中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

エクアドル/キト空港滑走路閉鎖

2024.04.05
エクアドル
2024年中にキト空港滑走路メンテナンスによる空港発着時間の制限は下記のとおり発表されました:

深夜02:00~翌日12:00(昼)まで
5月11日・18日
7月06日・13日・20日
9月07日・14日・21日

深夜02:00~翌日14:00(午後)まで
6月08日・15日・22日・29日  

上記の日時にはキト空港発着はできなくなりますので各航空会社の対策は異なっており、フライトキャンセル、スケジュールチェンジ、キト以外の近郊空港やグアヤキル空港での発着されると思われますのでご利用予定の場合はご注意下さい。

https://www.aeropuertoquito.aero/temporary-suspension-of-operations-at-the-quito-airport-due-to-preventive-maintenance-work-on-the-runway/?lang=en

エクアドル/ガラパゴス諸島入島料値上げ

2024.04.04
エクアドル
エクアドル ガラパゴス諸島の保護区保全のための入島料について、2024年8月より値上げされるとの発表がありました。

これらの資金は、観光による生態学的影響を軽減することを目的とした保全活動、インフラ整備、コミュニティプログラムに直接使われます。
この新料金は、2024年8月1日からすべての訪問者に適用される予定となっています。

ガラパゴス諸島は、19の主な島々からなる動物達の楽園であり、豊富な自然、特徴的な生物多様性が評価され、1978年に自然遺産として世界遺産に登録されました。
ゾウガメやアシカ、ペンギンなど野生動物の数々を間近で見たり、日帰りクルーズやシュノーケリングなどのアクティビティを楽しむことが出来ます。

その他、ガラパゴス諸島をめぐるラグジュアリークルーズは、ガラパゴス諸島をじっくり回りたい方にオススメです。

●ガラパゴス・サンタ・クルスⅡ号
https://santacruzgalapagoscruise.com/

●シルバーシークルーズ シルバーオリジン号
https://www.silversea.com/ships/silver-origin.html

●セレブリティクルーズ セレブリティフローラ号
https://www.celebritycruises.com/int/cruise-ships/celebrity-flora

エクアドルのツアーをご検討の際は、ぜひお問合せくださいませ。

国内セミナーコロンビア/美を生きるコロンビア

2024.03.29
コロンビア ,日本国内 イベント
国内セミナーコロンビア/美を生きるコロンビア
先日、コロンビア大使館にて、コロンビア観光セミナーが開催され、ラティーノも参加してきました。
弊社営業課長上村カルロスがコロンビアの魅力についてプレゼンさせていただきました。
 
南米で最もHOTな国コロンビア!どんな国~!?
景観の美しさや生態系の豊かさから「美を生きる国」と呼ばれています。
100以上の民族グループ、60以上のアメリカ先住民族がおり、様々な言語、祭り、音楽があります。
鳥類、花の種類は世界一、植物、淡水魚、両生類の種類は世界二、まさに多種多様な国なのです!!

最近では、コロンビアはサステナブル・ツーリズムに適した国として注目されています。

『コロンビアのサステナブル・ツーリズム(持続可能な旅)とは!?』
社会発展の促進や貧困の削減、国民の収入と雇用の向上、文化振興の促進を目指して行われています。
観光スポット地域に各国からのツーリストが来る事で、現地は経済発展ができ、生体系や自然環境を保護、
ツーリスト側は地域の豊かな自然や文化に触れ、素晴らしい体験ができます。

●コロンビア南部のラ・マカレナ国立公園にあるカニョ・クリスタレス
カニョ・クリスタレスは、5色の川、虹の川と呼ばれ、世界で最も美しい川として知られています。
この地域はまさにサステナブル・ツーリズムの成功した場所でもあります。
 
コロンビアのおススメ都市をご案内します。
●カタルヘナ
カリブ海に面した美しき古都「カルタヘナ」
スペイン植民地時代の美しい建造物やカラフルな街並みが残っています。
「カリブの海賊」から金銀を守るため、城壁(要塞)が作られ、世界遺産に登録されています。
馬車に揺られながらのんびりと観光はいかがでしょうか。
 
●グアタペ
カラフルすぎる建物、眩しいほどカラフルな街並みを観る事ができます。
建物の壁に必ず施されている装飾「ソカロ」
個性的でクスっと笑えるものが多いので、お気に入りを探してみてください!

