中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

ペルー/非常事態宣言について(続報①)

2022.12.16
ペルー
昨日ご案内しましたが、ペルーの【非常事態宣言】発表によって、少しずつ鎮静化に向かっております。
特に国民がもっとも心配しておりましたワールドカップサッカー決勝・クリスマス・年末年始のイベント・パーティー・
コンサート・集会は予定通り実施して良いという発表がありました(オタロラ防衛大臣)。

ペルー政府発表によりますと本日は警察隊・軍隊が出動したことで市民団体の衝突・暴動・道路封鎖が
少しずつ落ち着いており、民主的で平和的なデモ抗議が継続されております。また、非常事態宣言に
よって道路封鎖で立ち往生された市民、観光客の支援活動も行われた。
https://www.gob.pe/institucion/mindef/noticias/680156-ff-aa-estan-abocadas-a-brindar-apoyo-para-restituir-el-orden-y-realizar-tareas-humanitarias

尚、状況は流動的になっておりますのでご渡航の際は最新情報をご入手が必要です。
新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。


【空港】
リマ国際空港:引き続き通常どおりですが、空港管理事務所(LAP)が再度空港セキュリティーに伴う
規制を発表しました。

1. 空港施設内には搭乗券を持つ乗客のみが入ることができます。
2. 駐車場での乗り降りは許可された車両のみ。
3. お出迎え・見送りは許可されたドライバーのみ。
https://www.lima-airport.com/en/comunicados/noticias/ver/comunicado-15-de-diciembre-2022

一時閉鎖されておりましたクスコ空港は明日16日にオープン、フライト再開されます。その他の
各空港も徐々に再開される見込みです。アレキパ空港に関して設備改修工事のため夜間フライト
が中止されます。
https://www.latamairlines.com/pe/es/prensa/comunicados/cancelamos-nuestra-operacion-desde-y-hacia-arequipa


【道路】
ペルー全土各地でデモ抗議が続いており、数ヶ所での支障がでておりますが主要道路では警察隊・
軍隊の出動によりデモ抗議・行進中でも車両の交通に支障が無いように整備されてます。
ただし、抗議活動の影響で場所によって渋滞などが発生しておりますので移動の際は交通情報の
最新情報をご確認下さい。ナスカ地上絵のイカ州、北部トルヒージョ、

道路管理事務所PROVIAS:http://wsgcv.proviasnac.gob.pe/emergenciavial
 


【列車】
本日15日(木)現地時間はクスコ~オリャンタイタンボ~マチュピチュ村に列車は運行中止しており、
16日(金)の運行は未発表です。


【観光施設】
マチュピチュ遺跡を含む各遺跡・観光施設は15日(木)に閉鎖されており、16日(金)以降の再開について
未発表です。https://www.culturacusco.gob.pe/noticia/imagen/comunicado-cierre-de-la-red-de-caminos-inka-y-pan-machupicchu/

非常事態宣言は30日間有効ですが、短縮・延長する可能性もありますので新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。

※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

ペルー/非常事態宣言について

2022.12.15
ペルー
1週間前の12月7日(水)カスティージョ前大統領の罷免されたことでデモ抗議などが発生しており、ラティーノニュースとしてワールドカップサッカー決勝・クリスマス・年末年始に向けて落ち着くと期待と望みがありましたが、残念ながら市民団体によるデモ抗議の行進が増え、さらに一部では暴動化し、アレキパ、クスコ、ナスカ、プーノなど数ヶ所では道路封鎖があり、一部空港への危害もありました。
そのため、暴動の鎮静化を目的として【非常事態宣言】を発表し、これから警察に加えて軍も安全確保のために出動されます。
https://www.gob.pe/institucion/mindef/noticias/679910-gobierno-declara-estado-de-emergencia-a-nivel-nacional-para-restablecer-la-tranquilidad-y-el-orden

