中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

ENGLISH中文

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

ラティーノのつぶやきブログ

ウユニ塩湖からアンデスの高地を越えてみた。

2013.07.07
 

ちょっとウユニ塩湖に行ってみた。 これは2009年にボリビア・チリに行った時の話です。

 

何も考えずにラパスに降り立ち・・・頭痛っ!

出発前に「食べる酸素」買ってきたからよし!今だ!と思って食べてみたが・・全然効かない(笑) よく読んだら、何時間も前に食べておかないといけないものでした(泣)

皆さん、注意事項はちゃんと読みましょう・・そして体になるべく負担のかからないよう、余裕を持った日程にしましょう!(私の辛い経験より)

私の目的はとにかくウユニ塩湖だったので、ラパスの街は通り過ぎました。

ラパス1.jpg  ラパス インディヘナの女性.jpg ラパス4.jpg

さっそく高速バスに乗ってオルーロへ。

私が行ったのは2009年、まだラパスからウユニ行きの飛行機は飛んでいませんでした。  飛んでいたら断然飛行機で直接行く方をを選んだなぁ。

といってもオルーロ経由、陸路もいろんな意味で興しろい道のりでしたが。

街では偶然お祭りが開かれていて、大賑わいでした。

 オルーロ5.jpg オルーロ6.jpg オルーロ4.jpg

オルーロ市場2.jpg オルーロ.jpg オルーロ バスターミナル.jpg 

 

バックパッカーの皆様、もし夜行高速バスでウユニ塩湖に行くならば防寒具必須!寝袋+ホッカイロ+できれば枕・・・ 寒さと振動は半端ないです!  夜21:00頃出発し、ボコボコ道を走る事8時間、早朝ウユニの街に到着します。

 IMG_0034.jpg IMG_0036.jpg

ウユニツアー会社2.jpg

ウユニの街にはいくつも旅行会社があり、ウユニ塩湖ツアーを催行しています。ツアー会社によって日帰りツアーから山を越えてチリへ抜けるツアーまで色々あります。

注意:バックパッカーの皆様、現地でツアーを申し込むことはできますが、ツアーによって車がオンボロだったり、ガイドがスペイン語のみだったりしますので、ご自身で内容をよく確認して申し込みを!後から文句を言っても聞いてもらえません!

私は一人で予算にも余裕がなかったため(泣)旅行会社で混載ツアーに参加しましたが、お友達やご家族で安心、確実にツアーに参加するなら是非事前に日本から予約を。 日本語ガイドと専用車で自分たちだけのウユニをより満喫できるでしょう!

 IMG_0019.jpg

私が参加したツアーはウユニから塩湖を横切り、山を越えてチリのアタカマへ抜ける2泊3日のツアー。4WDはアルゼンチン、イタリア、オーストラリア、イギリス、そして日本と多国籍。 そこに英語ガイドさんと世話役の女性が一人。 このメンバーが集まるまで少し出発を待たされてしまったためウユニ出発は10:00を過ぎていました。

 お見送り.jpg 白銀の世界へいざ出発!かわいいワンコがお見送りしてくれました。

IMG_0016.jpg どこまでも続く塩、塩、塩。 目を見張る広さ!白さ!空の青さ! 眩し~っ!

途中、塩の採掘場、昔塩を運ぶのにつかわれていた列車が置かれている「列車の墓」、コルチャニ村の塩の博物館へ。  

掘っても掘っても塩なんて・・ 不思議。  

 

 IMG_0020.jpg 以前塩を運んでいた列車.jpg ウユニ塩湖13.jpgIMG_0025.jpg

 

ウユニ塩湖の真ん中にあるPlaya Blanca.今は宿泊できないけれど、中の見学はできます。  壁も椅子もテーブルももちろんベッドもみーんな塩でできてます! なんか空気までしょっぱいような。(笑)

 

 塩のホテル Playa Blanca.jpg  塩のホテル Playa Blanca5.jpg  塩のホテル Playa Blanca7.jpg

 ウユニ塩湖9.jpg  ウユニ塩湖6.jpg 

  

ウユニ塩湖7.jpg

さらにさらに走って~インカ・ワシ島(イスラ・デ・ペスカ)へ。こんな感じにいろんな旅行会社の4WDが並んでます。

みんなでトリック写真を撮ったり ランチを食べたり 島に上って見渡したり大自然を満喫。 私も腕にのっけてもらいました!?

