国名 パラグアイ共和国(Republica de Nicaragua)
言語 公用語はスペイン語。原住民の言語であるグアラニー語も一般的に使われています。
時差 日本との差は-13時間(日本が昼12時の場合、現地では前日の夜23時となります)。
サマータイム時(10月~3月)は-12時間となります。
気候

南米の中心に位置し、パラグアイ川によって土壌および気候が異なる2つの地域に別れる。
西部地域
チャコ地方と呼ばれ、広大なサバンナの大草原がひろがり、年間を通じて温暖なエリア。
東部地域 代表都市:アスンシオン、シウダ・デル・エステ
様々な河川が流れる肥沃な地域で、穏やかな丘陵地帯が特徴であると共に、人口の大半が居住し南米の中でも最も古い都市のひとつである首都のアスンシオンもこちら側に位置する。 気候としては全土亜熱帯性、平均気温は14℃~40℃。
首都のアスンシオンでは日本とは逆の11月から3月までが夏になり、最高気温も40℃を越える日が続きます。

服装

ご用意頂く服装は、冬(6月~8月)以外は厚手の上着はいらず、軽装で構いません。6月以降の冬場は一枚厚手の上着が必要になります。

電圧
220ボルト、50ヘルツ仕様
ホテルによりましては110ボルトのコンセントもございますが、変圧器をお持ちいただくことをお勧めします。
(形状:丸2つ穴 Cタイプ及び平2つ穴 Aタイプが主流)
国際電話 ●日本から現地に電話をかける場合
国際電話会社の番号が最初に必要です。(マイライン登録をされている場合は不要) 
+010+595(パラグアイ国番号)+21(アスンシオン市外局番)+市内番号
*各都市市外局番 61:シウダ・デル・エステ
●現地から日本へ直接かける場合
00+81(日本国番号)+市外局番(最初の0は不要)+市内番号
例えば 03-1234-5678にかける場合
002+81+3+1234-5678
*日本との時差にご注意下さい。(-13時間)
通貨

通貨の単位はグアラニー(G.)
基本的には日本では両替できませんのでご出発前にUSドルに両替してお持ち下さい。
現地通過への両替は空港およびホテルにて可能です。ただしホテル、レストラン、土産店など、ほとんどの場所でドル現金が使用できますので、それほど現地通貨への両替の必要はありません。クレジットカードにつきましては殆どの都市でご利用可能です。(AMEX,VISA等)
以上の上で現金および貴重品は全てを持ち歩いたりせずホテルのセーフティーボックス等を利用し必要な分だけお持ち頂くのが宜しいと思います。

チップ 欧米同様一般的にホテルでのポーターやレストランなどで食事の際チップを支払う習慣があります。
おおよその目安は
ホテルポーター(荷物1個に付き) 5.00USドル
ホテルメイド 1.00USドル
飲み水

他の南米各国と異なりホテルでの水道水は飲めるとのインフォメーションもありますが、基本的には飲まない事をお薦めします。ホテルの冷蔵庫に入っている氷も同様に注意が必要です。ミネラルウォーターを持ち歩くことをお薦め致します。(ホテルおよび町中売店で購入可能)なお、炭酸ガスが含まれているものとそうでないものがございます。見分け方はペットボトルを軽く押さえて弾力が無いほうがガスなしです。 
表記はSIN GASと明記されております。

治安 ご心配な点もあるかと思いますが、基本的には欧米の都市と同程度の治安状況です。特に他地域と比べてとりたてて、観光客が巻き込まれる強盗などが多くはございません。但し、空港やホテルなどの観光客が多く集まる場所での置き引きは多いですので、いつ、いかなる時もご自分の荷物から目を離すことの無いように十分ご注意ください。また、もちろんご旅行中は過度の装飾品や高価な時計などは置き引きなどに目を付けられやすいのでお勧め致しません。
外務省 海外安全ホームページ はこちら
●在パラグアイ日本大使館(Embajada del Japon)
住所: Av.Mariscal Lopez 2364,Asuncion
電話: 021-604-616
FAX : 021-606-901
営業時間: 08:00~12:00/13:00~16:45
休館: 土、日曜日、祝日
査証 3ヶ月以内の滞在であれば、観光、商用を問わず査証は必要ありません。パスポートの残存期限は6ヶ月以上。
予防接種 2019年5月10日から、ブラジルの黄熱流行地域への渡航及び同地域からのパラグアイ入国に関しイエローカードの提示を求められる地域が、21州に変更となりました。

●5月10日からパラグアイからブラジル21州への渡航しようとする1歳から59歳の者に対して,出入国審査の際に黄熱予防接種証明書(イエローカード)の提示を要求する。

●上記黄熱流行地域にトランジットで立ち寄る場合はイエローカードの提示を要求されない。

●イエローカードの提示ができない場合は出入国が許可されないが,罰金を徴収されることはない。

厚生労働省 海外検疫情報 はこちら
出入国

パラグアイ入国には入国カード・税関申告書は不要です。

*持込制限*

通貨: 無制限
タバコ/酒/香水: 適量
その他: カメラ、音響機器、スポーツ用品は個人使用分のみ
禁止品: 麻薬

*持出制限*

通貨: 無制限
タバコ/酒/香水: 適量
禁止品: 麻薬
祝祭日
1月 1日 元旦
3月 1日 ヒーローズ・デー

イースター(*毎年流動する祭日)

5月 1日 メーデー
15日 独立記念日
6月 12日 平和の日(チャコ戦争終戦記念日)
8月 15日 アスンシオン創設記念日
12月 8日 聖母受胎の日
25日 クリスマス
名物料理
アサード 肉の炭火焼
チパ アルミドン(芋のでんぷん)をまぜて焼いたチーズパン(代表的なスナック)
エンパナーダ 餃子のような形状のパン生地で中には肉などの具材の入ったパイのようなもの
ソパ パラグアジャ トウモロコシとチーズの入ったケーキ
ボリボリ 鳥のガラスープとトウモロコシの粉をこねた団子のスープ
プチェロ 牛肉と野菜のスープ
マテ茶 忘れてはならない国民的な飲み物。
お土産 ニャンドゥティ・レース(蜘蛛の素という名の、とても繊細なレース編み。コースター、テーブルクロス)
アオ・ポイ(独特なししゅう入りのコットン製の布。テーブルクロス、ブラウス、ワンピースなど)
皮製品、金銀細工、ハープ、ギター、グァンパ、ボンビージャ(マテ茶用の茶器)