【非常事態宣言】に伴い、各地でのデモ抗議が鎮静化できる見込みがありますが、市民団体は国会閉鎖、再選挙などのを求めており今週中の国会のの判断にによってデモ抗議が続く可能性があります。
https://gestion.pe/peru/politica/defensoria-insta-al-congreso-a-priorizar-el-proyecto-de-adelanto-de-elecciones-ante-crisis-social-dina-boluarte-rmmn-noticia/

【非常事態宣言】発表前の現地時間12月14日18:00までの影響について下記のとおりになりますが、今後状況が変わる可能性がありますので新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。

【空港】
リマ国際空港:通常どおりですが、安全のため空港へのアクセスが規制されており、近辺へのアクセスも規制のため航空券を持つ搭乗者のみアクセス可能です。お見送り・お出迎えも規制されております。
14日(水)はクスコ空港(CUZ)、プーノのフリアカ空港(JUL)、アレキパ(AQP)は閉鎖しております。
各フライトはキャンセルされております。15日(木)でも閉鎖が続くと懸念されております。

https://www.lima-airport.com/en/
https://www.latamairlines.com/pe/es/prensa/comunicados/cancelamos-nuestra-operacion-desde-y-hacia-arequipa



【道路】
ペルー全土各地でデモ行進によって道路封鎖が相次いでおります。道路管理事務所PROVIASの道路封鎖アプリによると52か所での支障が出ております
http://wsgcv.proviasnac.gob.pe/emergenciavial


首都リマの道路封鎖が殆どありませんが、ナスカ地上絵へのアクセスであるイカ州への道路封鎖が発生しております。
クスコではマチュピチュ村への列車オリャンタイタンボ駅周辺、ウルバンバなどでも道路封鎖
されております。この影響により日本、米国、メキシコ、などの観光客を乗せたバスが立ち往生していると
報道されております。https://tnews.com.pe/cusco-200-buses-con-turistas-varados/


【列車】
昨日13日(火)、本日14日(水)現地時間はクスコ~オリャンタイタンボ~マチュピチュ村に列車を運行する
ペルーレイル社、インカレイル社は運行中止されました。また15日(木)の運行中止も決定しております。
16日(金)以降のオペレーションは未発表です。 https://incarail.com/en/
https://www.perurail.com/news/suspension-of-our-operations-as-of-december-15-2022/
https://www.perurail.com/news/suspension-of-operations-this-tuesday-december-13/
この影響によりマチュピチュ村からクスコへ戻れないスペイン、米国、メキシコなどの観光客700人前後が
マチュピチュ村に滞在されております。
https://www.la-razon.com/mundo/2022/12/14/cientos-de-turistas-varados-en-machu-picchu-por-protestas-en-peru/


【観光施設】
マチュピチュ遺跡を含む各遺跡・観光施設は14日(水)に閉鎖されており、15日(木)以降の再開について未発表です。
https://www.culturacusco.gob.pe/noticia/imagen/comunicado-cierre-de-la-red-de-caminos-inka-y-pan-machupicchu/

その他、道路封鎖により一部で食糧や燃料の運送が影響が出ておりますので市内公共交通手段、レストラン、商店などへの影響もあると報道されております。
https://rpp.pe/economia/economia/combustibles-bloqueos-impiden-el-normal-abastecimiento-en-regiones-noticia-1453575?ref=rpp
https://rpp.pe/economia/economia/protestas-en-peru-como-se-afecto-el-abastecimiento-de-alimentos-noticia-1453627?ref=rpp

非常事態宣言は30日間有効ですが、短縮・延長する可能性もありますので新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。

※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下 在ペルー日本大使館発信情報

From: 在ペルー日本国大使館
Sent: Thursday, December 15, 2022 3:55 AM
Subject: ペルー全土に対する非常事態宣言の発出(報道)

○14日、国防大臣が、ペルー全土を対象とした30日間の非常事態宣言が閣議で決定されたと発表しました(報道)。
○国内4カ所の空港が閉鎖されています。
○国内主要幹線の約50カ所で道路封鎖が行われています。鉄道も各地で運行が中断されています。
○国内各地で、抗議参加者による侵入・放火・略奪、治安当局との衝突による死傷者が確認されています。
○非常事態宣言期間中、人身の自由、住居の不可侵、集会の自由及び通行の自由といった憲法で保障された権利の一部が制限されます。
○不要不急の外出をせず、自身の安全の確保を最優先してください。

