中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

ベネズエラ/反政府デモについて*続報2

2017.08.07
ベネズエラ
ベネズエラ/反政府デモについて*続報2
先日よりご案内しておりますベネズエラでのデモについて続報です。

8月4日(金)ベネズエラで憲法改正の草案作りを担う制憲議会が招集されました。
このような政情不安の中、6日(日)約20人の武装グループがマドゥロ政権への蜂起を呼び掛け、首都近郊バレンシアの軍基地(Fuerte Paramacay)を襲撃しましたが間もなく軍に制圧されました。

この交戦で武装グループ側の2人が死亡、1人が負傷し、7人が身柄を拘束されました。

襲撃が行われた軍基地(Fuerte Paramacay)からバレンシア空港までは約20kmの距離に位置致します。
またバレンシア市内からカラカス市内までは約170km、ギアナ高地に位置するカナイマ国立公園までは約1200kmとの距離がございます。

首都カラカスをはじめ、軍により反政府デモの動きは封じられた状態となっておりますが、
今後も十分注意する必要です。
同地にご滞在中の方、またこれからご旅行をご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

軍基地 〜 バレンシア空港 の位置関係図
バレンシア 〜 首都・カラカス の位置関係図
バレンシア 〜 カナイマ国立公園(ギアナ高地) の位置関係図

ペルー/マチュピチュ遺跡人気過ぎて困る件

2017.08.04
ペルー
ペルー/マチュピチュ遺跡人気過ぎて困る件
相変わらず世界的に人気なマチュピチュ遺跡ですね
人気過ぎて困ることも。。。


長年の入場者人数制限で、マチュピチュ遺跡の入場券を購入できないこともありましたが、7月1日から午前・午後の二部制の開始によって、一日に入場できる人数が増え、観光客としてメリットがある様に見えましたが、、、
一つ問題があります。マチュピチュ村の駅からマチュピチュ遺跡へ唯一の交通手段であるシャトルバスの台数は増えておらず、遺跡に行くのも、遺跡から村に戻るのも、シャトルバスの待ち時間は昔と比較すると?少し長くなった気がする″と現地ガイドからのコメントが届きました。

しかし、8月は欧米人の夏休み期間のためマチュピチュの観光客が更に増え、中南米各国の冬休みに伴い、更にシャトルバスが混雑する時期になります。
が、今年は7月末〜8月初旬のペルー独立記念日関連の連休に伴い、ペルー人国内旅行が活発になり、マチュピチュ遺跡の入場券も連日完売の状態です。
5日間を除き、毎日完売です。

こういう日のシャトルバスは大混雑です。1時間〜2時間待ちで、観光客によっては待ちきれずに、遺跡まで8?の道のりを徒歩移動されたケースも見られました。
http://tnews.com.pe/wp-content/uploads/2017/08/20623695_10155711415579421_1275922012_o.jpg http://tnews.com.pe/wp-content/uploads/2017/08/20623498_10155711414989421_645584320_o.jpg

8月7日までマチュピチュ遺跡完売ですので、この状況が続くと考えられますが、それ以降は混雑が緩和する予想です。
簡単にシャトルバスの台数が増えないと思いますので、早めの行動で時間に余裕が必要です。
これからご訪問予定の方はご注意ください

ベネズエラ/カラカス反政府デモについて*続報

2017.08.01
ベネズエラ
ベネズエラ/カラカス反政府デモについて*続報
政情不安が続くベネズエラで7月30日、新憲法制定のための制憲議員選挙が行われました。
ニコラス・マドゥロ政権はこの憲法改正により、野党の議会効力を弱め、国会の権限を奪う姿勢を表明しており、投票日となった30日、国内各地では激しい反政府デモが行なわれました。
決死のデモの結果、30日だけで10〜15人が死亡したと警察側は発表しており、4月以降のデモによる死者数は121人、逮捕者は2千人を超えました。

選挙管理委員会によると、全有権者の41%に相当する800万人が投票したと発表。
野党の選挙中止要請にも関わらず、マドゥロ政権は「勝利宣言」をし、与党が議席を独占する見通しです。
早ければ8月2日にも制憲議会を発足させ、国会を閉鎖する意向を示しております。

