中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

キューバ

キューバ/ハバナ革命広場工事のお知らせ

2018.11.01
キューバ
キューバ/ハバナ革命広場工事のお知らせ
ハバナのベタード地区(新市街)に位置し、観光スポットとしても人気の革命広場ですが、現在、電気設備工事のため広場への入場が出来なくなっております。
このため、バス、クラシックカー、タクシー等の車両は、広場の前にあります劇場Teatro Nacionalに駐車し、広場の外側から観光、写真撮影して頂くこととなります。
この工事は11月中旬には終了する予定ですが、新たな情報が入り次第ご連絡させていただきます。
以上ご確認よろしくお願い致します。

キューバ/米国経由について

2017.12.01
キューバ
キューバ/米国経由について
昨年8月より米国発キューバ行きのフライトは56年ぶりに再開され、以降は観光以外の渡航目的のみという制限付き渡航で米国からのキューバ渡航が認められておりますが、渡航する際に米国側の制限により下記のキューバのホテル数十軒の宿泊については禁止とされております:
https://www.state.gov/e/eb/tfs/spi/cuba/cubarestrictedlist/275331.htm

ハバナだけでも27軒のホテルはリストに含まれており、中には人気ホテルの:Gran Hotel Manzana Kempinski、Hotel Palacio O'Farrill、Hotel Telégrafo、Hotel Park View など、バラデロなどのホテルもリストに含まれてますので米国経由での渡航の際はご注意下さい。

*制限は国籍問わず、米国経由する渡航者全員に適用されますので米国経由する場合は注意が必要ですが、メキシコ経由、カナダ経由、フランス経由、トルコ経由、イタリア経由、オランダ経由、スペイン経由、スイス経由、中南米各国などの米国以外での経由であれば制限適用されません。
*従って、通常米国以外の経由でキューバ訪問される日本観光客に関して問題無く人気のキューバ観光を、ご希望のホテルで通常通りの滞在は可能です。

尚、リマインドになりますが、米国経由のキューバ渡航の際はツーリストカードでの渡航は不可となっておりまして、米国政府はキューバへの渡航に関する規則(キューバ資産管理規則(CACR))に伴い、観光目的での米国経由渡航は不可になっており、CACRが定める12のカテゴリーのみでの渡航が可能であり、いずれの場合は事前のビザ取得が必要になりますので、ご渡航されるあらかじめご確認の上手続きを行う必要があります。

<米国・キューバ間の渡航に関する諸規則>
○キューバ資産管理規則(CACR)
http://www.ecfr.gov/cgi-bin/text-idx?SID=8359a69eb280b7bc9bdfb2e945f3319b&mc=true&tpl=/ecfrbrowse/Title31/31cfr515_main_02.tpl

キューバ/ハバナ 国際音楽フォーラム

2017.11.13
キューバ
キューバ/ハバナ 国際音楽フォーラム
キューバの首都ハバナでは今月27日から30日にかけて、国際音楽フォーラム(Primera Linea)が開催されます。

キューバ音楽大学のアレハンドロ・グマ副会長は、独自の発展を遂げているキューバ音楽を世界に発信し、また才能あるアーティストを世に知ってもらうことが目的と語っており、伝統音楽だけでなくクラシックやジャズ、ダンスミュージックなど、ジャンル関係なく紹介されます。
http://www.primeralinea-cuba.com/pics/photos/pl_2016%20(15).jpg

このイベントPrimera Lineaではキューバの音楽をワークショップ、講演会、展示物、コンサートを交え紹介され、ハバナ市内の音楽発展において重要な場所であるレコーディングスタジオ、ライブ会場、音楽学校、ダンス場へ専門家と一緒に訪問します。
国際会議の会場はハバナ旧市街に位置する美しい装飾の劇場Great Theatre of Havanaとなります。

Primera Linea :2017年11月27日~30日(4日間)
http://www.primeralinea-cuba.com/index.php

音楽で溢れている国、キューバ音楽文化を最大限に楽しめる機会となります。
ご興味ある方、是非お問合せ下さい!