●悪魔の岩「ピエドラ・デル・ペニョール」
こちら山ではなく、一枚岩です!!!
約7000年前に誕生、見えるのは全体の3分の2、200mです。
頑張って740段の階段を登りますと、ペニョルの貯水池が広がる絶景を観る事ができます。

コロンビアの魅力はまだまだございます。
第二弾をお楽しみに!

コロンビアへのご旅行をご検討の際は、ラティーノへのお問合せをお待ちしております!
https://www.t-latino.com/south-america/colombia/index.html

メキシコ/チチェン・イッツァ一部遺跡修復工事

2024.03.07
メキシコ
2月22日からチチェン・イッツァ遺跡の球戯場南側の神殿が修復工事となり、一部(球戯場)が見学不可となりました。
なお、修復期間は発表されていないため、新たな情報が入りましたら再度ご案内いたします。
ただし、他の建造物などは通常通り観光可能です。

世界遺産「チェチェン・イッツァ遺跡」
メキシコのユカタン半島北部にあり、マヤ人の言葉で「聖なる泉のほとり」という意味
200年以上に渡って繁栄したマヤ文明最大な遺跡都市

遺跡群は、南側はマヤ独自の文明が顕著な6世紀頃のマヤ古典期「旧チチェン・イッツァ」と、
トルテカなど中央高原文化を取り入れた10世紀以降の後古典期「新チチェン・イッツァ」の二つの歴史が混在しています。

エルカスティージョ
スペイン語で「城」という意味があり、チチェン・イッツァの中心的な神殿
この神殿全体がマヤ歴を表しており、四方の階段は各91段(91×4=364)これに頂上の1段を加え、一年365日となる。
ククルカン(マヤの最高神・羽のはえた蛇神)が祭られていることから「ククルカン神殿」とも呼ばれています。
年に2回「春分の日・秋分の日」に蛇神の羽が影となって現れ、ピラミッドの下にあるクルカカンの頭とあわさり、「クルカカン降臨」現象が起こります。

球戯場
全長150mあるメソアメリカ最大の球戯場。
マヤ人の球戯は娯楽ではなく、豊穣の神に祈りをささげるための宗教儀式、その宗教儀式の会場となっていた球戯場。
勝ったチームのキャプテンが栄光をにない、生贄としてささげられたと言われています。


マヤの天文学、建築技術の高さなど、ゼヒ古代マヤ文明の歴史に触れてみてください!

※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

マチュピチュ遺跡❤❤❤満員御礼

2024.03.06
ペルー
大人気の天空の都市、世界遺産マチュピチュ遺跡は連日満員御礼の状態です。
連日マチュピチュ遺跡の入場チケットは完売しており、4月中旬までほぼ確保できない状況は続いております。
5月以降も混雑は予想されておりますのでご渡航予定の場合は早めに遺跡チケットの購入をお勧めします。

チケット購入時にお客様名・生年月日・パスポート番号が必要となっており、ご購入後の変更・払い戻しは不可です。   

特に混雑しているのは 09:00~12:00の遺跡チケットです。この時間帯は混雑は予想されますので比較的空きのある07:00入場、13:00入場のチケット購入をお勧めします。
特に雨の多いアンデスとジャングルに位置するマチュピチュ遺跡ですので、午後と午前を2日間にわけて観光するのは望ましいです。

マチュピチュ遺跡1泊2日の観光ルート詳細資料をご希望の場合はこちらより:
https://www.t-latino.com/contactform/contactform.html

国内/チリ・南極セミナー LATINAMERICA&ANTARCTICA

2024.03.05
チリ ,日本国内 イベント
先日、2月28日チリ観光セミナーが開催され、ラティーノも参加してきました。
すべての美しいものを持つ国、東西南北まったく違う顔を持つ『チリ共和国』の魅力をご案内します!

★LATAM航空(ラタム航空)
南米最大の航空会社グループとして、世界25ヵ国・約140都市に運航しています。
南米、ヨーロッパ、米国、カリブ海地域、オセアニア、アフリカへの国際線に加え、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、ペルー
南米6ヵ国120を超える都市への国内線も運航しています



★チリ観光地
●首都サンティアゴ
北はアタカマ砂漠、南は氷河が大地を覆うチリパタゴニア、東は南北アメリカ最高峰アコンカグア、西は太平洋に囲まれた細長いチリ
チリのほぼ中央に位置する、首都、大都会でありながら安らげる町サンティアゴ

