HOME>ラティーノブログ

ラティーノブログ

ラティーノブログです。スタッフが思い思いに書いていきますのでどうぞよろしくお願いします!
201707/19
ロライマ・トレッキングまでの道のり。

前回はどうしてもエンジェルフォールが見たくてカナイマ国立公園に行った。

エンジェルフォールも、そこまでの道のりも、雄大な自然はまるでジュラシックパークの世界。青い「地球」を感じてからだ全部で感動!!!

遠くにそびえるテーブルマウンテン、セスナで上空からみるテーブルマウンテン。 そしたら今度は。。。テーブルマウンテンの上を歩いてみるでしょう!!! と言うことで、普段全くスポーツをしていないにもかかわらずロライマトレッキングにチャレンジすることにしたのでした。

が、しかーし!簡単にはたどり着けない。カラカスからトレッキングスタートの地、サンタエレナまでは定期便が飛んでない!グループならばチャーターすれば飛ぶ事ができるが1人、2人でチャーターするには費用がかかりすぎる。。。そこで貧乏な私は当然陸路移動決定~・・・ 

まずはカラカスからプエルトオルダスまでは定期便があるので飛行機で。フライトはムチャクチャ早朝06:00。朝07:30にはプエルトオルダスに到着。そこから長い長い長~いドライブが始まるのでした。幸い天気は最高!がんばるで~。

あまりの眠さにボコボコ道もなんのその、白目むいて爆睡。賑やかな音と声に目を覚ます。ランチだ。

 

国道沿いのレストラン。周りには何もない。しかし炭火でいぶされた美味しそうなアサードのにおいが立ち込める。やばい、こりゃうまい!ピリッとスパイスの効いたチョリソがまたたまらない。

 

あ~こんなにお肉をたくさん食べたのは久しぶり。肉と一緒に食べるのはイモ。いわゆるキャッサバ?塩気のあるアサードやチョリソと一緒に食べると合う。ウップス。お腹いっぱい。

しばらく走ると小さな町が。プエルトオルダス~サンタエレナの間にはこうした小さな町がいくつもある。時間があれば立ち寄りたい所だが、なんとこの区間の移動距離は約600km。時間をくってはいられないのだ。600kmといったら東京から姫路、いやそれ以上になるだろうか。

日本とは違い南米の夜は危険危険。強盗などに遭わないために必ず明るいうちに目的地に到着する。これ南米の常識。お尻が痛くなろうとも、頑張って行くしかない。

と言うわけで、自分で行っておいてなんだけど陸路移動は決してお勧めしません。あまりに遠すぎる 笑。

 

途中、川を渡る。このつり橋は今通っている道の前に昔使われていたと言っていたが・・・どう見ても車が通れるようには見えないわぁ。水が抹茶色なのは、この地域の土が溶け出やすいからなのかな?南米っぽーい。笑

 

真っ赤な土の街、かと思ったら今度は少々山道。急に緑豊かな景色になってきのこ岩の奇岩が出現。

 

そして立ち寄ったドライブイン(ドライブインって懐かしい感じだけど、ここは決してサービスエリアでもなく、パーキングでもないかな、と。道の駅とでも言いましょうか。)でトイレ休憩。

ここでガソリンを少し入れたけどすごい車の列。原油がたくさん産出されるベネズエラだけど、どこもガソリンスタンドの列がすごい。

ここでは軽い食事もできる。裏手にはさっき見た茶色く濁った川と全く違い、コーヒー色のそれでいて山から流れ出てくる透明な川が。なんでこんなにも色が違う!?

 

長い休憩の時間はない!さて再出発~。ここで時間は14:30。あとはひたすらまたまっすぐな、そしてボコボコ道を走ること1時間半、16:30にトレッキングツアーの拠点となる町、サンタエレナにようやく到着~。あ~疲れたわ~い。

宿泊は街の中心からちょっと山を登ったYAKOO LODGE。コテージタイプの宿泊棟が並び、小さいながらもプールもあります。

 

 

夜はこのプールで若者たちが音楽をかけながら誕生日パーティーをしていました!

