中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

チリー/サンチアゴ緊急事態宣言

2019.10.21
チリ
チリー/サンチアゴ緊急事態宣言
10月18日(現地時間。以下同様),サンティアゴ市旧市街を中心に地下鉄運賃の値上げに反対する抗議活動が行われ、治安部隊との衝突等の暴動が発生しています。
10月19日,この暴動を受け,ピニェラ大統領は首都圏州サンティアゴ市,プエンテアルト区,サンベルナルド区,チャカブコ区で緊急事態宣言を発令する旨発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191019/k10012140231000.html

暴動化を劇化させないために、下記の期間において政府が外出禁止令を発出しております:
10月20日(日)19:00 ~ 10月21日(月)06:00
https://www.elpais.com.uy/mundo/hubo-toque-queda-santiago-chile-valparaiso-concepcion.html

フライトキャンセルしたり、公共交通機関が運航停止、などが発生しております。
https://www.nuevopudahuel.cl/

今後もサンチアゴを渡航する際はご注意下さい。
外務省海外安全情報:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2019C117.html

在チリ日本大使館:https://www.cl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

ボリビア/選挙、国境閉鎖

2019.10.18
ボリビア
ボリビア/選挙、国境閉鎖
10月20日(日)、ボリビア大統領選挙が行われます。
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN1WQ0FH.html

●これに伴い,各種の禁止措置があります。特に,選挙日には全国で交通手段は徒歩に限られます。
当日はチリとボリビアの国境は閉鎖される情報があり、ウユニ塩湖とアタカマ砂漠を行き来するツアーも催行されない可能性があります、ご注意ください。

下記、在ボリビア日本大使館情報をご確認ください。
選挙当日は,事前に登録し許可を得た車両を除き,自家用車,タクシー,バス(ミニバスや長距離バスを含む)等はいずれも走行禁止で利用できません。 また,ラパス市とエルアルト市で運行しているロープウェイ(テレフェリコ)も終日運休となります。

 1.18日(金)0時~21日(月)12時
   ・アルコール飲料の販売及び消費の禁止
    *公共のレストラン等を始め,自宅やホテルの客室内であっても,禁止とされています。

 2.20日(日)0時~24時 (選挙当日)
   ・事前に許可を得た車以外の車両での移動禁止
   ・銃器,ナイフ等の鋭利な刃物,鈍器の携行禁止
   ・集会の禁止
   ・投票者の選挙区外移動の禁止
   ・選挙応援及び反対活動の禁止
よろしくお願いいたします。

==================================
Subject: 大統領選挙・国会議員選挙実施に伴う注意喚起
Date: Thu, 17 Oct 2019 07:30:00 +09:00
From: 在ボリビア日本国大使館

●10月20日(日),ボリビア大統領選挙・国会議員選挙が実施されます。
●これに伴い,各種の禁止措置があります。特に,選挙日には全国で交通手段は徒歩に限られます。
●不測の事態に備え,人の集まっているところには近づかないよう注意してください。

10月20日(日)はボリビアの大統領選挙・国会議員選挙の投票日です。これに伴い,ボリビア全土において以下の措置が実施されますので留意願います。 特に,選挙当日は,事前に登録し許可を得た車両を除き,自家用車,タクシー,バス(ミニバスや長距離バスを含む)等はいずれも走行禁止で利用できません。 また,ラパス市とエルアルト市で運行しているロープウェイ(テレフェリコ)も終日運休となります。

 1.18日(金)0時~21日(月)12時
   ・アルコール飲料の販売及び消費の禁止
    *公共のレストラン等を始め,自宅やホテルの客室内であっても禁止とされています。

 2.20日(日)0時~24時 (選挙当日)
   ・事前に許可を得た車以外の車両での移動禁止
   ・銃器,ナイフ等の鋭利な刃物,鈍器の携行禁止
   ・集会の禁止
   ・投票者の選挙区外移動の禁止
   ・選挙応援及び反対活動の禁止

なお,選挙日及びその前後において不測の事態が発生する可能性もありますので,人の集まっているところには近づかず,情報収集に努めてください。

在ボリビア日本国大使館
住所:Calle Rosendo Gutierrez No.497, esq. Sanchez Lima, La Paz, Bolivia
電話:(591-2)241-9110~3
FAX :(591-2)241-1919
ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/jp/index.htm
Email:consul.lpz@lz.mofa.go.jp (領事班)

