中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

ENGLISH中文

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

ラティーノのつぶやきブログ

キューバ ハバナを歩いてみた。

2013.10.09
,,, 

エア・カナダ/バンクーバー経由でハバナ空港に降り立つ。

あれ?荷物が出てこない・・ このターンテーブルじゃないのか?英語で係員らしき人に聞いてみる。 英語、まったく通じず。 

母を連れての旅行だったためちょっと焦る・・がなんとかターンテーブルを見つけ出し無事ピックアップ。 ふぅ。 次にキューバに行く時は必要なスペイン語を準備して行こう。(笑)

さて、早速タクシーでホテルへ。

ハバナには18世紀、19世紀に建てられた富豪の邸宅を改装した素敵なホテルがたくさんあります。 宿泊はそのうちの一つ、PALACIO O FARRILL。DSC_0009.jpg

18世紀に建てられた富豪のオファリルー一家の邸宅だった建物です。天井画が高くて大理石の円柱が印象的。 

DSC_0003.jpgのサムネイル画像

DSC_0013.jpg

吹き抜けになっているパティオ(中庭)もとても感じ良し。 朝食も夕食もこのパティオで楽しめます。 電気はちょっと暗め。

さて、2日目、街を散策してみた。ホテルは旧市街(ラ・アバーナ・ビエハ地区)の真ん中。散策するにはとても便利。 でも夜は外でたむろしていた若者の声が少々うるさかった。静かな夜を望むなら新市街ベダード地区やミラマール地区の方が良いでしょう。DSC_0038.jpgDSC_0042.jpg

    

街の中心はすごい渋滞!噂通り(?)なんともレトロなクラシックカーがたくさん走っております!なんともかわいい車ですが、バルバルっバルッ と燃費の悪そうな音と黒い排気ガス・・(笑)

 

DSC_0021.jpg

ビエハ地区の散策はとにかくブラブラするだけで楽しい!重厚な歴史を感じさせる建物があちらこちらに。

←左は1704年建立のカテドラル。300年以上も経つ建物がこんなにしっかりしているなんて!

 

DSC_0024.jpg

カテドラル広場にはこれまた17世紀のコロニアルな邸宅を改装したレストラン「エル・パティオ」。もちろんお茶するだけでもOK。

オープンエアでゆっくり街の風景を見ているとなぜだろう、不思議と人々の温かい表情と歴史を経た優しい風を感じた。 ああ~なんだろう、この癒される感~。

DSC_0050.jpgDSC_0048.jpg街の中心、オビスポ通り。植民地時代からの石畳の通りにはオシャレなレストランや300年前の建物を改装したホテルなどが並びます。 

DSC_0046.jpg

ホテル アンボス・ムンドスもそのうちの一つ。「老人と海」などで有名なヘミングウェイが定宿としていたことで有名。 彼が泊まっていた511号室が博物館となっています。DSCN0542.jpg

 

 

 

 

 

 

 

街の薬局、これまた素敵。このツボ?の中に薬が入っている・・魔法にでもかかってしまいそうだ。おとぎ話に出てくる中世の薬屋のよう!

DSC_0030.jpg

が、しかし一方で地元の人がたくさんいるスーパー?商店?に行ってみた。 こちらは何とも素朴な風景。

DSCN0672.jpgのサムネイル画像

DSCN0675.jpg

 

 

 

商品を自分で手に取って見ることはできない。 商品はカウンターの中、店員さんの後ろの棚にある物とショーケースの中に並んでいます。商品・・これだけ?普段私たちの生活の中にあふれる商品の多さ、豊かさを実感すると同時に、本当に日本みたいにたくさんの商品が必要なの?と考えさせられる風景でした。

DSCN0673.jpgDSCN0674.jpg

さてさて、散策は続く・・細い路地を通ると人々の生活が垣間見える。街歩きは楽しい!

DSC_0026.jpgDSC_0033.jpgDSC_0241.jpgDSC_0255.jpg

 

海沿いを歩けばさわやかな景色が広がります! 

プンタ要塞からは新市街に続く海岸と、ハバナ旧市街地区とをつなぐ海底トンネルの対岸に、モロ要塞が見えます。DSC_0263.jpg 

DSC_0259.jpg

 

 

次は旧国会議事堂。ホワイトハウスとそっくりなひときわ目立つ白亜の大きな建物。(左下)

そして1838年に建てられたキューバ・クラシックバレェの本部、ガルシア・ロルカ劇場。国際バレエフェスティバルの会場にもなるスペイン・バロックスタイルの見事な建物。(右下)

DSCN0541.jpgのサムネイル画像ガルシア・ロルカ劇場.jpg

旧国会議事堂の前からツーリストバスに乗ってみる。 旧市街から新市街へ。 海岸沿いには大きなホテルがいくつもあります。 そして海岸沿いから再び街の中心へ。 じゃじゃーん! 旅する革命家チェ・ゲバラが描かれた法務省がある革命兵広場。

DSCN0533.jpgDSCN0534.jpg革命広場には自慢のクラシックカーを見せているタクシーの運ちゃんがいました。

 

かっこいいね~。写真をパチリ! でもホテルへ帰る道のりに私たちが選んだのは・・・

DSC_0265.jpgこちらも年季の入ったちゃりんこタクシー。なかなか進まない!(笑) 汗だくの背中をパチリ。

さて、おっちゃんにホテルまで送ってもらったら、ゆっくり休もう。明日はハバナからの終日ビニャーレスの谷ツアーに行くんだから。

つづく・・・

最近投稿した記事
チリ渡航時の必要書類につきまして

少しずつですが各国、入国条件も緩くなり出張や海外旅行も行けるようになってきました! ワクチン接種証明書やPCR検査の陰性証明書の提示は一般的になりつつあるなかさ…

2022.03.08
「ミラベルと魔法だらけの家」上映記念コロンビアフラワーレセプションが開催されました。

コロンビアを舞台にしたディズニー映画作品「ミラベルと魔法だらけの家」上映記念しコロンビア大使館およびコロンビア花卉輸出協会様によるフラワーレセプションへ参加して…

スタッフブログコロンビア
2021.11.27
ペルー映画祭オープニングイベントへ参加いたしました!

この度11 月27 日から12 月10 日の期間に、東京の新宿K’s cinema にて開催されます「ペルー映画祭」にむけて、ペルー大使館にてオープニングイベン…

スタッフブログペルー
2021.11.25
海外オンラインツアー投票キャンペーン2021にて10位に選ばれました!

この度「海外オンラインツアー投票キャンペーン2021」にてラティーノは10位に選ばれました! https://mottokaigai.jp/event/onli…

バーチャルツアー
2021.06.30
海外渡航者のPCR検査「陰性証明書」について

徐々に徐々にではありますが、日本から海外に渡航できるようなってきました。 現在、各国に入国するにはPCR検査の陰性証明書の提出が必須となっております。 それも、…

2021.05.27

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について