施設はお世辞にも整っているとは言えないけれど、でも宿泊するには十分。快適でした。あ、エアコンはありませんので昼間はあち~です。でも夕方になると爽やかな風と共にコロコロと虫の鳴き声が聞こえ自然に囲まれているなぁと実感できました。

 

さて、翌日からのトレッキングに備えて必要なものと置いていくものに分類。

私もやっぱり日本人、荷物を減らさなくてはと思いつつ、寒かったら・・暑かったら・・とついつい快適を求めてしまい大荷物に。これが後に大きな後悔につながるのでした。。。

先に行っておきます。荷物はできるだけ減らしましょう!!! 笑

明日はいよいよロライマトレッキングに出発~。 おやすみなさーい。 続く。

   

 

201707/13
ラティーノ 25周年です!!

2017年7月7日をもちまして、我々ラティーノもめでたく25周年を迎える事が出来ました!!  すべては日頃からラティーノをご利用頂いているお客様あっての事、大変感謝しております。 今後30周年、35周年・・・とお祝い出来る事を心から願っております。 

 

私がラティーノに入社したのが2000年度なので、どうやらラティーノ在職17年目に突入したようです。 今でこそTVの旅番組やCMなどでウユニ塩湖やマチュピチュ遺跡が頻繁に取り上げられ、中南米も身近に感じられる様になってきましたが、当時はまったく未知の土地、旅行というよりは秘境への冒険!!みたいな感じだった気がします。  まさかブラジルでオリンピックが開催されるなんて想像もしていなかったし、2014年のサッカーワールドカップや、昨年のオリンピックなど、世界的なイベントにラティーノが関わる事が出来たのはとても幸運な事だと、今となっては思います。 イベント中はそんな事を思う余裕はまったく無かったですが・・・。 

 

それにしても17年か~~、こうして言葉にしてみると改めて時の流れを感じます。。。 入社2年目、年末の飲み会でダウンした私を横でからかっていた先輩、

 

今では後光が射しています!!

 

斎藤

201707/11
Huaraz

こんにちは

入社して早くも4か月目に入りました、パトリシアです!

長いようで、とっても早かった!!

 

ペルー、リマに滞在していた時にルームメイトたちと一緒に

旅行をしたワラスについてちょっぴりご紹介します。

リマからバスに7~8時間ゆられついたHUARAZ。

標高が約3090mということもあり、着いた瞬間、酸素ない!!

ついた日はゆっくりと過ごし、寝たおかげで

次の日からは標高に慣れていました。

 

ワラス1日目はユンガイと

ユネスコ世界自然遺産にも登録されている

ワスカラン国立公園に向かいました!!

 

☟ユンガイ 慰霊公園のキリスト像

頂上に着くまで汗だーだーにしながら歩いて着いたキリスト像

まるでブラジルのキリスト像みたいですよね。

 

☟ヤンガヌコ渓谷

ワスカラン国立公園の園内にある湖。

太陽に照らされて表面がキラキラと青い湖が輝いていました。

ここではボートに乗って青い湖を満喫したり、

お散歩したりとゆっくり時間が流れてたような気がします。

 

その湖の後ろにいた可愛いアルパカちゃん。

観光客のアイドルとなって、写真をたくさん撮られていました。

私もこの写真を撮った後、ツーショットを撮ろうかなと思い

近づいてみたのですが、唾をペッ!!!!!と吐かれ、臭い思いでしか・・(笑)

それで可愛いアルパカちゃんでした。

 

パトリシア

 

 

201706/28
アルゼンチン映画
こんにちは!ばたばたと時が過ぎ2017年も半分終わってしまうという事に
驚きです。1日は長いのに1週間はあっという間、給料日までながーいのに
3か月はあっという間!
 