●イースター島
約1OOO対のモアイ像があります
モアイ15体が立つ アフ・トンガリキ
日の出の姿はとても神秘的
女性のモアイ像アフ・ビナプ
唯一目のあるモアイ アフ・コテリク
何故モアイ像を造り続けたのか、まだまだ謎に包まれています

●サン・ペドロ・デ・アタカマ(アタカマ高地・砂漠)
世界三大砂漠の一つ
もっとも星がきれいに見える場所
車で30分ほど郊外へ、深く険しく刻まれた岩肌の浸食具合がクレーターのように見え、
あたかも月面を思わせるような砂漠地帯「月の谷」が現われます
アタカマ塩湖は、ボリビアウユニ塩湖に次ぐ、第二位の面積
フラミンゴ世界5種類のうち、3種類を見る事ができます
   
●パイネ国立公園
パイネ国立公園のシンボル、3本の岩峰が並んでいる、『トーレス・デル・パイネ』
4つの峰からなり、その中で最高峰『パイネ・グランデ山』万年雪を頂き、東側にはフランセス氷河が流れ出す
その他、パイネ国立公園を代表する氷河、グレイ氷河が流れるグレイ湖
魅力的なトレッキングコースが多く、日帰りから数日かけて回るコースと難易度や日数に合わせた選択ができます 

●チリワインとサーモン
アンデス山脈のふもと広大な土地と乾燥する夏、サンティアゴの市街周辺には優良なワイナリーが点在しています
チリワインとセントーヤ(蟹)、セヴィーチェ(魚介のマリネ)を楽しんでみませんか!! 

●南極
南極の夏12~3月、12~1月は太陽の沈むことのない白夜、6~7月は太陽が昇る事のない極夜
全体の98%が南極氷に覆われています
南極大陸では4種類のペンギン、アザラシ、クジラなどを見る事ができます
 

チリへのご旅行をご検討の際は、ラティーノへのお問合せをお待ちしております!
https://www.t-latino.com/south-america/chile/index.html

ペルー / 一部で公衆衛生非常事態宣言の発出

2024.03.01
ペルー
本日報道によりますと、ペルー政府は、デング熱患者の増加を受けて、20地域に対して、29日から90日間の公衆衛生非常事態宣言を発出し、あらゆる予算などを使って緊急対処・撲滅運動をされております。

真夏のペルーで、雨期・エルニーニョ現象の影響もあり、特日ジャングル地帯や赤道に近い北部ではデングが流行しており、下記の州では特に注意が必要です。

在ペルー日本大使館 https://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_01831.html
外務省渡航情報:https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=148448

シャングル地帯などに行かれる際は長袖などの予防対策が必要です。
4月からペルーの秋・乾期に入っていきますと少しずつ収まることを願っておりますが、今年は非常に暑くなっており、夏も長引いている状況です。クスコ・プーノの高地3000m以上では件数は少ないですが、クスコの低地(1000m前後)のジャングルに位置するランコンベンション群などでは数件が発生しており、合わせて注意が必要です。
https://www.facebook.com/photo?fbid=918972806903198&set=a.485151186952031&locale=es_LA

https://www.facebook.com/minsaperu/

新たな情報が入り次第ご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

ペルー/ティティカカ湖 プーノ(危険レベル引き下げ)

2024.02.29
ペルー
この度、プーノの危険レベルが1に引き下げられました。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2024T016.html

2022年12月からペルー全土でボルアルテ政権に対する抗議活動が激化し、ペルー政府は非常事態宣言を全土に発出しました。
2023年1月以降抗議活動は徐々に散発的になり、2023年9月3日まで継続されていたプーノ州の非常事態宣言も解除され、1年後に行われた追悼集会においても、暴力的な抗議活動は行われず、同州の情勢は落ち着きを取り戻しています。

プーノPUNO
ティティカカ湖への拠点の町
ペルー南部、アンデス山脈のほぼ中央に位置する標高3827mの小さな町
世界最高地にあるティティカカ湖に接しています。


ティティカカ湖(LAGO TITICACA)
古代から神秘の湖、聖なる湖とあがめられていたティティカカ湖
アンデス山脈のほぼ中央、海抜3890mに位置し、ペルーとボリビアの国境にまたがっています。


『南米発豪華夜行列車』
ベルモンド・アンデアン・エクスプローラー号(BELMOND ANDEAN EXPLORER)
優雅なペルー・アンデスの旅
インカ帝国の古都・クスコからアンデス高原を抜けティティカカ湖へ
インテリアは豪華、かつ伝統的なアンデスを反映し、列車の大きな窓は、アンデスの壮大な景観を楽しむ事ができます。
   
