中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

ゴールデンウィーク期間休業のご案内

2023.04.19
日本国内 イベント
【ゴールデンウィーク期間の休業のご案内】
4月29日(土)〜4月30日(日)および、5月3日(水)~5月7日(日)の期間を 休業とさせていただきます。
5月8日(月)より通常営業を行います。
予めご了承くださいませ。

■日本ご帰国時の水際対策緩和について

2023.04.03
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,グァテマラ ,ベリーズ ,ホンジュラス ,エルサルバドル ,ニカラグア ,コスタリカ ,パナマ ,コロンビア ,ベネズエラ ,エクアドル ,ボリビア ,パラグアイ ,ウルグアイ ,アルゼンチン ,チリ ,ジャマイカ ,キューバ ,ドミニカ共和国 ,プエルトリコ ,トリニダード・トバゴ ,カナダ ,バハマ ,セントルシア
■日本ご帰国時の水際対策緩和について
*5月8日より水際対策緩和によりワクチン接種がお済でない方も日本帰国時の
現地でのPCR検査義務は不要となる見通しです。
正式決定されましたら現状ご提案リマでのPCR検査は不要となります。
現状まだ予定ではありますがお知らせまで
参考情報:厚生労働省
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2023C019.html

その他現状のコロナ各国の出入国制限については
こちらでご確認ください。
https://www.t-latino.com/aftercorona/index.html

メキシコシティ 2023年よりサマータイム廃止に

2023.04.02
メキシコ
今年2023年よりメキシコシティがある中部標準時間帯地域のサマータイムは廃止されました。
メキシコシティ
グアナファト
メリダ(ユカタン州)など 日本との時差:通年-15時間

カンクン(キンタナロー州)日本との時差:通年-14時間

キューバ:サマータイム制あり(夏時間-13時間)(冬時間-14時間)

コロンビア観光セミナーに参加してまいりました!

2023.03.31
コロンビア
コロンビア観光セミナーに参加してまいりました!
先日、観光を促進するプロコロンビアがコロンビア大使館にて
『コロンビア語学研修(語学旅行)観光セミナー』が開催され、ラティーノも参加して参りました。

コロンビア大使館には旅行業界と語学の関係者が集まり、コロンビアでのアクティビティや体験の紹介がありました。
中南米地域の中ではコロンビアでのスペイン語学習を目的とするお客様が増加している傾向です。

セミナーではコロンビア共和国 アンヘラ・ドゥラン臨時代理大使が
コロンビアのサステナブルツーリズム、食文化が多様なところや、スペイン語学習などの魅力を紹介されました。



コロンビアには8つの世界遺産がございます。
カルタヘナやボゴタの旧市街をはじめとするスペイン植民地時代の面影を残す美しい街並み
毎年8月に開催されるメデジンでの花祭りや、インスタ映えするカラフルな街並みのグアタペ、
そして今後ツアーの目玉となる“世界一美しいと呼ばれる川・カニヨクリスタレス”


またこの観光場所については今後ますます日本の観光客が増えていく見込みです。

国情報はこちら
コロンビア: https://www.t-latino.com/south-america/colombia/index.html
入国情報はこちらhttps://www.t-latino.com/aftercorona/colombia/
※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

アルゼンチン/全国空港職員ストライキ情報

2023.03.29
アルゼンチン
アルゼンチン国内報道によりますと、アルゼンチン空港職員組合の声明では4月5日(水)にストライキを実施し、ブエノスアイレス国内AEP空港、国際EZE空港、イグアス、カラファテなど全国54か所でも実施されます。ストライキの理由として以前に政府と賃金値上げなどの協定による改善されておらず、政府に対して早急な改善を求めている。
今後、政府は組合と協議を行い、ストライキの撤回される可能性もありますが、万が一予定どおり実行される場合でも、空港閉鎖されない見込みですが整備職員、税関職員、緊急職員などの不足によりフライト遅延、運休の可能性があります。
https://argentina.ladevi.info/aeropuertos/aeropuertos-paro-nacional-ate-anac-n50210

現時点でアルゼンチン空港管理局、アルゼンチン航空、ラタム航空による発表はありません。
新たな情報が入り次第改めてご連絡させて頂きます。
https://www.clarin.com/politica/semana-santa-amenaza-paro-aeropuertos-pais-previa-fin-semana-largo_0_dcyxCdyuaM.html

※その他の国・過去のニュースはこちら:https://www.t-latino.com/new/index.php

アエロメヒコ航空 成田~メキシコ区間 運航再開のお知らせ!

2023.03.28
メキシコ
かねてより再開が期待されておりましたアエロメヒコ航空の
成田~メキシコシティ間の運航が、コロナ禍の運休を経て
3年ぶりに3月26日より運航を再開しました!