 
 
インドアな私は週末は予定がないとお風呂で小説を読み続けるかdvdを借りて映画
を見続けたり。。。スペイン語もどんどん忘れるので南米映画を借りては見ており
ます。
 
 
先日両親がお勧めしてくれた 「Last tango」 そうして、アルゼンチンではアナ雪を
超えたといわれる「人生スイッチ!」をアルゼンチンワインをかぷかぷ飲みながら楽し
みました。
 
 
 
Last tangoは、アルゼンチンタンゴの伝説的ペア、マリア・ニエベスとフアン・カル
ロス・コペスを描いたドキュメンタリー。
(映画コーナーで探し続けても見つからないのはドキュメンタリーだからでした。。。)
 
 
 
14歳と17歳で出逢った2人は、時には激しく愛し合い、時には憎しみながらも長い間
ダンスパートナーとしてアルゼンチンタンゴを盛り上げました。
現在80代になったふたりが若きダンサーや振付師を聞き手に、当時の心情や本当の
関係を明かしていくという内容です。
 
 
 
マリアニエベスが、ブエノスアイレス市内を歩くシーンなど懐かしく見ていたのですが途中、
彼女が怒りだしてしまうシーンもあって、字幕には出ない汚い言葉を使うのですがそれもまた
ポルテーニャ(ブエノスアイレス出身の人々)らしいなと、にやにやしてしまいました。
 
 
 
人生スイッチは期待しすぎたからか?アナ雪と比較されていたからか、面白かったのですが想像
と異なりました。人生一つの過ちで大きく変わってしまうという6つのストーリーからなる
ブラックコメディ映画です。苦手な人は苦手なシーンもあるかもしれませんがすっと引き込まれて
ドキドキしてしまう内容でした。
 
映画レビューでは、理不尽すぎる内容が多い、なんてありますがカッとなりやすい情熱的な
ポルテーニョならあり得るな―――、爆発まではさせないけど、、、とネタバレになってし
まいますが。2作ともとってもアルゼンチンらしい面白い作品です。
 
 
 
両作品を見て頂くと分かるのですがアルゼンチン人はタメ語を好みます。Ustedは、目上に
使うあなたという意味ですがこのustedを使うと年寄り扱いしないで!とかなり人に言われますよ。
目上でもVos(君)を使って話してます。学生時代、さすがに先生にはustedだろ、と思っていたら
笑いながらそんなおばあちゃんじゃないわ、やめてーと。
 
距離を縮めて話をするのが大好きなアルゼンチンは、ほんとーーーによく話します!
マテ茶を飲みながらべらべらと。会話上手な人種です!是非風景やスペイン語にも注目して映画を
見て頂けたらと思います。

ラスト・タンゴ:http://eiga.com/movie/83984/

人生スイッチ:http://jinseiswitch.gaga.ne.jp/

 

筒井 

 

 

201706/27
ウシュアイアから手紙が届くまで

せっかく地球の反対側まで来たんだから!ということで、世界最南端の都市ウシュアイアから手紙を出してみました。

お土産屋さんで購入したポストカード(1枚:15ペソ=約100円)を持って、郵便局に行ったのですがなぜか閉まっている。。。営業時間内のはずなのに残念。ちなみに下の写真が郵便局の外観です。(壁の絵がちょっと怖かったです)

でもどうしてもウシュアイアから手紙を出したいと思っていたので、ホテルのフロントの人に頼んでみました。するとラッキーなことにフロントで切手を売っているとのこと!早速切手を購入し(45ペソ=約300円)自分でポストカードに貼り付けフロントの人に託しました。

外国から手紙を出す時は、「どれくらいで届くのかな~?そもそも、ちゃんと届くのか?!」というドキドキ感がありますね。

ガイドブック等にはアルゼンチンからの郵便は10日程度で届くと書いてあったのですが、帰国から数週間が経過したものの届く気配が無い。。。もしかして飛行機じゃなくて船に乗せられたのか?!と思ったりしていたのですが、待てど暮らせど全然届きませんでした。1ヶ月経っても届かなかったので、もうどこかへ行ってしまったのかなと諦めモードに入っていました。

が、忘れた頃に届きましたーーーー!!!ホテルのフロントに預けてから3か月後です。いったい地球何周してきたんだよ~。と言いたくなりますね。集荷のタイミングとかがあるのでしょうか。日にちが経っているから葉書もボロボロになってるかと思いきや、とても綺麗な状態で届きました(笑)

後々わかったのですが、利用したのはDHL便というもので郵便局とはまた別のシステムのようです。何となくDHLの存在は知っていたのですが、どのようなものか全く知りませんでした。お恥ずかしい!!ということで調べてみるとDHLは宅配会社なんですね。なので日本でいうとメール便みたいなものでしょうか。郵便より宅配の方が早く着きそうなイメージですがそうじゃないんですね。。。色々と勉強になりました。

なにはともあれ無事に届いて良かったです☆ウシュアイアに限らず、外国に行った際には旅の記念としてポストカードを送ってみるのもいいですね!