尚、ペルーの情勢は流動的で、抗議活動が突然活発化する事もございますので、引き続き、注意が必要です。
よろしくお願いいたします。

※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

ペルー/マチュピチュ遺跡周辺の土砂崩れ

2024.02.28
ペルー
マチュピチュ遺跡周辺の土砂崩れについて
直接マチュピチュ遺跡へ移動するための列車に影響はありませんので現時点では通常通りの列車運行・観光が行われておりますが、観光ルートではないマチュピチュ村~水力発電所Hidroelectricaの周辺で土砂崩れが発生し、線路は使用不可となっております。
土砂崩れの影響で、行方不明者2名が報告されており、発生した2月26日以降は捜索活動が継続されております。

水力発電所Hidroelectricaへの列車を運行するペルーレイル社の発表によりますと26日・27日の運休が決まっており、27日以降の運行は発表されておりません。
https://rpp.pe/peru/cusco/cusco-dos-personas-desaparecidas-dejo-un-huaico-en-mandor-machupicchu-noticia-1536921

熱帯太平洋で見られる気候変動現象エルニーニョの影響によってペルー全国的に雨が続いており、気象庁による「非常事態宣言」を発表して、土砂災害・レスキュー隊出動などに対応できるような対策が発表されております。

世界遺産クスコ、聖なる谷ウルバンバ、マチュピチュ遺跡などは通常通り観光が行われておりますが、ハイキングで人気のマンドルの滝、サルカンタイ山などは閉鎖されております。  
新たな情報が入り次第ご連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。

アルゼンチン/空港職員ストライキ 続報2

2024.02.28
アルゼンチン
アルゼンチン国内各空港の2月28日職員24時間ストライキについて、スーツケースの運搬などを行う労働組合もストライキに参加することになっており、ブエノスアイレスのアエロパルケ空港(AEP)、エゼイザ空港(EZE)の国内線・国際線フライト(アメリカン航空以外・フライボンディ航空以外)は全便キャンセルされる見込みです。
https://www.infobae.com/economia/2024/02/27/como-van-a-operar-las-empresas-aereas-durante-el-paro-aeronautico-del-miercoles/
*アメリカン航空・フライボンディ航空は組合職員ではない、専用職員を雇用しており、フライトキャンセル
 せずに運行すると予想されておりますが航空会社より発表がありません。

ラタム航空・アルゼンチン航空は正式にフライトキャンセルを発表します。
https://www.latamairlines.com/ar/es/prensa/comunicados/latam-cancelacion-vuelos-argentina

ストライキ後の2月29日以降でも混雑、遅延、フライトキャンセルが予想されますのでご利用予定の場合は
航空会社にて対応のご確認をお願いいたします。
https://www.aa2000.com.ar/

下記のとおり在アルゼンチン日本大使館情報です:
-----Original Message-----
From: 在アルゼンチン日本国大使館
Subject: 【注意喚起】2/28(水)アルゼンチン航空及びインターカーゴによるストライキの予定

2月28日(水)0時~24時までの24時間、アルゼンチン航空及びインターカーゴ(国内主要空港におけるグランドハンドリングサービスを提供)の
労働組合がストライキを実施する予定です。この影響を受け、ブエノスアイレスのアエロパルケ空港及びエセイサ空港をはじめとする国内主要空港を
発着する航空便が、欠航又は遅延となる見込みです。同日に航空機の利用を予定されている場合には、各航空会社のHP等を確認して情報収集をしたうえで、
フライト変更等の必要な対策をとることをおすすめします。
 なお、27日16時現在、アルゼンチン航空はフライトのキャンセルを正式には発表していませんが、アエロパルケ空港及びエセイサ空港のいずれの空港でも、
28日の同社のフライトは全て欠航となる見込みです。他方で、LATAM航空は、28日のフライトには遅延又は欠航が出る可能性があると公式HPで
注意喚起を行っており、乗客にフライトの変更を呼びかけています。また、アメリカン航空とLCCのFlybondi社は、(独自のオペレーションラインを保有する)
エセイサ空港から航空便を運航させると発表しています。

尚、アルゼンチン空港のリノベーション工事が終了しており、New Terminal のフードコート
は充実しております https://www.aa2000.com.ar/ezeiza/LocalesComerciales


新たな情報が入り次第ご連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。

※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について