HOME>ラティーノブログ

ラティーノブログ

ラティーノブログです。スタッフが思い思いに書いていきますのでどうぞよろしくお願いします!
201705/24
パタゴニア研修【ティエラ・デル・フエゴ国立公園編】

3月初旬にパタゴニア方面へ研修に行ってきました!!南極に最も近い世界最南端の都市「ウシュアイア」からスタートし、氷河観光の拠点でもある「エル・カラファテ」、世界三大瀑布のひとつの「イグアスの滝」、南米のパリとも呼ばれる「ブエノスアイレス」を訪問しました。

まず訪れたのは世界最南端の都市ウシュアイア!アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからは飛行機で約3時間半。到着時ウシュアイアはあいにくのお天気でした。明日は晴れていいお天気になりますようにと祈りながら就寝。

あ、、、雨降ってる。本日の午前中はティエラ・デル・フエゴ国立公園のツアーに参加しました。ツアーガイドがホテルロビーまでお迎えにきてくれます。ロビーにて参加者の名字を呼んでくれるのですが、ここでひとつ!名前に「Y」が入る方は要注意です!!なぜかというと、アルゼンチン人は「YA・YU・YO」を「や・ゆ・よ」と発音せず「しゃ・しゅ・しょ」と発音するのです。私は「山中(YAMANAKA)」なので、ずっと「シャマナカ」と呼ばれていました(笑) 慣れるまでは「いや、山中やし!」と思っていた私も、最後の方は自ら「シャマナカ」と名乗るようになりました。

さて、まずはバスに乗り「世界の果て駅」へ向け出発!バスに揺られること20分で到着です。雨が降っていたこともあり予想以上に寒くブルブル震えました。(荷物になるからとホテルにストールを置いてきたことを後悔。)

  

チケット窓口にてバウチャーをチケットに交換します。ここで身分証明書の提示を求められました。いつでも対応出来るように、パスポートのコピーは常に持ち歩くようにしましょう!

    

チケットに交換し駅構内に入ると、既にたくさんの人が列を作っていました。構内にはカフェや売店もあります。

  

そしてここからは「世界の果て号」という列車に乗って出発!指定席ではないので、空いている場所を見つけて好きなところに座ります。想像してたのより小っちゃくて可愛い! わかりやすいように私(153cm)と比較してみて下さい。

  

この列車はウシュアイアの刑務所に収容されていた囚人を移動させたり、伐採した木材などを運ぶために使われていました。昔はウシュアイアの中心地まで25km線路が続いていたのですが、現在は実際に使われていた線路のうち最後の7kmのみを観光列車が走っています。

途中マカレナの滝駅(地図③)で15分の休憩タイムがあります。ほとんどの人は滝の源流を見るため展望台まで登っていましたが、列車内で休憩も可能です。展望台まではゆるやかな階段が続いていて5分程度で到着します。往復だと10分かかるので、あっという間に自由時間が終わってしまいました。15分経つと車掌さんが笛を吹いて知らせてくれます。全員戻ってくるまで待ってくれるので焦らず戻りましょう!

  

列車が再出発し、さらに進んで行くとティエラ・デル・フエゴ国立公園内に入っていきます。この辺りから囚人達によって乱雑に伐採された木の切り株が一面に広がっているのが見えます。ウシュアイアの街に薪を運ぶために伐採していたようです。

写真だと霧で全然見えませんが、、、うーっすらとポコポコしているのが切り株です。奥の方までいっぱいです。

マカレナの滝駅を出発してから約30分で終点の国立公園駅に到着。ここから再びバスに乗って国立公園内を周ります。まずビジターセンターに向かい、30分ほど自由行動の時間があります。建物の中にはカフェやお土産屋さんがあります。他にもパタゴニアのヤマナ族や氷河の展示物もありました。

 

 

続いて訪れたのはビーバーダム!この公園内にはビーバーがたくさん生息しています。(夜行性なのでビーバーの姿は見られませんでした。)ビーバー達は元々ここにいたのではなくて、毛皮を採取するためにカナダから連れてこられ、その後繁殖し続け数がどんどん増えてしまったようです。そして、今では森林破壊が問題になっているそうです。

 

そしてツアー最後の目的地は公園の南端にあるラパタイア湾。アラスカから続くパンアメリカンハイウェイ・アルゼンチンの国道3号の最終地点(最南点)です。ここに来てやっと自分が世界最南端にいるという実感が湧きました。つい2日前までは日本にいたのに不思議な感じです。バイクや自転車で縦断してきた人達はもっと感動するんだろうなー!と思いました。

 

ツアーを終えウシュアイアの街へ戻り、午後からはビーグル水道クルーズに参加します。

山中

201705/17
JAPAN HOUSE

ジャパンハウス(JAPAN HOUSE)ってご存知ですか?