山中

201706/23
太陽の祭りインティライミって?
日本では梅雨の季節で過ごしにくい気候ですがいかがおすごしでしょうか?
こんな時期、ペルーでは紀行が逆になるので秋の収穫時期にあたります。

毎年6月24日にはマチュピチュの玄関口クスコにて“太陽の祭り インティ・ライミ”が行われる日なんです。
ブラジルで開催されるリオのカーニバルと並び、南米3大祭りの一つとして数えられ、ペルーを代表する一大イベントなのです。
日本ではいまでは歌手のナオト・インティライミさんのほうが知名度がありますが、 その由来にもなっている?のがこのインティライミ太陽のお祭
せっかくなのでどんなお祭りなのか画像や映像でご紹介させていただきます!
【動画】
インティライミとは?
毎年1度冬至の日、インカ帝国の都だったクスコで開催されるこのお祭りは、最高神である太陽(インティ)と、大地の神パチャママに過去1年の収穫への感謝と、新たな1年への豊作を願う儀式として行われる様になりました。
その昔、インカ帝国の皇帝は神の子として崇められ、普段はその姿を見る事すら許されなかったそうです。
ただ、年に一度、インティ・ライミの日だけは皇帝が神輿にのって現れ、全ての民と共に太陽の神と大地の神に祈りを捧げたと言います。
数百年たった今も、ペルーの人々は太陽と大地への感謝の祈りを忘れていません。
 
現在の祭りの流れは....

クスコ市内太陽の神殿(コリカンチャ、現在のサントドミンゴ教会)にて朝9時頃よりはじまり、行列をなしてその後アルマス広場へ移り、そしてクスコ近郊のサクサイワマン要塞へと向かいます。儀式の中心にはインカ皇帝が君臨しており、その周りには太陽の処女たちが仕え、当時さながらの様子で儀式は進んでいきます。

ハイライトはリャマの心臓を太陽神に捧げる儀式でインカ皇帝が翌年の豊作を願い神に捧げるというものです。観光客は朝のコリカンチャでの儀式から始まり、場所を移しながらアルマス広場、サクサイワンと移り、ここで仮設の観客席にてお弁当片手に見学する事になります。ハイライトの終了はおよそ夕方4時前後となります。
この日1日、ここはインカ帝国となり、皆インカの民である事を誇りに思い、そして太陽に深い畏敬の念を感じるのです。

 



その他にも前日の23日にもプレイベントとしておススメしたいのが連日クスコの様々な年代の学生たちが、思い思いの衣装に身を包みクスコの街を盛り上げます♪是非前乗りして、こういったプレイベントからご覧いただく事をお勧めします!



この時期は町全体町全体がお祭りモード一色となり世界中から観光客が押し寄せます。
この時期にご旅行予定の方は是非お祭りにあわせてご訪問してみてはいかがでしょうか?
 

ラティーノ
清水

 

 

 

201706/16
AMIGOS !! 在日ペルー人

みんなさんご存じですか?2014年まで在日ペルー人の数は5位でした:

1位中国、2位韓国、3位ブラジル、4位フィリピン、5位ペルーでしたが、いつの間にか、ランキングは:

1位中国、2位韓国、3位にフィリピンです! ブラジルは4位、5位ベトナム、

6位ネパル、7位米国、8位台湾、9位ペルー、10位タイ !!そう!!

ペルーは人数に大きな変動なく47,721人で9位です。実習生の新たな法案

ができたことでベトナム人とネパル人が大きく増え、逆転されました! JEJEJE!!