これに対し米国、欧州連合(EU)、中南米諸ヵ国は制憲議員選挙の結果を「受け入れない」と表明。
カラカスへの運行休止を発表した航空会社はここ3年で8社となり(Air Canada, Alitalia, Lufthansa,
Latam, Aeroméxico, Gol, Tiara Air y United Airlines, Avianca)、今後も経済制裁などが行われる見通しです。

※現在運航中の航空会社は次の通りです。:
Air France, Turkish Airlines, American Airlines, Delta, Iberia, TAP Portugal y Air Europa.
https://jp.reuters.com/article/venezuela-politics-idJPKBN1AG10W
http://www.elpais.com.uy/mundo/constituyente-maduro-nace-jornada-sangre.html

制憲議会議員選挙に抗議し、今後、野党デモが激化する可能性がございます。
在ベネズエラ日本国大使館からの注意喚起なども御確認ください。


【安全情報】2017年07月31日(No.62/2017)
野党連合MUD支持者等による抗議集会に関する注意喚起
http://www.ve.emb-japan.go.jp/files/000277030.pdf

ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止*続報

2017.07.28
ベネズエラ
ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止*続報
昨日配信致しましたアビアンカ航空のカラカス路線の休止のニュースですが、昨日時点で8月17日から運航休止との発表でしたが、前倒しされ、本日(ベネズエラ時間)7月27日より「ボゴタ-カラカス」、「リマ-カラカス」間の運航が休止されることとなりました。
このアビアンカ航空の突然のカラカス路線運航休止により、約1万3千人に影響が出ます。
本日以降アビアンカ便にてコロンビア〜ベネズエラ間のご予約・航空券をお持ちの
方につきましては全額払い戻しを受け付ける旨、アビアンカより連絡が入っております。
近日中にご利用予定の方は直接御確認お願い致します。
http://caracol.com.co/radio/2017/07/27/nacional/1501182325_204043.html

http://www.eluniverso.com/noticias/2017/07/27/nota/6300796/se-adelanta-suspension-vuelos-avianca-venezuela

ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止

2017.07.27
ベネズエラ
ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止
コロンビアの航空会社アビアンカ航空は、8月16日より「ボゴタ-カラカス-ボゴタ線」、「リマ-カラカス-リマ線」を休止することを発表致しました。
昨今のベネズエラの情勢不安・経済状況の悪化が理由となり今回ベネズエラ路線の運行休止が決定されました

カラカスへの運行休止を発表した航空会社はここ3年で7社となります。
Air Canada, Alitalia, Lufthansa, Latam, Aeroméxico, Gol, Tiara Air y United Airlines.
(理由としては、いずれもベネズエラの外貨持ち出し制限による損失の拡大を理由に撤退しました。)

現在運航中の航空会社は次の通りです。:
Air France, Turkish Airlines, American Airlines, Delta, Iberia, TAP Portugal y Air Europa.

日本でも報道されておりますが、ベネズエラでは現在、政府の政策に対する市民反対運動が行われており、軍との衝突で100人以上の死亡者が出ております。

また7月30日(日)には政府側が憲法改正の是非を問う選挙が行われます。
これに抗議する市民団体の反対運動が7月29日(土)・30日(日)に開催される見通しです。
従って、今週末は政府と反政府の対立が激化する恐れがあり、治安が悪化する可能性があるため、
海外から現ベネズエラ政権に圧力をかけて30日の選挙を中止するように呼び掛けてます。

ご旅行の際には外務省海外安全ホームページをご確認下さい。
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/info/pcinfectionspothazardinfo_260.html#ad-image-0


以上ご確認のほどよろしくお願い致します。

クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報4

2017.07.25
ペルー
クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報4
ペルー教職員組合のストライキ最新情報です。
連日スト・デモ抗議が相次いでおりますが、7月28日独立記念日の大統領演説を過ぎれば情勢も徐々に落ち着くことと思われます。
すぐに何か影響があるようなニューズではございませんが、日ごろからマチュピチュの販売・セールスをされている皆様へ向け、本日まで出てているニュースをまとめました。

弊社手配中のツアーに関して、直接影響がある場合は個別にお知らせいたします。

プーノ:
アルタニ鉱山の環境汚染を巡り、鉱山会社の撤退を求めるリャリ村住民団体はアヤビリ町、カワシリ町でのデモ抗議を行ったため、クスコ〜プーニ間は通行止めになり、この間を移動する観光客は徒歩移動を強いられた。