1 12月7日のカスティージョ前大統領の罷免に対する抗議活動は、ペルー国内各地において継続しています。

2 報道によれば、14日、オタロラ国防大臣が、暴力的な抗議活動に対応するため、ペルー全土を対象とした30日間の非常事態宣言が閣議で決定されたと述べたと報じられています。同大臣の発言によれば、今後、官報をもって詳細が周知されます。また、同大臣は、「強力で権威ある」対応をすると述べており、抗議活動に対抗する治安当局の対応も、一層徹底したものになる可能性があります。

3 14日現在、抗議活動による破壊活動や安全確保が困難であるとの理由で、以下の空港が閉鎖されています。状況によっては、今後、他の空港が閉鎖になる可能性も排除されませんので、留意してください。
 ・アプリマック州 アンダワイラス空港
 ・アレキパ州 アルフレッド・ロドリゲス・バジョン国際空港
 ・クスコ州 アレハンドロ・ベラスコ・アステテ国際空港
 ・プーノ州 インカ・マンコ・カパク国際空港(フリアカ市)

4 14日現在、国内主要幹線の約50カ所で道路封鎖が行われています。鉄道も各地で運行が中断されています。道路封鎖に遭遇した際は、無理に通過しようとせずに、安全な場所で事態の沈静化を待つことをお勧めします。抗議参加者の抗議の矛先は、ペルー政府だけでなく、富裕層にも向いていることを念頭においてください。

5 国内各地で、抗議参加者が、民間企業の工場、政府関係施設、インフラ施設、市中の商店に侵入・破壊・放火・略奪するなどして、治安当局との衝突により死傷者が確認されています。不要不急の外出を避けて、抗議活動を目撃した場合には、絶対に近づかず、自身の安全の確保を最優先してください。

6 非常事態宣言の発出により、ペルー国内では警察と軍が治安対策にあたり、期間中、人身の自由、住居の不可侵、集会の自由及び通行の自由といった憲法で保障された権利の一部が制限されます。

7 ペルーへ渡航・滞在を予定される方、及び既に滞在中の方は、不測の事態に巻き込まれないよう、以下のような安全対策を心掛け、十分注意してください。
(1)報道等で最新の治安情報の入手に努める。
(2)所持品は最小限度に留め、目につかないように携行する。身分証は必ず携行する。
(3)普段は比較的安全と思われる場所でも注意を怠らない。
(4)強盗に遭遇した場合、抵抗することにより傷害、殺人事件に発展するケースもあるため絶対に抵抗はせず、身の安全を第一に行動する。
(5)デモ等が実施された場合には近づかず、デモ等に遭遇した場合は速やかにその場から離れる。
(6)抗議活動が暴徒化した場合の標的になる可能性のある政府機関や警察関連施設には、必要のない限り近づかない。
(7)渡航・滞在する場合、道路封鎖等に備え、普段より時間に余裕をもって行動する。

【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 領事部
Av. San Felipe 356,Jesus Maria, Lima, Peru
電話:(+51-1)219-9551
consjapon@li.mofa.go.jp
https://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html

チリ/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件(イースター上陸条件変更)

2022.12.13
チリ
イースター島上陸にあたり、従来もとめられておりました
24時間以内検査によるPCR検査陰性証明書提示が
2022年12月1日より不要となりました。

ワクチン接種証明書は従来通りチリ入国時必要となります。
詳細はこちらでご確認ください。

詳細は以下のページにてご確認くださいませ。
チリ入国条件
https://www.t-latino.com/aftercorona/chile/

エクアドル/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件(マスク着用義務)

