は-15時間)
*国際電話は公衆電話からかけることはできません。ホテルまたは電話局からかけます。
電話局からの場合、料金は先払いとなります。どこへ、どれくらいかけるのかを聞かれ、その分の料金を支払います。時間が経つと自動的に切れるのでご注意を。
通貨

通貨の単位はUSドル(US$)。その下はセントCENT(¢)となります。コインのみエクアドルドルが発行されています。日本にてUSドルに両替してお持ち下さい(できるだけ小額のUSドルが便利)。日本円は現地では通用しません。現地通貨への両替は空港、銀行、両替所及びホテルにて可能です。また、日本円の現金、トラベラーズチェックの両替も一部の銀行でのみ可能です。クレジットカードにつきましては、殆どの都市で利用可能となっております。(JCBは現地では流通しておりません)

チップ 欧米同様一般的にホテルでのポーターやレストランなどで食事の際チップを支払う習慣があります。
おおよその目安は
ホテルポーター(荷物1個に付き) 1.00USドル
ホテルメイド

1.00USドル

飲み水

水道水は飲めません。
ホテルの冷蔵庫に入っている氷も同様に注意が必要です。ミネラルウォーターを持ち歩くことをお勧めします。(ホテル及び市内売店等々にて購入が可能)尚、ミネラルウォーターには炭酸ガスが含まれているものとそうでないものがございますので購入の際、ご注意下さい。見分け方としてペットボトルを軽く押さえて弾力がないほうがガス無しとなります。

表記はSIN GASと明記されております。

高山病 キトの標高は2800メートルを超えるため当然の事ながら空気が薄くなります。そのため一時的に高山病の症状に悩まされますが徐々に順応してきます。まず、予防としては当日までの体調管理、また高地では決して走らない、急がないを徹底する事です。勿論、それでも何割かは自覚症状が出る方がいます。典型的な症状としては頭痛、めまい、食欲不振などです。対策としましては、高地ということもあり、通常より身体から水分が失われております。喉の渇きが出る前にまず水分を取るよう心がけましょう。平地の場合、一日2リットルの水分補給が必要とされておりますが、高地ではその倍4リットルを目標に。また血行をよくすると悪いので暴飲暴食をひかえ、食事は6~7分めを目安にしておくことをお勧めいたします。熱い風呂も控えたほうがよいでしょう。アルコール及び喫煙も控えることをお勧めします。頭痛の場合には普段飲みなれている頭痛薬を服用することで軽減できます
症状がひどい場合は外見からでは判断しにくいものですので早めにお申し出いただいたほうがよいでしょう。
治安

ご心配な点もあるかと思いますが、基本的には欧米の都市と同程度の治安状況です。特に他地域と比べてとりたてて、観光客が巻き込まれる強盗などが多くはございません。但し、空港やホテルなどの観光客が多く集まる場所での置き引きは多いですので、いつ、いかなる時もご自分の荷物から目を離すことの無いように十分ご注意ください。また、もちろんご旅行中は過度の装飾品や高価な時計などは置き引きなどに目を付けられやすいのでお勧め致しません。
外務省 海外安全ホームページ はこちら

●在エクアドル日本大使館(Embajada del Japon)
住所: Avenida Amazonas y Calle Arizaga, Edf. Amazonas Plaza, Piso 11,
Quito, Ecuador
電話: 02-2278-700
FAX: 02-2449-399
査証

3ヶ月以内の滞在であれば、観光、商用を問わず査証は必要ありません。パスポートの有効残存期間が6ヶ月以上あること。

予防接種

エクアドルは黄熱病の流行国に指定されています。旅行経路(経由国)によっては、出入国時に黄熱病の予防接種証明書の呈示が要求されます。また、地方への旅行や長期滞在の場合には、一般に黄熱、A型肝炎、破傷風、狂犬病などの予防接種が勧められます。予防接種は、これまでの予防接種歴、滞在期間、旅行形態、出発までの期間でかわりますので、詳しいことはお近くの検疫所に問い合わせてください。

厚生労働省 海外検疫情報 はこちら

出入国

エクアドル入国には出入国カードが必要となります。日本では入手困難の為、機内にて配られるものを利用下さい。手順としては、入国審査場にて出入国カード(全て記入が必要)並びにパスポートを渡すと、滞在日数、目的などの質問のあと、パスポートとカードの出入国カードの複写が返されます(必ず確認すること)。その後、飛行機に預けた荷物をピックアップした後、税関審査を通過しますが、審査は簡単で荷物チェックもされない場合が多いです。
出国の際は、保管していた出入国カードの複写とパスポートを航空会社のカウンターにて提示し、その後国際線空港税を支払った後、出国審査場に向かいます。

2018年5月より、エクアドルへ入国する外国人旅行者に対し、エクアドルの入国管理局にて滞在期間中有効な任意保険加入を必須とする通達が出ております。現状提示を求められるケースはありませんが、トラブルを防ぐためにも任意保険には必ずご加入のうえご訪問いただく事をお勧め致します。

外貨持込制限: 無制限
現地通貨: 無制限
*1万ドルを超える現金を所持している場合、所持現金申告が必要です。
祝祭日
1月 1日 元旦
2月 15日~16日 カーニバル
4月 2日 聖金曜日
5月 1日 メーデー
24日 ピチンチャ戦勝記念日
7月 24日 シモン・ボリーバル出生記念日

8月

13日 独立記念日
10月 9日 グアヤキル独立記念日
12日 コロンブスの日
11月 2日 死者の日
3日 クエンカの独立記念日
12月 6日 キト祭
25日 クリスマス
名物料理
カングレホ グアヤキルの名物で、マングローブガニを茹でたもの。
エンサラダ・デ・カマロネス サラダ、茹でエビとポテトのマヨネーズ&サワークリーム和え。

フリターダス

揚げ料理の盛り合わせ。豚のから揚げや揚げバナナなど。

バベジョン・クリオージョ

アボガドとチーズ入りのポテトスープ。とてもクリーミーな味わい。

ロクロ・デ・ケソ

干しぶどうやトマトなどを入れたチキンライス

クイ

クエンカなど山岳地帯の名物で、クイ(モルモット)を揚げたもの。
お土産 アルパカ製品やポンチョ、ショールなどの布製品、ケーナやサンポーニャ等の楽器の他、エクアドルで発祥したパナマ帽等もお勧め