東京~メキシコシティ間の直行便というだけでなく
ワクチン未接種により米国乗り継ぎが出来ない方や
米国ビザが必要な外国籍の方など需要は高く
中南米路線への接続便として今後活用できる路線として
大きな期待が持てる再開となっております。

■ダイヤ
AM57 東京/成田(14:25)〜メキシコシティ(12:10)/毎日
AM58 メキシコシティ(00:25)〜東京/成田(06:20+1)/毎日

関連ニュース
https://www.traicy.com/posts/20230327264862/

ウルグアイ/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件(ワクチン接種証明書もしくは陰性証明書提示不要に)

2023.03.09
ウルグアイ
在ウルグアイ日本大使館情報:ウルグアイ入国措置の変更(2023年3月01日付)
●ウルグアイ厚生省は3月1日付プレスリリースにて、ウルグアイ入国措置を変更しました。

 ウルグアイ厚生省は3月1日付プレスリリースにて、当国入国時の要件としていた衛生措置を廃止する旨発表し、旅行者を含む全ウルグアイ入国者は、国籍及び年齢を問わず、新型コロナウイルスワクチン接種証明書又は陰性検査証明書の提示が不要となりました。
 なお、外国人に対しては、ウルグアイへの入国条件として、引き続きウルグアイ国内で有効な海外健康保険または医療保険に加入している必要がありますので、ご留意ください。

<参考>
・ウルグアイ厚生省ホームページ
https://www.gub.uy/ministerio-salud-publica/comunicacion/publicaciones/requisitos-para-ingreso-uruguay-personas-nacionales-extranjeras

<在ウルグアイ日本国大使館ホームページ(領事情報)>
https://www.uy.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryoji.html

***************************************************
在ウルグアイ日本国大使館 領事班
Bulevar General Artigas 953, Montevideo, Uruguay
Tel: +598-2418-7645
Fax: +598-2418-7980
e-mail: ryoji-bu-uruguay@mv.mofa.go.jp

詳細はこちら
ウルグアイ/ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書・入国条件詳細はこちら
コロナ情報:ウルグアイ
https://www.t-latino.com/aftercorona/uruguay/

ボリビア/注意喚起(長距離バス内での邦人被害とする窃盗事案の発生)(ボリビア大使館情報)

2023.03.07
ボリビア
在ボリビア日本大使館からの報告によると
2023年3月、ウユニからラパス間を運航する長距離バスで移動中の邦人旅行者の5名のうち3名が、現金および電子機器類を盗まれる被害にあったとの報告が出ております。

ボリビア大使館情報:2023年3月ボリビアにおける長距離バス法人被害窃盗事案について
https://www.bo.emb-japan.go.jp/itpr_ja/robo20230306.html

弊社ラティーノではラパス⇔ウユニ区間に限らずですが、長距離バスのご手配は一切お受けしておりません。
不特定多数の方の乗り合わせる車両では、何が起きても責任を負えません。また長距離バスは急な時間変更や万が一事故などが発生してもガイドが乗り合わせておりませんので全てご自身で対応しなくてはなりません。

ラティーノではラパス⇔ウユニ間の移動につきましては
少しでも安い夜行長距離バスではなく、空路移動をご提案しております。
また陸路の場合は専用車にて専属ガイド対応でのご手配とさせて頂いておりますので、スリなどの心配もする必要もなくゆっくりとお休み頂きながらの移動が可能です。
まだまだこういったスリ被害なども横行しているエリアだからこそ、安心の為の費用は惜しまずご利用頂くことをお勧めいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注意喚起(長距離バス内での窃盗事案の発生)令和5年3月6日付
●本年3月、邦人を被害者とする長距離バス内での窃盗事案が発生しました。
同種の事件は一瞬の隙をついて至るところで起こりうる可能性がありますので、ご注意ください。

1 事件概要
 本年3月、長距離バスでウユニからラパスに移動した邦人旅行者5名のうち3名が、
 降車後に現金及び電子機器等がなくなっていることに気づいた。
 なお、財布から現金のみが抜き取られていた。

2 被害品
 現金、電子機器及びカメラ。人的な被害は無し。

3 防犯対策
(1)荷物からは決して目を離さず、自分の体から離れた場所に置かない。
(2)常に警戒心を維持し、時折周囲に視線を向けるなど、警戒心を顕示し狙われにくくする。

○在ボリビア日本国大使館

ペルー最新ニュース

2023.02.16
ペルー
ペルー最新ニュース
市民による反政府デモの影響で閉鎖されていたマチュピチュ遺跡が再開され、
遺跡入口でお祝いの儀式がありました。

 


リマ~クスコのフライトはほぼ通常通りに運航継続中です。
マチュピチュ列車も徐々に本数を増加しております。そして来週から更に増加する見込みとなっております。

マチュピチュ遺跡の入場料発売も再開されました。



尚、状況は流動的になっておりますので進捗情報が入り次第改めてご連絡させて頂きます。

その他情報:
外務省:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_261.html#ad-image-0
大使館:https://www.pe.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_01361.html

メキシコ/すべての国際空港での出入国カード(FMM)不要に

2023.02.13
メキシコ
メキシコ入国時の出入国カード(FMM)について
昨年より段階的に主要空港で廃止がすすめられておりましたが
2022年12月15日よりメキシコ国内すべての国際空港において
従来メキシコ入国時に提出が求められて出入国事前手続きについて、
FMMの出入国(事前登録および空港での紙の提出も)不要とし
パスポートへ直接入国スタンプを押印される形に変更されております。
https://www.mexicotouristcard.com/

以上その他ご不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。
引き続き宜しくお願いいたします。

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について