エクアドル/デモ等抗議活動の終了

2019.10.15
エクアドル
エクアドル/デモ等抗議活動の終了
エクアドル国内で政府の燃料補助金廃止が発端で続けられていた過激化した抗議行動は、現地13日夜に大統領が燃料補助金廃止を一旦撤回することを決定し、一連のデモ等抗議活動の終了が宣言されました。
終了宣言により、現地14日朝から交通機関も概ね回復し、沈静化されております。
以下現地在エクアドル日本大使館の発表文章となりますのでご確認お願い致します。

=============================
在エクアドル日本大使館

エクアドル在留の皆さま(旅行者の皆さま)

 報道などによると,13日22時頃,反対勢力側により,一連のデモ等抗議活動の
終了が宣言されました。モレノ大統領が,大統領令883(燃料費補助金等の廃止)
を一旦撤回することを決定し,反対勢力側代表らとの合意に至った模様です。
 12日に発令されたキト首都圏を対象とした外出禁止令は解除されました。
 8日に発令された夜間(20時から翌5時まで)の特定施設周辺に対する立入禁止
令は,非常事態宣言の期間内(本日現在11月1日まで有効)に継続適用されます。
これは,国内全域における政府主要機関,軍や警察施設,エネルギーやライフライン
関連施設等周辺への立入りを規制するものです。

 3日以降,国内全域において継続していたストライキやデモ等抗議活動に伴う一連
の騒乱では,過激なデモ集団と治安部隊との衝突などにより,少なくとも7人が死
亡,1300人以上が負傷,1100人以上の被逮捕者が出ています。
 昨日の終了宣言により,その後情勢は沈静化し,本日14日朝からは交通機関も概
ね回復しつつあります。主要道路の一部には,未だ開通に向けた作業のため閉鎖中の
箇所がありますが,近日中に全線復旧の見込みです。

 しかしながら,政府は撤回した施策を近日中に見直す方針であるため,今後,反対
勢力が再度抗議活動を行うことも懸念されます。
 当面の間は,治安情勢に関する最新情報に留意され,不測の事態に巻き込まれない
ようにしてください。引き続き,外出の際は,交通や周囲の状況に気を配り,事故や
犯罪被害の防止に特段の注意をお願いします。

在エクアドル日本国大使館
Tel.(593-2)227-8700 

エクアドル/国内情勢

2019.10.10
エクアドル
エクアドル/国内情勢
エクアドル全土で、政府の燃料補助金廃止に反対する抗議行動が過激化し、モレノ大統領は60日間の非常事態宣言を出しましたが、その後も交通機関や関係団体等によるストライキなども行われ、抗議活動は収まらず夜間外出禁止令も新たに発令されております。

大統領官邸がデモ隊に包囲された事から、大統領が一時的に政府機能を首都キトからグアヤキルへ移転する措置まで取られ、再びキトへ戻る報道がされたことなどから、首都キトでの過激な抗議活動が予想され政府関連機関や一般企業、学校も安全確保の為に閉鎖されております。
https://www.cnn.co.jp/world/35143724.html


なお、エクアドル本土から約1300kmの位置にあるガラパゴス諸島の観光に関して、現状での影響は出ておらず、キト発着のフライトも出発・到着便ともに通常運行しております。
出発便:https://www.aeropuertoquito.aero/es/vuelos-nacionales/salidas-nacionales/vuelos.html

到着便:https://www.aeropuertoquito.aero/es/vuelos-nacionales/llegadas-nacionales.html

ガラパゴス訪問前後に、キトにて宿泊予定の際は、
キト市内のホテルではなく、空港から近いWYNDHAM QUITO AIRPORTなどのご利用をお勧め致します。
https://www.wyndhamhotels.com/wyndham/quito-ecuador/wyndham-quito-airport/overview



エクアドルに渡航予定の方は、最新の情報に十分ご注意下さいませ。

アルゼンチン/10月5、6日アルゼンチン航空ストライキの可能性

2019.10.03
アルゼンチン
アルゼンチン/10月5、6日アルゼンチン航空ストライキの可能性
10月5・6日、アルゼンチン航空が48時間のストライキを行う可能性があることを発表致しました。
支障がでないよう交渉しているとのことですが、ストライキ決行の可能性が高くなっております。
https://www.clarin.com/sociedad/paro-pilotos-opciones-compraron-pasajes-aerolineas-austral-fin-semana_0_z2u17FUm.html