2022.12.09
エクアドル
在エクアドル日本大使館情報:マスク着用義務(エクアドル国家緊急事態委員会(COE)発表)(2022年12月09日付)
●12月7日、エクアドル国家緊急事態委員会(COE)は、新型コロナウイルスやインフルエンザ等呼吸器疾患の増加による感染予防策として、室内等におけるマスクの着用義務について発表しましたので、概要を以下のとおりお知らせします。

1 マスクの着用を義務とする場所等
(1)密閉されている空間、換気の悪い場所、ソーシャルディスタンスを保つことが困難な場所(例:職場、公共交通機関の車内、学校内等)
(2)病院、保健所、医療機関、研究所
(3)上記(1)(2)の場所にかかわらず呼吸器疾患の症状のある者は常時マスクを着用しなければならない。

2 マスク着用の推奨
 屋外における大規模なイベントや集会に参加する場合

3 その他
(1)感染予防対策として、手洗い、アルコール消毒及びソーシャルディスタンスを推奨。
(2)呼吸器疾患の症状がある場合、新型コロナウイルス検査を推奨。
(3)新型コロナウイルスまたはインフルエンザの検査結果が陽性となった場合、発症から5日間の自主隔離、また、隔離期間終了から5日間のマスク着用。
(4)新型コロナウイルスワクチンのブースター接種(3回目、4回目接種)及びインフルエンザワクチンの接種について、65歳以上の者、生後6か月から6歳までの子供、また妊娠中の者への接種を推奨。

 詳細につきましては、エクアドル保健省のHPからご確認願います。
https://www.salud.gob.ec/coe-nacional-resuelve-medidas-de-bioseguridad-por-aumento-de-casos-con-sintomatologia-respiratoria/

在エクアドル日本国大使館 
電話番号:+(593)2-2278-700
領事部メールアドレス: consular@qi.mofa.go.jp
当館ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

詳細はこちら
エクアドル/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件詳細はこちら
コロナ情報:エクアドル
https://www.t-latino.com/aftercorona/ecuador/

メキシコ/主要空港での出入国カード(FMM)不要に

2022.11.29
メキシコ
メキシコ入国時の出入国カード(FMM)について
従来メキシコ入国時に提出が求められて出入国事前手続きについて、
先日より試験的にメキシコシティ、グアダラハラ、カンクン、ロスカボスからの
入国者に対してFMMの出入国(事前登録および空港での紙の提出も)不要とし
パスポートへ直接入国スタンプを押印される形に変更されております。
上記以外の空港からの入国時には引き続き提出が求められますのでご注意下さい。
https://www.mexicotouristcard.com/new-advisory.html

以上その他ご不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
引き続き宜しくお願いいたします。

ブラジル/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件

2022.11.24
ブラジル
在ブラジル日本大使館情報:ブラジル国内空港におけるマスク着用義務について(2022年11月24日付)
◎ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)は、2022年11月25日(金)よりブラジル国内の空港施設において、マスク着用を義務付ける措置を発表しました。
 これによりブラジル国内の空港ターミナル、空港内輸送車両、航空機内でのマスク(不織布又は医療用(サージカル)マスク)の着用が義務付けられますので、ご留意願います。
◎ブラジル国内の感染状況を踏まえ、各個人におかれても、引き続き、必要な新型コロナウイルス感染症予防対策を行っていただくことをお勧めします。

ブラジル/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件詳細はこちら
コロナ情報:ブラジル
https://www.t-latino.com/aftercorona/brazil/

日本の入国手続きファストトラックはMySOS からVisit Japan Web へ移行

2022.11.01
日本国内 イベント
日本の入国手続きファストトラックはMySOS からVisit Japan Web へ移行
日本ご帰国・ご入国の際に必要となるファストトラックのサイトは
2011年11月1日よりVisit Japan Webのサイトへ移動しております。
こちらからファストトラックの登録をお願いいたします。
https://vjw-lp.digital.go.jp/

日本へご帰国前にファストトラックMYSOSアプリインストールを
お済ませください。
日本政府の認めるワクチンにて3回接種済みワクチン接種証明書提示により、
現地でのPCR検査および到着時の検査、自主隔離必要ありません。