日本国外務省が「世界を豊かにする日本」として表現・発信する海外事業拠点をいい

ロサンゼルス、ロンドン、サンパウロに設置します。

なんと全世界で3都市の中にブラジル・サンパウロが選出され、ナントナント

5月6日(土)に一番に開館しました。

これからオールジャパンを発信する拠点としていく中で我々もどんどん利用していきたいと思います。

オープニングには麻生外務大臣も出席、坂本龍一氏の披露コンサートもあったようです。

あまり日本では知られてはいませんが、オープニングイベントでは30日間にわたり有名スポットに

自転車集団30名が突如現れ花を配るというイベントも行われ、サンパウロ市民から喜んでもらえた

ようです。

一般公開は既に始まっており、たくさんの方々が来場しているようです。

詳しく下記オフィシャルサイトをご覧ください。

http://www.japanhouse.jp/

ブラジル人の一番の驚きは・・・

日本のトイレ(ウォシュレット)だったようです。まぁ、それはそうでしょう。

私なんかウォシュレットのない生活なんてもう考えられないですからね(笑)

 

201705/10
①ボリビアへ「米国入国審査と乗り継ぎ」


先日、添乗でボリビアに行った際の米国での入国審査と乗り継ぎをご紹介!!

ボリビアへは、乗り継ぎが2回あるので、長旅となります。南米へは米国経由の便を利用することも多いので、ぜひ参考にしてください。


アメリカン航空 176便にて、成田を11:30に出発して約12時間でやっとアメリカダラス到着!!
太平洋はやっぱりひろいですね。本を読んだり、映画を見たり、寝たり、トイレに行ったり、歩きまわったり、機内食を3回も食べながら今が一体いつなのかと思いながら、太平洋の上を飛んでいるフライトMAPをみているとやっとアメリカへ到着しました。


 


成田からの出発が少し遅れていたので、予定よりも乗り継ぎ時間が短くなり2時間となってしまいました。
現地自国で朝の8:30(※日本時間では24時から1時くらいにあたります。日本の出発は午前便だったのでみんなぐったりしていました。。)        

米国入国時にはまず、
        
【入国審査】    
        
APC(キオスク端末)長い列が有りましたが機械の数も多いので割とスムーズに流れていきます。
ESTA申請をしている人はAPCキオスク端末を利用してタッチパネルの機械で入力していきます。
(はじめの画面で日本語も選べるので安心してください。)

【APC(キオスク端末)】

APC のキオスクの前には係員が「えすた~!えすた~!」と、大きな声で係員が叫んでくれていました。カメラをどこどこ?と探してるうちに、顔写真をカシャととられ、指紋もとります。
      

 

 
APC(キオスク端末)の流れ
  ① 言語 (日本語) を選ぶ
  ② パスポートをスキャンする(顔写真のあるページを下向きにして読み取ります。)
  ③ 写真と指紋を撮る 
  ④質問に回答 (航空便情報や生年月日などの質問)
最後に入国カードの代わりとなるレシートのような白い紙が機械からするーーっと出てきます。
 ⑤この紙を係員に見せる

今回は皆、機械から出てくるレシートに大きく×印が入っていました。 そのレシートをチェックする係の人がAPC端末の出口のところで待っており、審査官に並ぶのかそのまま通っていいのかチェックして振り分けています。
そのまま通ってよい場合は入国許可 (らくちんでかなりのスピードアップです。)

残念ながら、今回は、再度審査官に並びなおす方に振り分けられました。また長い列。。

APC端末のみであれば、時間はかなり短くなりますが、どのように振り分けられているのかは不明です。今回は皆一度、キオスク端末を通過後、CBP(審査官)の列へ再度並ぶことになりました。はーーー長くてつかれますね。。                    

遅延もあり、約2時間の乗り継ぎ時間でしたが、審査官での入国審査は時間がかかるため余裕のある乗継便がお勧めです。


【荷物引き取り、税関申告、預け直し】
やっとみんなで審査官の入国審査を終え、荷物を受け取りへ、時間がかかったからか、荷物はすでにレーンの横に置かれていましたD7(バッグ受け取りレーン)
目的地によっては荷物の受け取りがなく、そのままスルーで最終目的地まで荷物が届く場合もあります。

 荷物をとった後に通過する、税関申告のところも長い列になっていました        

その後、荷物を預けなおすところの係員が2名の荷物を、時間がすでに遅いから!!とアメリカンカウンターでフライトを変えるよう    
話してきたそうで、確認しに行くと、係員がボーディングタイムと出発時間を間違えていました。。        
(まだぎりぎり間に合うのに、もう出発したと思って、カウンターを案内されてしまうような場合もあるのでご注意ください!!)        