 

因みに在日ペルー人の99%は日本在留資格は定住であり、また永住でありますの

で今後あんまり減ることが無いとされます。なお、2016年に観光で日本入国

したペルー人は432人です。

 

ペルー人は全47都道府県に住んでます、もっとも多いのは愛知県7.405人と

神奈川県6,549人です。そのあとは静岡県、群馬県、埼玉県、栃木県、三重県は

3,000人~4,000人です。もっとも少ないのはペルー人1人の鳥取県、佐賀県です。

神奈川県だけで見ましょう、大和市732人、厚木市676人、愛川663人、

藤沢市561人、川崎市490人、鶴見区405人です。

 

その中で気になったのは愛川町高津地区です、ペルー人663人の9割はここに

住んでます。そして愛川町は神奈川県全体で失業率は1位であり、その中でペルー人の数は

不明ですが心配になり、さらに調べました:愛川町の生活保護受給率は13.4%と高い。。。。

母子家庭は76世帯=子供116人。全体の数字ですのでそので

ペルー人は何人なんだろうね?。。。

続く、、、、

201705/31
La Antigua

今回はメキシコ、グアナファトのレストラン・バー「La Antigua」について紹介致します。
グアナファト滞在中に一番よく行ったレストランであり、定休日の月曜日以外、ほぼ毎日通ってました。

毎日手作りのピザが名物のこのバーには多くの地元の若者が集まります。
様々な味のメスカルは20ペソ(140円ほど!)で、これを片手に色々なこと仲間と語らい合いました。
もちろんビールやテキーラの種類も多く、とにかく気軽に飲みたい時にお勧めのバーです。
仲の良い知り合いが二人働いていたので、毎日遅くまで入り浸り、最後にサルサバーをひやかすのが定番の毎日でした。
 
 
 
また店ではよく演奏をし、そのチップでメスカルを飲み、酔った勢いで演奏をし、そのチップでメスカルを飲み、、、
という抜け出せない楽しいループにはまることもありました。
 
 
ガイドブックには載っていない地元の若者に愛されているバーです。
Santo Cafeの橋を超えた先にあります。最近日本人の方が営業を始めたユースホステルから目と鼻の先ですので、日本人のお客さんも多いかもしれません。

ピザとメスカル、ここからグアナファトの夜は始まるのです。
 
大和田
201705/24
パタゴニア研修【ティエラ・デル・フエゴ国立公園編】

3月初旬にパタゴニア方面へ研修に行ってきました!!南極に最も近い世界最南端の都市「ウシュアイア」からスタートし、氷河観光の拠点でもある「エル・カラファテ」、世界三大瀑布のひとつの「イグアスの滝」、南米のパリとも呼ばれる「ブエノスアイレス」を訪問しました。

まず訪れたのは世界最南端の都市ウシュアイア!アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからは飛行機で約3時間半。到着時ウシュアイアはあいにくのお天気でした。明日は晴れていいお天気になりますようにと祈りながら就寝。

あ、、、雨降ってる。本日の午前中はティエラ・デル・フエゴ国立公園のツアーに参加しました。ツアーガイドがホテルロビーまでお迎えにきてくれます。ロビーにて参加者の名字を呼んでくれるのですが、ここでひとつ!名前に「Y」が入る方は要注意です!!なぜかというと、アルゼンチン人は「YA・YU・YO」を「や・ゆ・よ」と発音せず「しゃ・しゅ・しょ」と発音するのです。私は「山中(YAMANAKA)」なので、ずっと「シャマナカ」と呼ばれていました(笑) 慣れるまでは「いや、山中やし!」と思っていた私も、最後の方は自ら「シャマナカ」と名乗るようになりました。

さて、まずはバスに乗り「世界の果て駅」へ向け出発!バスに揺られること20分で到着です。雨が降っていたこともあり予想以上に寒くブルブル震えました。(荷物になるからとホテルにストールを置いてきたことを後悔。)

  

チケット窓口にてバウチャーをチケットに交換します。ここで身分証明書の提示を求められました。いつでも対応出来るように、パスポートのコピーは常に持ち歩くようにしましょう!