クスコ:
クスコ教職員組合はクスコ州のアンタ町、ウルバンバ町でのデモ抗議の一環として道路封鎖を行っております。警察隊が現場に入り、撤退させる作業を行っておりますが、渋滞が発生するなどの混乱が起きました。連日教職員組合と政府側が労働条件の改善について協議・交渉を行っておりますが、折り合いがつかない状態が続いてます。
現時点で列車への影響はありませんが、ペルーレイルから何らかの発表ありましたら、ご連絡させていただきます。

アレキパ:
先日アレキパで発生した土砂崩れによってリマから陸路でのアレキパへのアクセスは困難になっており、カレベリ市・アティコ町ではパナメリカンハイウエイが寸断されたことで観光客は移動する場合は未舗装道路にて2時間半に移動が必要となっております。
この間のバス移動は不可のため、地元住民などが保有する四駆車両の臨時サービスが05:00〜18:00の明るい時間帯のみで行われております。有料となります。

マチュピチュ:
マチュピチュ村郊外のカルバリオ山で山火事が起きました。
20日から4日間続いているこちらの山火事の影響で50ヘクタルが燃え、鎮火できない状況に、消防隊を追加派遣し現状110人態勢で放水活動を行っておりますが、アクセスは困難な場所のため時間がかかっております。
人的被害や歴史建築物への影響も無く、観光への支障はありませんが、生態系を守るために1日でも早く消火するために懸命な作業が行われてます。
現時点で遺跡での観光制限はありません。

インカ道:
世界遺産にも登録されている人気のトレッキングコースですが、不可欠となっているトレッカーの荷物を運搬する専用ポーターは不当な労働条件に反対の声をあげて、ストを計画中です。
改善求める内容は整備されたルールの徹底です。4日間のトレッキングでポーター一人あたり運ぶ制限は20?とされているにも関わらずルール守らない旅行会社は40?を持たせ、給料も4日間でたったの
100ソレス(約30ドル)と非常に安い事例もございました。

ブラジル/2018年・リオのカーニバル出場順発表!

2017.07.24
ブラジル
ブラジル/2018年・リオのカーニバル出場順発表!
さぁ皆さん、お待たせいたしました!
世界最大の祭典リオのカーニバルの2018年度のサンバパレードの順番が発表されました♪

リオデジャネイロ市の予算削減により、来年度のパレードは実行不可能になるかもしれない
とのニューズもございましたが、無事開催されるようです!

★2018年度カーニバル・パレード出場順★
(※カーニバルチケット料金は後日改めて発表します。)

順番

2018年2月11日(日)
1.Imperio Serrano
2.Sao Clemente
3.Vila Isabel
4.Paraiso do Tuiuti
5.Grande Rio
6.Mangueira
7.Mocidade Independente

2018年2月12日(月)
1.Unidos da Tijuca
2.Portela
3.Uniao da Ilha
4.Salgueiro
5.Imperatriz
6.Beija-Flor
7.de Padre Miguel

こちらのカーニバル・パレードの上位6チームで行われるチャンピオン・パレードは2018年2月17日(土)に開催されます!

数万人が踊り狂う究極のサンバ・パレード、一生の思い出になること間違いなしです!
是非お問い合わせはラティーノまで♪

ペルー/クスコ、プーノに対し非常事態宣言の発令について

2017.07.21
ペルー
ペルー/クスコ、プーノに対し非常事態宣言の発令について
ペルー政府は、連日の教職員組合によるスト・デモ抗議が相次いでいる情勢を踏まえクスコ県のマチュピチュ、オリャンタイタンボとウルバンバ、プーノ県のフリアカとサンラモン郡の5個所を対象に安全確保・治安対策の為、非常事態宣言を発令致しました。

発令期間はペルー現地時間7月19日から30日間(8月17日まで)となっており、当該地域では同期間中、人身の自由・住居不可侵・集会及び通行の自由といった憲法で保障された権利の一部が制限され、デモ隊の取り締りが徹底されます。

外務省からも同様の渡航情報が発表されることかと思われますが、現在クスコ方面のデモ活動は落ち着きつつあり、マチュピチュの観光も支障少なく行われております。

ただ引き続きは注意は必要ですので安全対策を心掛け、時間に余裕をもって行動してください。

ペルー独立記念日パレードおよびスト情報続報

2017.07.20
ペルー
ペルー独立記念日パレードおよびスト情報続報
7月28日・29日はペルー独立記念日となります。

政治的・宗教的なイベントや市民パレード、軍事パレードが行われ、両日ともに05:00〜14:00の間でアルマス広場、カテドラル、大統領官邸が位置する世界遺産リマ歴史地区と周辺の大通りが一時通行止めになります。
そのためこの時間帯での歴史地区観光は不可となり、周辺でも交通規制による渋滞が発生することが予想されます。
また小さい規模となりますが、ペルー全国各地でも独立記念日のパレードは開催されます。