【手荷物検査】    
いよいよ、手荷物検査です。米国はセキュリティが厳しいので注意!!透明な大きなカプセルの中で両手を上げて、万歳をします。
X線の荷物検査では身に着けているアクセサリー・金属類を外す/ジャケット・靴ぬいで、ベルトを外し、ポケットにある小銭なども事前に取り出さないといけません。
ふわっとした服や謎のふくらみなどは何が入ってるんだ!と細かく注意されたりします。予め全部とれるものはとっておくのがよいですよ。



これでやっと乗り継ぎができます!!どっとつかれましたね。フライトスケジュールの掲示板をみて次の行き先を確かめます!!
(アナウンスで搭乗ゲート変更が伝えられたりすることもあるので、必ず時間に余裕があっても一度、ゲートまで行って確認する)                
スカイリンクを利用し搭乗口へ    ぎりぎり乗り込むことができました!!

                                                                                                
各ターミナルに2つ乗り口があるので、近い出口へ

ダラス空港のサイトの地図です。www.dfwairport.com/connect/index.php

説明は乗り継ぎの流れ日本航空のサイトがわかりやすいですよ!! http://www.jal.co.jp/inter/airport/dfw/info/

AM


 

201705/ 3
マヌー国立公園 Wild life center 3日目、そして最終日。

昨夜の嵐はすごかった・・・(゜o゜;)  未明から降り続いたスコールのような大雨と台風並みの強風は小さなコテージを軋ませ、まるで3匹の子豚の木の家に住んでいる豚の気分でした。。。雨が吹き込んで来たらどうしよう・・・屋根が飛びそう・・明日のエクスカージョンは大丈夫かしら!?

まだ暗いうちに起床、あまり眠れなかった。。。朝になってもやはりぽつりぽつりと雨が残り、霧が出ていましたがだいぶおさまっていたのでオックスボー

レイクに出発。

 

OXBOW LAKEでは静か~び浮かぶボートで。辺りは鳥の声とわずかな水の音のみ。湖面に靄がかかって神秘的。湖畔の木々にはたくさんの鳥が。

    

いい感じに雨も止んでフィッシング開始!餌には牛肉。

 

わ~さすがアマゾン、釣れる魚が違う・・ピラニア~笑

 

それからナマズ~!でかっ!それにしてもみんな上手いな!私全然釣れない!笑 すべては糸の動きと引き上げるタイミングだ!だって。そんなこといわれても。

 

釣りの後はのんびり湖の遊覧を・・・ あ!! 何か茶色いものが・・ピョコッ 気のせいか?

ピョコッ 気のせいじゃない!好奇心の強いオオカワウソくんが来てくれた (*´▽`*) モグラたたきみたいに潜っては顔を出してカワイイ♪できればもっと近くで見たいけど近づいてきてくれないなぁ。

 

ん??今度は何か水面でばちゃばちゃ・・ あ!小鳥が溺れてる!慌ててみんなでボートを近づけて救出。小さなハチドリでした。やっぱりネイチャーガイドさんですね。同行していたガイドさん2人で大事に大事にタオルに包んで懐に入れてロッジまで連れて帰りました。ロッジでは体力を消耗していたハチドリに砂糖水を飲ませてあげました。

それからみんなでランチ。ロッジの食事は毎回とても美味しいです。ジャングルでの食事じゃないみたい。

  

ランチ後、15:00までは休憩です。気温が高く湿気があるので、通常より疲れると思います。体力回復のために昼休憩中は一寝入りすることをお勧めします。なぜなら・・・私は庭のお花にやってきたハチドリが撮りたくて休む時間がもったいない!と追い掛け回していたらクタクタ、ヘロヘロになってしまったので。笑

でもおかげさまでいい写真が撮れました~♡

 

ハチドリはこの1種類だけではなく、他にも2種類くらい色も大きさも違う子たちが来ていましたが、メッチャ動きが早くて全く追いつけなかった 泣。でも後姿だけはなんとか。。。イエスッ!