    

チケットに交換し駅構内に入ると、既にたくさんの人が列を作っていました。構内にはカフェや売店もあります。

  

そしてここからは「世界の果て号」という列車に乗って出発!指定席ではないので、空いている場所を見つけて好きなところに座ります。想像してたのより小っちゃくて可愛い! わかりやすいように私(153cm)と比較してみて下さい。

  

この列車はウシュアイアの刑務所に収容されていた囚人を移動させたり、伐採した木材などを運ぶために使われていました。昔はウシュアイアの中心地まで25km線路が続いていたのですが、現在は実際に使われていた線路のうち最後の7kmのみを観光列車が走っています。

途中マカレナの滝駅(地図③)で15分の休憩タイムがあります。ほとんどの人は滝の源流を見るため展望台まで登っていましたが、列車内で休憩も可能です。展望台まではゆるやかな階段が続いていて5分程度で到着します。往復だと10分かかるので、あっという間に自由時間が終わってしまいました。15分経つと車掌さんが笛を吹いて知らせてくれます。全員戻ってくるまで待ってくれるので焦らず戻りましょう!

  

列車が再出発し、さらに進んで行くとティエラ・デル・フエゴ国立公園内に入っていきます。この辺りから囚人達によって乱雑に伐採された木の切り株が一面に広がっているのが見えます。ウシュアイアの街に薪を運ぶために伐採していたようです。

写真だと霧で全然見えませんが、、、うーっすらとポコポコしているのが切り株です。奥の方までいっぱいです。

マカレナの滝駅を出発してから約30分で終点の国立公園駅に到着。ここから再びバスに乗って国立公園内を周ります。まずビジターセンターに向かい、30分ほど自由行動の時間があります。建物の中にはカフェやお土産屋さんがあります。他にもパタゴニアのヤマナ族や氷河の展示物もありました。

 

 

続いて訪れたのはビーバーダム!この公園内にはビーバーがたくさん生息しています。(夜行性なのでビーバーの姿は見られませんでした。)ビーバー達は元々ここにいたのではなくて、毛皮を採取するためにカナダから連れてこられ、その後繁殖し続け数がどんどん増えてしまったようです。そして、今では森林破壊が問題になっているそうです。

 

そしてツアー最後の目的地は公園の南端にあるラパタイア湾。アラスカから続くパンアメリカンハイウェイ・アルゼンチンの国道3号の最終地点(最南点)です。ここに来てやっと自分が世界最南端にいるという実感が湧きました。つい2日前までは日本にいたのに不思議な感じです。バイクや自転車で縦断してきた人達はもっと感動するんだろうなー!と思いました。

 

ツアーを終えウシュアイアの街へ戻り、午後からはビーグル水道クルーズに参加します。

山中

201705/17
JAPAN HOUSE

ジャパンハウス(JAPAN HOUSE)ってご存知ですか?

日本国外務省が「世界を豊かにする日本」として表現・発信する海外事業拠点をいい

ロサンゼルス、ロンドン、サンパウロに設置します。

なんと全世界で3都市の中にブラジル・サンパウロが選出され、ナントナント

5月6日(土)に一番に開館しました。

これからオールジャパンを発信する拠点としていく中で我々もどんどん利用していきたいと思います。

オープニングには麻生外務大臣も出席、坂本龍一氏の披露コンサートもあったようです。

あまり日本では知られてはいませんが、オープニングイベントでは30日間にわたり有名スポットに

自転車集団30名が突如現れ花を配るというイベントも行われ、サンパウロ市民から喜んでもらえた

ようです。

一般公開は既に始まっており、たくさんの方々が来場しているようです。

詳しく下記オフィシャルサイトをご覧ください。

http://www.japanhouse.jp/

ブラジル人の一番の驚きは・・・

日本のトイレ(ウォシュレット)だったようです。まぁ、それはそうでしょう。

私なんかウォシュレットのない生活なんてもう考えられないですからね(笑)

 

中南米・ペルーの旅行についてお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせはこちら [フリーダイヤル] 0120-029-777 【受付時間】9時30分~17時30分 【定休日】土日・祝日メールでのお問い合わせはこちら
PCモバイル