サボテンで、でか~い! これはトリック写真ではなくリアルサイズですっ!

 イスラ・デ・ペスカ4.jpg イスラ・デ・ペスカ13.jpg IMG_0009.jpg

 イスラ・デ・ペスカ7.jpg     

ウユニ塩湖18.JPG

 さてさて ランチの後はさらに南へ!今夜の宿へ向けて出発!

あれ?なんか進行方向がまずくない? 

あ!4WDがパンクした!? 早く直さないと雨が来るーっ四駆がパンクした!.jpg

 

 

あ・・・ 一気に暗くなってきた・・ ふぅ、車が無事直った・・よかった~♪

どっしゃーーーーーーーーーっ!! 危機一髪。雨季は突然の雨に気を付けましょう! 

でも私は雨期に行ったにもかかわらず鏡面状態のウユニ塩湖を体験することはできませんでした~。ちょっと残念。 もう1泊ウユニに泊まれれば見られたかな。

雨は30分もせず止み、順調に今夜の宿へ。 まさに何もない道をひたすら走ります。 

 DSCN1469.jpg DSCN1466.jpg IMG_0078.jpg

今夜の宿はウユニ塩湖を抜けた湖畔のドミトリー。 安々混載ツアーだから仕方ないか・・。 ベッドもかたいなぁ。眠れないよこんなんじゃ・・ ぐぅぉーぐぅぉー・・・zzz(爆睡。)

夕食はスパゲティでした。簡単な夕食でしたが高山病気味の私には十分でした。

 

次の日も快晴♪あまりの朝陽の眩しさにワンコも目がシバシバ。 DSCN1475.jpgDSCN1477.jpg

準備が終わったらいざ出発!近所にある唯一のお店でミネラルウォーターと頭痛を紛らわすキャンディを購入。

DSCN1479.jpg DSCN1481.jpg

標高4000m~5000m級のアンデスの山々の間を走ります。

とにかく大地の土の香りと吹き抜ける風、雄大な景色、頭の中は空っぽに。 あまりの気持ちよさに大声で叫びたくなりました・・

DSCN1487.jpg DSCN1491.jpg

途中砂漠に現れるオアシスのように湖が広がります。 ここもまた塩湖。野生のフラミンゴがいます。 

DSCN1493.jpg DSCN1494.jpg

湖畔で一休み。 トイレにもフラミンゴのマーク。 DSCN1497.jpgのサムネイル画像DSCN1496.jpg

 

 

 

 

更に走ると今度はまっ茶色の大地に景色は一転。乾燥した大地にも岩には不思議とみずみずしい黄色の花をつけた緑の苔が。

DSCN1500.jpg DSCN1499.jpg DSCN1498.jpg< DSCN1504.jpg DSCN1505.jpg

さて、私たちはここで昼食。日差しが強くて頭のてっぺんがめちゃくちゃ暑い・・・ 日焼け止め必須!(超強力なもの!)

午後は木の形をした大きな岩で写真ストップ。

 Arbol de Piedra3.jpg IMG_0104.jpg

お次は楽しみにしていた赤い湖ラグーナ・コロラダへ。 本当だ!赤い! 3種のフラミンゴが生息しています。 オペラグラスを持っていくときれいなフラミンゴを見ることができます。カメラは望遠レンズがないとなかなかきれいには撮れません。三脚があるとなお良し!