 

午後15時からはワイルド・ライフ・センター敷地内にあるクレイ・リックへ。コンゴウインコの観察、調査、保護、繁殖を目的に作られています。もちろんここに集まるコンゴウインコも野生です。前日に行ったクレイリックよりも近くで観察できます。

 

ここでもまた縄張り?が決まっていて、青い子が入ってきたら怒られてます。笑

   

ここで行われている保護活動についてレクチャーを。いつまでもこの豊かな自然、動植物たちが守られることを強く強く願いつつ。

翌日マヌー国立公園最終日。朝食後、プエルト・マルドナードの空港へ向けて出発。ジャングルとは思えないこの気候。さぶっ!日中の暑さ、早朝や雨が降った時の寒さ、差がありすぎてビックリ。アマゾンだからって暑いとは限りませんので、必ず上着は持参しましょう。ユニクロなどの軽くてコンパクトに収納できるライトダウンとかが便利だと思います。もちろんレインポンチョ必須、できればウィンドブレーカーも持っているとボート上の風を防げるので便利です。

ボートに乗ること2時間半ほど、小さな村?に到着。ここからは車でプエルト・マルドナードの空港へ向かいます。

 

船内で記念写真を1枚パチリ。写されたらいやな方もいるかと思いますので小さめに。。。皆さん本当にいい方々で楽しいグループでした(*´▽`*)いろんな国の方々と出会えることが混載ツアーの良いところですね!

 

 

お手洗いを済ませ、車に揺られること1時間ほどでしょうか。空港に到着。ここでツアーは終了、解散です。リマに飛ぶ人、クスコに飛ぶ人、プエルト・マルドナードの街に残る人。またそれぞれの家に、生活に戻るんだなぁとちょっと寂しくなりました。

兎にも角にも、今回も無事私のジャングル探検は終わったのでした。

おわり。

201704/26
鎌倉散歩に行ってきました。

今年は例年より寒かったという事もあり、都心部で桜が開花するのが遅かったですね。 咲き始めてからは一気に満開になった感じですが、お花見で盛り上がった方も多かったのではないでしょうか? 先日別のスタッフがラティーノのお花見の様子をブログでアップしておりましたが、私個人も今年は友人と鎌倉までお花見に行ってまいりました。 と言ってももう2週間ほど経過しますが・・・。

桜目的で訪れたのが長谷寺、それと竹林で有名な報国寺。 ただでさえ観光客で賑わう鎌倉で、さらに桜の時期となると流石の人の多さでした。 長谷寺は桜だけでなくツツジや黄梅なども綺麗に咲いており、庭園が色鮮やかで人気が出るのも当然の景観でした。 報国寺は初めての訪問でしたが、竹林を見ながらの抹茶&お茶菓子がとても良かったです。 竹林が有名ではありますが、桜の木も見事でした!!

             

 

ところで皆様は、南米でもお花見が出来る事をご存知ですか?? 日本の秋にあたる10月~11月頃、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでは、ジャカランダという紫色の綺麗な花が至る所で咲き乱れます。 スペイン風の建築物が立ち並ぶ街並みに、このジャカランダの花が添えられるのは、およそ1か月という短い期間です。 ブエノスアイレスでお花見をしながらの散歩なんて如何でしょうか?? 

 

斎藤

201704/19
初めまして。

はじめまして!

4月から入社しましたフィゲロア 愛パトリシアと申します!

日本育ちのペルーと日本のハーフです!

 

中学と大学時、合計3年間ペルーに留学しておりました。

現地にはペルー側の家族や友達がいるので留学というより、帰国感覚ですが。

食、踊り、街、人、すべてが大好きです!

 

南米人の暖かさ、国の良さをもっともっと多くの人々に伝えたい!

スペイン語を使いたい!

少しでも貧困地域の援助をしたい!

という思いで弊社に入社いたしました。

 

南米!ペルー!のことはパトリシアに!

と誰からも思われる人になれるよう日々勉強していきます!:)

 

 

【一昨年ペルーに滞在していた時の写真をちょっとだけ…】

弟とICAに行ったとき⤵ 何度行っても楽しめる!

 

HUARAZの各山に登った時⤵ 綺麗すぎてもう一度行きたい!

 

 

今後ペルー滞在時の話や、スペイン語映画情報など様々な情報をここで配信できたらなと思っております!

これからよろしくお願いします!

 

 

 

愛パトリシア

 

 

 

201704/13
花見☆
春到来です!!
桜の季節です。弊社、中南米からの訪日のお客様も対応させて
頂いておりこのシーズン、インバウンド課はてんてこまいです。
 
SAKURA、といえばもうほとんど海外のかたに通用する時代です。
桜の名所は観光客でにぎわいますね。
 
 
中南米でもピクニックはしますがわざわざ桜の木の下で夜に、
お花見というのは驚きの光景のようです。
公共の場(公園や道路)でお酒が飲める日本ならではです。
 
 
我々ラティーノスタッフも桜はもちろんお酒大好きスタッフも
多いので恒例のように花見をしております。
雨が降らないかひやひやでしたがとっても素敵なお花見会と
なりました!
 