通常通りの運航ができない可能性があり、この時期ご渡航予定の方は、移動時間には余裕を見る事をお勧め致します。
遅延&キャンセルに関して事前に情報収集をおすすめします。

ペルー/デモ行進について

2019.10.01
ペルー
ペルー/デモ行進について
ペルー時間9月30日(月)、ペルー内閣信任を否決されたことでビスカラ大統領が議会解散を実行し、4ヶ月以内に国会選挙が行われる発表がありましたが、国会が反対しており、大統領に対立する姿勢です。これを理由に大統領と国会それぞれを支持する市民がリマ、クスコなどペルー各地での支持デモ行進・集会が行われております。
https://www.reuters.com/article/us-peru-politics-vizcarra/perus-vizcarra-announces-he-is-dissolving-congress-idUSKBN1WF2D5

この様な集会は夜に開催されることが多いので、夜間になりますと交通規制による渋滞が目立ちますのでお出かけの際は時間に余裕をもってお出かけ下さい。
https://elcomercio.pe/peru/cierre-del-congreso-reacciones-y-marchas-en-regiones-tras-anuncio-de-martin-vizcarra-noticia/

ご確認よろしくお願い致します。

2020年1月3日発ペルー マチュピチュ&ウユニ塩湖のツアー11日間

2019.10.01
ペルー ,ボリビア
2020年1月3日発ペルー マチュピチュ&ウユニ塩湖のツアー11日間
2020年1月10日発 インカ帝国と雨季に行く地平線広がるウユニ塩湖のツアー11日間
https://www.t-latino.com/tour-list/detail.php?id=240

もう間もなく催行確定です!是非雨季のウユニ塩湖とマチュピチュ遺跡を楽しまれたい
方は是非お早めにお申込みください!

キューバ/燃料不足による影響

2019.09.25
キューバ
キューバ/燃料不足による影響
現在、キューバへ燃料を供給する国であるベネズエラの燃料輸出量減少で、キューバ国内で更に燃料不足が深刻化しております。

今後、停電等の可能性もありうると政府が発表した事で、各地の燃料スタンドで燃料をまとめ買いをする人が増えたり、各交通機関や製造業などへも影響が出る社会問題に発展しております。

キューバ観光省は利用燃料削減対策として、10月中旬頃まで大型バスの使用を制限し、
可能な限り小型の車両をを使用するよう指示を出しております。
https://www.radiotelevisionmarti.com/a/demasiadas-se%C3%B1ales-de-otra-crisis-de-combustible-en-cuba/247477.html

このような国内事情により、国営バス会社が当日の配車時に当初の利用予定車両とは別の車両を配車する可能性も出ておりますので予めご了承下さいませ。

カナダ乗継にてご旅行のお客様へeTA申請必須(2016年3月15日より)

2019.09.20
カナダ
カナダ乗継にてご旅行のお客様へeTA申請必須(2016年3月15日より)
*2019年10月1日より消費税率改定に伴い、弊社代行申請料金を以下の通り改定と
させていただきます。予めご了承くださいませ。
旧料金:6,480円→2019年10月1日以降お申込み 6,600円(税込)


2016年3月15日よりカナダ入国時にeTAの申請手続きが必要となっております。
未取得の場合は入国ができませんのでご注意ください。
http://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/documents/consular_j/eTA_starts.pdf

これまでカナダでは,短期滞在(ビジター)で入国する日本人に対してビザは免除されていましたが,本年3月15日以降は,eTAが必要になります。
eTAの申請はオンラインで行うことができ,パスポートとクレジットカード、Eメールアドレスが必要となります。料金は7カナダドルで,有効期間は最長5年間(またはパスポートの有効期限まで)です。

下記より申請フォームとなります。(英語/フランス語)
http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-start.asp
Apply for an eTA より入力、申請手続きを進めていただけます。