また連日報道しておりますストライキの情報も併せてご案内致します。

1. 連日のデモ・スト道路封鎖によってクスコの観光産業・経済に大きな打撃を与えているとして、観光業界はデモ団体に抗議し、政府に早い解決策を打ち出すことを求めるためデモ行進、座り込みをする平和イベントをクスコ・アルマス広場で行いました。

2. マチュピチュ村〜マチュピチュ遺跡をつなぐシャトルバス社CONSETURは25台のバスのうち20台のバスしか運行せず、連日マチュピチュ遺跡に行く観光客は長打の列に並び、不満の声が多く出ております。運行するバス数を減らした理由は不明ですが、連日のスト・デモでスムーズにマチュピチュ遺跡へたどり着けず、多くのクレームが出ております。

3. フリアカでも教職員組合がスト・デモ抗議を行い、一時フリアカ空港の滑走路にまでデモ行進したことで、現地時間19日午前のフライトに支障が出てキャンセルとなりましたが、午後からは徐々にフライトが再開致しました。また、ペルーレイルのプーノ事務所、線路でもデモ行進が行われ、交通に支障がでました。

4. プーノではチチカカ湖のボート遊覧ウロスツアーの発着地となる桟橋で、教職員がデモ集会を行い、午前の観光に支障がでました。午後にはプーノのアルマス広場まで移動し抗議活動を続けました。

5. 教職員組合の代表者は現地時間19日夜になり、クスコ州政府庁舎にて警察と話し合いを行いました。
今後のデモ抗議は平和的に行い、警察も平和的に対応することで、「負傷者を出さない」とのことで合意致しましたが、政府との話し合いを続ける教職員組合の中には過激なメンバーもおり、万が一道路封鎖など暴力的な行為が発生した場合は厳しく取り締まることを通告致しました。

以上ご確認よろしくお願い致します。

クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報3

2017.07.19
ペルー
クスコ教職員組合によるストライキの影響/続報3
クスコでのストライキの続報です。
以前お伝えした通り、7月12日と13日「チンチェロ国際空港の工事中止」問題を巡る48時間のストライキが行われました。その後14日よりペルーレイルは通常運行予定でしたが、クスコ教職員組合のスト活動が続けられた為、その影響を受け一部の列車運行に支障が生じました。

15日以降はクスコ警察がより厳重に警備に当たることにより、列車は通常運行となりましたが、ペルーレイルでは7月15日から当分の間マチュピチュへの列車に関して、ポロイ〜オリャンタイタンボ間の運行を休止して、全ての列車をオリャンタイタンボ駅発着とすると発表致しました。

下記のペルーレイルがポロイ発着でなく、オリャンタイタンボ発着に変更となります。

便名
〔対象列車〕
◎ オリャンタイタンボ発
* 列車名: VISTADOME 601 --- オリャンタイタンボ発 08:00
* 列車名: VISTADOME 31 ---- オリャンタイタンボ発 09:15
* 列車名: EXPEDITION33 -----オリャンタイタンボ発 08:29
* 列車名: VISTADOME 203 --- オリャンタイタンボ発 10:32
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 11 --- オリャンタイタンボ発 10:53

◎ オリャンタイタンボ着
* 列車名: VISTADOME 304 --- オリャンタイタンボ着 17:29
* 列車名: VISTADOME 32 ---- オリャンタイタンボ着 18:31
* 列車名: EXPEDITION 34 --- オリャンタイタンボ着 17:08
* 列車名: VISTADOME 604 --- オリャンタイタンボ着 19:02
* 列車名: BELMOND HIRAM BINGHAM 12 --- オリャンタイタンボ着 19:25

クスコ教職員組合と行政との話し合いは引き続き行われておりますが、
現時点で新たなデモ、ストライキは行われておりません。

ただ今後も教職員組合のスト活動には注意が必要です。
安全対策を心掛け、時間に余裕をもって行動してください。

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について