ペルー人新入社員も新たに加わりにぎやかです。
201704/ 5
最大級のトドの生息地
中部パタゴニア視察も終盤にかかりアルゼンチン側の手の洞窟や化石の森を訪れ、
さああとはブエノスへ!というタイミングで急にガイドが
『まだ時間があるからちょっと寄り道してみないか?』と連れて行ってくれた穴場スポットをご紹介!
アルゼンチン中部パタゴニアに位置する石油採掘で栄えているコモドロリバダビアから海岸沿いに1時間程南下したところに『カレタ・オリビア』という人口7万人ほどの小さな街があります。
この町の産業は油田発掘と漁業。規模はとても小さな町なのですが
大西洋に面したサン・ホルヘ湾につくとそこは一面トドの生息地!

300~600頭ものトドが年間を通じてみることのできる生息地となっているのです。
 
体高が人の背丈ほどもありそうな大きなオスどうしが怒号をあげながら縄張り争いで激しくぶつかり合う姿やかたやのんびりと転寝をしながらのんびりと毛づくろいをする親子トドなどなど海獣すきにはたまらない世界が果てしなく続いているのです(笑)


私も海獣マニアではありませんが、、動物園でも国立公園でも保護区画でもない自然の海辺に生息するトドですよ!
むかし『TVわくわく動物ラ◎ド』(古すぎ?)で見ていた大自然に生きる動物の世界が、いま自分の目の前にあるのか~とおもうとちょっと感動モノです。

 
ガイドさんの気まぐれでちょっと寄り道した割には、だいぶ得をした気分になった清水でした。
中部パタゴニアを巡ろうとしている方には是非おススメしたい立ち寄りポイントです
 
■アクセス■
国際線でアルゼンチンの首都ブエノスアイレスへ、
そこから国内線でコモドロリバダビア空港へ(所要2時間前後)
ここから南下しカレタ・オリビアへ(片道70km/約1時間)
 
ご希望ありましたらお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせはこちらまで!
 
清水
201703/30
AMIGOS ! 南米パワー in Japan♪♪♪
日本にいるペルー人の暮らし方、、、
 
「BIRTHDAY PARTY」日本に50,000人以上のペルー人が暮らしてますが、
ペルー人の日本移住から約30年が経過しており、ペルー人は日本に慣れており、
親の世代は長年日本で勤務し、言葉も日本の習慣も覚え、今では定年に近い方々も多いですが、
その子供たちは幼くして小中学生で親の仕事を理由にして一家と共に来日した子達が多い、
その子たちは今は大人です、もちろんもっと日本に馴染み、日本の教育を受け、
工場だけではなく日本語とスペイン語能力を活かして多彩な職種でがんばっており、
家庭を持ち、子育てしてます。
そうです、
 
現代では日本で生まれたペルー人が増えてます。その子たちは家庭ではおじいちゃん、
おばあちゃんとはスペイン語で会話し、学校では日本語で会話し、親とは二か国語で会話する
次世代移民となってます。
 
この子達は殆どペルーに行ったことが無いペルー人です。それにも関わらず家庭ではペルー料理を食べ、
ペルー音楽を聴き、ペルーの伝統ダンスまで踊る子たちも多いです。
なぜなら日本の居ながら三世代に渡りペルー文化が引き継がれているからです。
201703/22
ペルー オシャレ旅♫

Hola!!

最近、ペルーをオシャレ~☆に紹介している記事に良く出会います♫

数年前から世界中で話題沸騰中の”ペルー料理”の記事や、

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170317-23950319-crea

CREA Travellerでも”ペルー特集”されていました!

http://crea.bunshun.jp/articles/-/11984

 

普段から毎日ペルーの情報に触れているわたくしですが、

雑誌や記事での紹介され方で、感じたり、受け取ったりする印象も

ずいぶん違うなぁ~。と思いつつ・・

しばらく訪問していないペルーに久しぶりに行きたくなったのでありました!

 

モデルのローラさんもペルー旅行の写真をInstagramで紹介してます!

https://travel.mdpr.jp/travel/detail/1653746

https://abematimes.com/posts/1854101

 

KANDA☆

 

中南米・ペルーの旅行についてお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせはこちら [フリーダイヤル] 0120-029-777 【受付時間】9時30分~17時30分 【定休日】土日・祝日メールでのお問い合わせはこちら
PCモバイル