中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

エクアドル / 海外旅行保険加入が必須となります

2018.08.08
エクアドル
エクアドル / 海外旅行保険加入が必須となります
2018年9月10日より、エクアドルへ入国する外国人旅行者に対し滞在期間中有効な任意保険の加入が必須となります。保険証券のコピー(英文)の提示が求められますので、事前にご準備頂きご旅行にお持ち下さい。

2018年8月7日(火)及び8月8日(水)にクスコにてストライキ予定

2018.08.07
ペルー
2018年8月7日(火)及び8月8日(水)にクスコにてストライキ予定
ペルー現地時間、明日8月7日(火)及び8月8日(水)にクスコにてストライキが実施されます。
アレキパ、モケグア、プーノ、タクナ、マドレ・デ・ディオス各州のドライバー達はクスコ市内でも業務が認可されることを行政に求めており、これを理由に交通業者はデモ行進・ストライキを行います。
デモ行進に参加するのはバン・ミニバンを保有する業者であり、行政が認めてない【バン・ミニバンによる長距離移動の公共交通機関】という規制に反対しており、バン・ミニバン車両を利用しての長距離の運送業の容認を行政に求めています。
クスコはペルー南部の観光業の中心であることから、観光業の車両であればバン・ミニバンでの乗客運送は認可されてますが、一般乗客の交通機関としての利用は禁じられているため、基本的な乗客運送は大型バスのみで行われております。これに伴い、バン・ミニバンを利用する個人業者は参入を求めて、各州から5,000人がクスコに集結して道路封鎖などを行うと予想されます。
*行政としては統計的にもバン・ミニバンが原因となる交通事故が多いため、一般交通機関としての参入を認めない方針です。

また、これに伴いポロイ発着、ウルバンバ発着のペルーレイル等のマチュピチュ行きの列車は全てオリャンタイタンボ発着へ変更となります。
これ以外にも基本的にスト・デモ行進は観光業への影響が無いように行われると報道されておりますが、道路封鎖や渋滞が発生する恐れもございますので十分にご注意ください。

イースター島の新法案が発行されました。

2018.08.02
チリ
イースター島の新法案が発行されました。
昨日2018年8月1日よりイースター島の新法案が発行されました。
新法案によりますとイースター島に滞在の最大可能日数は30日間(定住者・ビザ保有者除く)となり、従ってイースター島に向かう便を利用の際にはチェックインカウンターにて下記の書類提示が必要となります。
・パスポート
・イースター島を出発する帰路便の航空券
・イースター島滞在先名・住所記載の予約確認書
・イースター島上陸カード(空港カウンター配布)
https://www.latamtrade.com/de_de/meldung/Nueva_normativa_para_pasajeros_viajando_a_IPC_ENG
https://imaginaisladepascua.com/en/documents-to-travel-to-easter-island/

観光客の増加に伴う“美しいイースター島”を守るための新法案となります。

アルゼンチン/G20によりアエロパルケ空港一時閉鎖

2018.07.30
アルゼンチン
アルゼンチン/G20によりアエロパルケ空港一時閉鎖
2018年11月30日、12月1日にアルゼンチン・ブエノスアイレスにてG20首脳会議が開催されます。
https://g20.org/en/calendar

それに向けて今後、あらゆる分野でのG20会議が開催されており、日本を含め各国の大臣が出席しております。
11月30日からの首脳会議の影響により11月29日の15時より12月1日の22時までの3日間アエロパルケ(ホルヘ・ニューベリー)空港が一時閉鎖されます。
この期間ブエノスアイレスへ向かわれるお客様はエセイサ国際空港をご利用頂くこととなります。
通常より厳しいセキュリティーが敷かれ、発着便に影響が出る可能性がございます。
また市内でも交通規制が敷かれ観光や移動に影響がある可能性がありますので
上記期間中にブエノスアイレスを訪問予定の方は、ご注意お願い致します。
http://www.ambito.com/928759-cerraran-aeroparque-y-otros-tres-aeropuertos-durante-tres-dias-por-el-g20

以上ご確認よろしくお願い致します。

【 西日本営業所 移転のお知らせ 】

2018.07.26
日本国内 イベント
【 西日本営業所 移転のお知らせ 】

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社西日本営業所は2018年7月30日(月)より、下記住所に移転いたします。
これからも、サービスのさらなる向上をめざして努力してまいりますので、
今後とも一層のお引立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【新住所】(西日本営業所)

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-6-10
本町西井ビル8F
フリーダイヤル:0120-292-177
TEL:06-6147-3720
FAX:06-6147-3730

2019年7月皆既日食にむけて宿泊施設ご用意あります!