映画『エルネスト』公開記念キューバツアー募集開始いたしました

2017.10.06
キューバ
映画『エルネスト』公開記念キューバツアー募集開始いたしました
映画『エルネスト』いよいよ6日より全国ロードショー
http://www.ernesto.jp/
キューバを舞台に繰り広げられる実在した日系人の物語。
チェ・ゲバラとともにその時を生きたもう一人の「エルネスト」
フレディ前村に焦点を当てたこの映画。
ラティーノではこの度映画公開記念ツアー募集を開始いたしました!
是非この機会に二人のエルネストを辿るキューバへ!
サンタクララのチェ・ゲバラ記念霊廟や、トリニダ―、ハバナ市内など
チェに纏わる史跡を中心に6日間で巡るキューバツアー見どころ満載です!
映画を観た後に、ロケ地を巡れば感動もひとしおです!
安心の全行程添乗員同行ツアーですのでひとりではちょっと不安という方もぜひ、ご参加ください。
ツアー詳細はこちら↓
https://www.t-latino.com/tour-list/detail.php?id=197

キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報6

2017.09.19
キューバ
キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報6
ハリケーン・イルマにより大きな被害を受けたキューバでしたが、ラウル・カストロ政権による迅速な回復作業により、現状ハバナは
ほぼ通常通り観光可能となっております。
ヘミングウェイ博物館は現在博物館清掃中となっております。再オープンの日時に関しましては追ってご報告させていただきます。
またキューバの中央部に位置する世界遺産の街トリニダーについてですが、市内の博物館は営業しており、ほぼ通常通り観光可能となっております。
アンコンビーチに面しているアンコンホテルなどの一部のホテルでは現在清掃に専念する為閉鎖となっております。

またハリケーン・イルマに見舞われたばかりのカリブ海では新たにカテゴリ5のハリケーン・マリア(Maria)が発生しており、今後米領バージン諸島・プエルトリコに接近、上陸すると見込まれており、注意が必要となります。
Hurricane Maria track
http://edition.cnn.com/2017/09/18/americas/atlantic-storms-maria-jose-lee/index.html

キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報5

2017.09.13
キューバ
キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報5
ハリケーン・イルマにより大きな被害を受けたキューバでしたが、軍や市民による素早い回復作業により、本日からハバナは停電も解消され、学校も明日から再開となり、街は正常に機能し始めております。
旧市街や主要道路は木々が倒れ通行止めとなっている箇所が多々あり、現在清掃作業を待つ段階ですが、車両の通行、観光に特に支障はない模様です。

下記現状報告です。ご確認下さい。
●空港について:
昨日ご案内しましたとおり、現地時間12日よりハバナ空港は再オープンし、アエロメヒコ航空便などは通常通り、ハバナ線を運航されております。
現在、出発待ちのお客様などで、数日間は空港が混雑するであろうと予想しておりますので、早めの空港への出発、早めの対応にて、お客様の出発アシストを行っていく必要があります。

●ホテルについて:
先日に続き様々なホテルより通常営業の報告が入っております。
ハバナホテルに関しましては、メリアコイーバやベダドホテルなどの新市街のホテル、また旧市街の主なホテルは正常に通常営業しております。

バラデロホテルに関しましてはホテルにより状況は異なります、現在清掃や修理を急いで行っており、今週末頃から通常通りの営業が可能となる見込みです。
・メリア・ラス・アメリカスは営業しています。
・メリア・バラデロは営業しています。
・イベロスター・バラデロは通常営業しています。
・メモリーズとグランメモリーズバラデロはまだ停電で営業しておりません。

●観光について:
ハバナ旧市街、コヒマルの観光箇所は問題なく歩ける状況です。
ハバナの入場関係施設:ラム酒博物館や革命博物館などは明日から営業再開予定です。
ヘミングウェイ博物館は庭の木々が倒れ現在閉鎖しておりますが、来週より再開予定です。