申請用紙記入フォーム説明(日本語)
http://www.cic.gc.ca/english/pdf/eta/japanese.pdf

カナダ政府ホームページ(英語)
www.Canada.ca/eTA

エアカナダホームページ(最新情報)
http://www.aircanada.com/jp/news/150917.html

■eTA代行申請も承ります■
弊社にて代行申請もお取扱いございます。
航空券もしくは現地地上手配お申し込みのお客様
代行申請料金:6,600円(税込)(お一人様あたり)*2019年10月1日より。
*上記代行料金には申請代金のCAD7.00を含めております。
*クレジットカードは弊社のカードにてお手続き致しますのでお客様のカード情報の
ご連絡は不要です。
*詳細はメールもしくはお電話にてお問合せくださいませ。
*申請代行は、お客様からの申請内容(記入された内容)で申請手続きの
代行をするものであり申請が承認されることを確約するものではありません。
申請が承認されなかった場合でも、手数料は返金出来ませんのでご了承下さい。
よろしくお願いします。

 『エスタ(ESTA)』申請(米国乗継ぎでご旅行されるお客様へ)

2019.09.20
ESTAについて ,米国
 『エスタ(ESTA)』申請(米国乗継ぎでご旅行されるお客様へ)
*2019年10日1日以降消費税率改定に伴い代行申請料改定とさせていただいております。
予めご了承くださいませ。

旧料金:6,480円→2019年10月1日以降お申込み 6,600円

アメリカ合衆国の電子渡航認証システム『エスタ(ESTA)』について

米国政府は、2009年1月12日以降、日本を含む短期滞在査証免除対象国の国民が査証免除対象者として米国に渡航時、事前に査証免除で渡航できるか否かチェックを受けるシステム(電子渡航認証システム:Electronic System for Travel Authorization)を導入しております。
米国乗継ぎのお客様は必ずこの手続きが必要です。
(米国にて宿泊されない方も対象となります!!)


*クレジットカード等、個人情報の取扱がある為、原則的にご本人様に申請をお願いしております*
(*代行申請も可能ですので下記あわせてご参照ください)
詳細は各自下記サイトご確認のうえお早めにお手続きをお願いいたします。

申請用サイトはこちら
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

*ご注意*
ご自身で登録の場合必ず上記のサイトよりお申込みください。
検索サイトから有料の代行業者ページに入ってしまう場合があります。ご注意ください*

ご自身で申請いただく場合かかる費用はUSD14.00ドルのみです。
ご注意下さい。

2011年12月より出生地の入力項目が追加されました。
代行申請いただく場合にはあわせておしらせください。


2010年9月より申請は有料となっております 取得料:14米ドル
支払いはクレジットカード払いとなりますので申請の際にお手元にご用意
くださいませ。
*クレジットカードをお持ちでない方は弊社にて代行申請も可能ですのでご相談
くださいませ**下記ご参照ください*


*手数料が必要となるのは新規取得の場合と、パスポート更新など再申請する場合
*ご旅行出発までにパスポート更新される予定の方は新たなパスポート入手後にESTA申請をお済ませください。
*2年間の有効期間内に、登録情報を更新のみの場合は無料。
支払いはクレジットカードかデビットカードのみ受け付け、
今のところVISA,MASTER,AMERICAN EXPRESS,DISCOVER,JCBの使用を認めている。
※JCB利用可能!*
現時点では申請手続きのホームページ上でJCBカードの表示がなされておりませんが、支払い画面にてクレジットカードの種類「DISCOVER」を選択していただき、必要な情報を入力していただくことで問題なくJCBカードをご利用いただけます。

(パスポート有効期間内でしたら2年間有効です)


*ご注意 控えはお持ち下さい*
米国路線御利用時に各航空会社から"ESTA"認証番号の提示を求め
られるケースが出てきています。
訪問国に関わらず申請時にESTA認証(詳細ページ)を印刷のうえで、パスポートとあわせてお持ちくださいますようお願いいたします。
現在のところアルゼンチンおよびコロンビアにおいて実施されています
*2010年10月20日現在


■ESTA代行申請も承ります■
弊社にて代行申請もお取扱いございます。
航空券もしくは現地地上手配お申し込みのお客様
代行申請料金:6,600円(税込)(お一人様あたり)*2019年10月1日より。
*上記代行料金には申請代金のUSD14.00を含めております。
*クレジットカードは弊社のカードにてお手続き致しますのでお客様のカード情報の
ご連絡は不要です。
*詳細はメールもしくはお電話にてお問合せくださいませ。
*申請代行は、お客様からの申請内容(記入された内容)で申請手続きの
代行をするものであり申請が承認されることを確約するものではありません。
申請が承認されなかった場合でも、手数料は返金出来ませんのでご了承下さい。

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について