2018.07.04
アルゼンチン ,チリ
2019年7月皆既日食にむけて宿泊施設ご用意あります!
■チリ&アルゼンチン/2019年皆既日食情報■

来年2019年7月2日 南米大陸のチリおよびアルゼンチンにかけて皆既日食の現象がおこります。
この時期にあわせ既に観測帯となるエリアのホテルは1年以上前からほぼ満室状態がつづいておりますが、ラティーノではラ・セレナにおいて宿泊設備を確保してございます。!!!!!!
6人部屋1一室保有しておりますので相部屋ご利用前提となりますが1名様よりお申込可能です!
ご希望がございましたらお早目にお問い合わせください。

■皆既日食関連情報
日付:2019年7月2日(火)
1)イースター島から北へ約800kmの海上にて、現地時間15時21分頃
2)チリのラ・セレナ郊外にて、現地時間16時38分頃
3)アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外にて、現地時間16時42分頃

気象条件や観測地可能時間帯およびその条件など総合的にみますと、専門家の方の
ご意見としてはチリ側ラ・セレナ周辺からの観測が最適といわれております。
(勿論天候次第ではあります)

■空室状況
海岸沿いのラ・レセナからビクーニャという天文台のある内陸の都市のあたりでの
コテージの取扱いにて打診をつづけておりますがここ数か月どの取引先からも満室との
回答となっておりますが、ラ・セレナの宿泊にて空室が出ております。
詳細はお問い合わせください。

マチュピチュ入場規制 2019年1月1日より新たな法案が適応されます。

2018.06.12
ペルー
マチュピチュ入場規制 2019年1月1日より新たな法案が適応されます。
2017年7月よりマチュピチュ遺跡観光の入場制限関する法案が適応されておりますが、来年2019年1月1日より入場制限に関する新たな法案が適応されます。
こちらはペルー文化庁の新方針であり、遺跡へ入場してから4時間の最大滞在時間は変わりませんが、現在の午前・午後の二部制から、さらに細かく入場が制限され、下記のように入場時間帯枠によって出場時間が決定されます。
また遺跡退出後の再入場は不可となります。
http://tnews.com.pe/en-el-2019-el-tiempo-limite-de-visita-en-mapi-sera-de-4-horas-y-no-se-permitira-el-reingreso/

マチュピチュ遺跡観光 入場規定(2019年1月1日より)
入場時間      最大滞在時間        退場時間

06:00~07:00の間  入場してから4時間     10:00~11:00まで
07:00~08:00の間  入場してから4時間     11:00~12:00まで
08:00~09:00の間  入場してから4時間     12:00~13:00まで
09:00~10:00の間  入場してから4時間     13:00~14:00まで
10:00~11:00の間  入場してから4時間     14:00~15:00まで
11:00~12:00の間  入場してから4時間     15:00~16:00まで
12:00~13:00の間  入場してから4時間     16:00~17:00まで
13:00~14:00の間  17:30迄、入場してから4時間 17:00~17:30まで
14:00~15:00の間  閉園時間17:30まで      17:30まで
15:00~16:00の間  閉園時間17:30まで      17:30まで


「マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ入山」、「マチュピチュ遺跡+マチュピチュ入山」のチケットで入園する場合は上記の新規定は適応されず、現状の規定通りとなります。
その他のマチュピチュ遺跡入場に際してガイド同行義務の規則等も変更ございません。
以前ご案内したマチュピチュ遺跡の入場規定のラティーノニュースをご確認下さい。
最新の情報が入り次第再度ご案内致します。ご確認宜しくお願い致します。
※上記内容を転用の際は必ず情報提供元(株)ラティーノと記載をお願い致します。

催行決定!7月13日発オサガメ保護支援エコツアー6日間

2018.06.01
トリニダード・トバゴ
催行決定!7月13日発オサガメ保護支援エコツアー6日間
オサガメ保護支援エコツアー6日間【2018夏】
7月13日(金)発 催行決定!

大人気!地球の歩き方とのコラボ企画。オサガメ保護支援&野鳥センター訪問プログラム!7月13日(金)催行決定いたしました!!引き続き参加者を募集中です!⇒詳しくはコチラから!

ブログアップしました!
https://www.t-latino.com/blog/2018/06/kame.html

プエルトイグアス空港 工事終了 再開のご連絡

2018.05.17
アルゼンチン
プエルトイグアス空港 工事終了 再開のご連絡
以前よりご案内しております、アルゼンチン側イグアスの滝の観光拠点の空港プエルト・イグアス空港(IGR)ですが、昨日(現地時間:2018/5/16)より予定通り再開されました。
空港内ではまだ工事が続いている部分はございますが、便の発着には影響ございません。
世界三大瀑布 “イグアスの滝”へ是非!!

チリ/サマータイム終了

2018.05.15
チリ
チリ/サマータイム終了
サマータイム期間終了に伴い、以下の通り日本との時差が変わります。 フライトスケジュールなどにお気をつけください。

本土:-12時間 → -13時間
イースター島:-14時間 → -15時間
マガジャネス地方:-12時間(サマータイム実施なし)

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について