ご案内詳細チラシhttps://www.jata-net.or.jp/wp/wp-content/uploads/inboud/421f3896f7ef4166590a1a345e0db0cb.pdf

ペルー/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件(ワクチン接種証明書もしくは陰性証明書提示不要に)

2022.10.29
ペルー
■在ペルー日本大使館情報:新型コロナウイルス関連情報(国家緊急事態令の廃止)(2022年10月29日付)
○ペルー政府は、国家緊急事態令及び社会的隔離措置を、10月28日より廃止することを発表しました。
○これまで一部の環境下で求められていたマスクの着用義務が廃止されます。
○入国時に必要とされていたワクチン接種証明書等の提示が不要となります。

よって今後ペルー渡航の際に入国および国内移動に際し必要となる書類および手続きはなくなりました!

詳細は以下の通り
10月27日、ペルー政府は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため発出されていた国家緊急事態令及び社会的隔離措置を、翌28日より廃止するとの官報を発表しました。
これまで求められていたマスクの着用義務(医療機関内、陸路の交通機関車両内、及び換気されていない屋内)が廃止されます。
入国時に必要とされていたワクチン接種証明書もしくは出発前48時間以内の陰性の結果証明書の提示が不要となります。

 【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 領事部
住所:Av. San Felipe 356,Jesus Maria, Lima, Peru
電話:(+51-1)219-9551
consjapon@li.mofa.go.jp
https://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html

詳細はこちら
ペルー/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件詳細はこちら
コロナ情報:ペルー
https://www.t-latino.com/aftercorona/peru/

パラグアイ/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件(ワクチン接種証明書、陰性証明書提示義務が不要に)

2022.10.27
パラグアイ
在パラグアイ日本大使館情報:パラグアイ入国制限措置の緩和(2022年10月24日から実施)
●パラグアイ厚生福祉省は、2022年10月24日から、これまでパラグアイ入国時に必要としていたワクチン接種証明書又は陰性証明書の提示を不要とする措置の開始を発表しました。

●黄熱に関しては、下記対象国からパラグアイに入国する方、及びパラグアイから同対象国に渡航する方は、引き続き黄熱予防接種証明書の提示が必要です。

 対象国:ボリビア、ブラジル、ペルー、ベネズエラ

詳細はこちら
パラグアイ/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件詳細はこちら
コロナ情報:パラグアイ
https://www.t-latino.com/aftercorona/paraguay/

エクアドル/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件(ワクチン接種証明書提示義務が不要に)

2022.10.21
エクアドル
在エクアドル日本大使館情報:エクアドルへの入国条件の解除(2022年10月21日付)
●エクアドル国家緊急事態委員会(COE)は、入国時における新型コロナウイルスの防疫対策の解除について、次のとおり発表しましたのでお知らせ致します。

1 入国条件の解除(10月20日午前0時以降)
 これまでエクアドル入国時に新型コロナワクチンに関する必要書類として求められてきた、
ワクチン接種証明書及び陰性証明書の提示義務が不要となりました。

2 入国時の必要書類
 これにより、エクアドル入国時に提示が必要な書類は、以下のとおりです。
(1)パスポート
(2)査証、滞在許可証
(査証及び滞在許可証は短期滞在(90日以内)の場合は不要です)
(3)健康カード
・エクアドル到着前の航空機内で配布されます。
・以下のURL(https://declaracionsalud-viajero.msp.gob.ec/
で、事前電子登録が可能ですが、表示されないケースが散見されています。その場合は機内で配布される用紙にご記入ください。
  なお、エクアドルで乗り継ぎ(トランジットエリアから出ない)は上記の書類は不要とのことです。

在エクアドル日本国大使館 
電話番号:+(593)2-2278-700
領事部メールアドレス: consular@qi.mofa.go.jp
当館ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

詳細はこちら
エクアドル/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件詳細はこちら
コロナ情報:エクアドル
https://www.t-latino.com/aftercorona/ecuador/

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について