 Laguna Colorada.jpg Laguna Colorada2.jpg

 Laguna Colorada6.jpg Laguna Colorada5.jpg

赤はプランクトンの色、フラミンゴはその赤いプランクトンを食べてピンクになるとガイドさんが教えてくれました。 フラミンゴはとってもきれいで優雅で可愛らしい。 でもこのピンクが全部プランクトンかと思うと・・・ちょっと・・・いや、かなり気持ちが悪いかも(笑)

IMG_0107.jpg IMG_0113.jpg IMG_0040.jpg

今夜の宿は・・なんだか1日中直射日光に当たっていたせいか、すごく疲れて宿の写真を撮り忘れてました。 安々ツアーなので硬いベッドagain。 でも疲れていたのでシャワーを浴びて夕食を食べ、同乗のメンバーと少しカードゲームで遊んだあと、、、記憶なし。寝たことにさえ気づかず熟睡。 そう、もうここは標高4270m。富士山の頂上より高い場所なのです。体力の消耗が激しいのでゆっくり行動、腹八分食べてぬるめのシャワーを。 お酒はほどほどに。 Laguna Verde6.jpg

 いよいよボリビア/チリ国境に近づいてきました。 2泊3日ツアーの最終日、ラグーナベルデへ。 

標高4400m、真っ青な空、エメラルドグリーンの湖、なめらかな山肌。 時間を忘れてしまう美しさ。

 

3日間一緒に回ってきた記念にパチリ。ドライバーさんともパチリ。

Laguna Verde3.jpg Local driver Mr Marco.jpg

メイン観光スポットラグーナベルデを出発して山々の間の砂利道をひたすら走ります。 山肌には不思議な縞々模様が。 こんなカラフルな山見たことありません!

DSCN1541.jpg DSCN1548.jpg IMG_0110.jpg

ボリビアとチリの国境.jpgボリビアとチリの国境2.jpg

ボリビアリ国境到着。 え?ここ?

国境はここ? イミグレーションは? 

 

トイレかと思ったら国境事務所だった!(ごめんなさい・・) 出国の判子を押してもらって、ボリビアのガイドさんとドライバーさん、アシストしてくれた女性と惜しみつつさようなら。

今度はチリのアタカマ行バスに乗車。

少し走るとチリ側の国境。チリの国境は立派なゲートに立派な事務所。 バックパックの中身まで調べる結構厳しい荷物検査の後、無事チリに入りました。 (動植物の持ち込み、麻薬類の持ち込み防止のため) チリ側に入った途端に舗装された道路!超快適♪ やはり経済力の違いでしょうか。 

こうして私のボリビア大自然満喫の旅は大満足のうちに終わりました。 また行きたい!! 

 

最近投稿した記事
海外オンラインツアー投票キャンペーン2021にて10位に選ばれました!

この度「海外オンラインツアー投票キャンペーン2021」にてラティーノは10位に選ばれました! https://mottokaigai.jp/event/onli…

バーチャルツアー
2021.06.30
海外渡航者のPCR検査「陰性証明書」について

徐々に徐々にではありますが、日本から海外に渡航できるようなってきました。 現在、各国に入国するにはPCR検査の陰性証明書の提出が必須となっております。 それも、…

2021.05.27
海外オンラインツアー投票キャンペーン!5/31まで!投票お願いします!

【 #海外オンラインツアー投票キャンペーン 】 抽選で国際線航空券プレゼント!↓ https://mottokaigai.jp/event/onlinetour…

バーチャルツアー南米旅行スタッフブログ
2021.05.26
PEATIXに掲載!ペルー料理教室!

Buenos tardes!!こんにちは! ラティーノのパトリシアです♪ 今日は昨日と違ってとってもいい天気ですね! 皆さまいかがお過ごしでしょうか??さて、最…

料理LATINAS COOKING CLASSペルー料理レシピONLINE CLASE LATINOラティージョお知らせブラジル料理ブラジルペルー
2021.02.16
LATINA’S COOKING CLASS -2月3月4月設定日☆-

Ola queridos!:) いつもブログを見ていただき有難うございます。 ラティーノのジェシカです★ もう気づけば2月。….. (1月は行く・2…

2021.02.03

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について