●レストランについて:
ハバナ旧市街のレストラン(ボデギータ、フロリディータ、テンプレーテ、コヒマルのテラサ)は通常営業しております。

以上、ご確認のほど宜しくお願い致します。

※上記内容を転用の際は必ず情報提供元(株)ラティーノと記載をお願い致します。

キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報4

2017.09.12
キューバ
キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報4
先日よりお伝えしております、ハリケーン・イルマ(IRMA)ですが、
現在は勢力を熱帯低気圧に落としております。イルマが直撃したキューバやカリブ海諸島では大雨や強風の被害も大きく、多数の死者も出ております。
キューバ政府は11日、国営メディアを通じイルマによって国内で10人の死亡が確認されたと発表しました。死者は海水進入で浸水した首都ハバナや、マタンサス、カマグエイ、シエゴ・デ・アビラで報告されております。

ロイター通信によると、イルマによってカリブ海諸国ではキューバを含め合計38人が亡くなったと報じられております。
キューバ政府は、沿岸地域の一部で停電し、民家や観光施設に大きな被害が出ていることを明らかにしておりますが、ラウル・カストロ政権による素早い回復作業により、停電も徐々に回復しております。
現在キューバでは落ち着きを取り戻しつつあり、ハバナなどの空港も閉鎖も解かれフライトも再開されております。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGT12H0S_S7A910C1EAF000/
http://www.eluniverso.com/noticias/2017/09/11/nota/6376735/10-muertos-provoco-paso-huracan-irma-cuba
新たな情報が入りましたら再度ご連絡させて頂きます。

キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報3 

2017.09.11
キューバ
キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報3 
先日よりお伝えしております、ハリケーン・イルマ(IRMA)の続報です。
キューバ現地時間9月09日にハリケーンIRMA がキューバ上空を通過しました。
現在既にハリケーンIRMAはアメリカのフロリダ州を上陸しております。
キューバ通過時カテゴリー3(最大風速60キロ)と大型ハリケーンの状態でキューバ北東部から西に移動、MATANZAS(バラデロ)エリアからアメリカのフロリダ州南部へと移動していきました。

現在ハリケーンは通過したものの、未だに風速40-50キロの突風が発生していると報告が入っております。又、雨自体は殆どやんでおりますが、大型の波(5-6メーター)がハバナ海岸沿いを襲っております。(しかし徐々に弱まっております。)
ハバナや地方都市 SANCTI SPIRITUS CAMAGUEY ,MATANZAS などでは、町中の電信柱や木が倒れたり、洪水などが起きております。

現時点ではハバナ空港が11日まで終日閉鎖、12日から再オープンと報告が入っておりますが、本日から開始されている空港施設や滑走路へのダメージ確認作業の結果によりましては、閉鎖が延長される可能性もあります。
11日~15日ハバナ到着便には影響が発生する見込がございますので、予めご注意頂ますようお願い致します。

ハバナやバラデロ、その他都市のホテルに関しましては、現時点では正確な被害情報が届いておりませんが、ハバナ/バラデロの大型ホテル(MELIA 系列)などは大きな被害は発生していなく、現在も通常営業を行っております。
(10日18時・直接ホテルに電話して確認済み)

キューバ滞在中のお客様に関しまして、ホテルにより8日-9日中に、町中別のホテルに避難移動をして対応(特に海沿いのホテルでの対応)、ホテルにより状況は異なりますが、お客様の安全第一を考えて行動をとっております。

今後のキューバに関しまして:
ラウル・カストロ政権による、素早い回復作業が既に開始しております。
被害の多かった地域では軍や市民による回復作業が開始されておりますので、早い回復を期待できます。


==============================================================================
下記、在キューバ日本大使館発出情報も併せてご確認下さい。(2017/9/10発出情報)

○ハリケーンイルマは依然カテゴリー4の強い勢力を保ったままキューバ北岸を通過
中です。
○ハバナ県では、本9日午前から海岸部で海水の流入が始まると予報されています。
○最新の気象情報及びキューバ当局(Estado Mayor de Defensa Civil)の発表をよく
確認し,適切な安全対策を講じてください。


1 ハリケーン・イルマは,カテゴリー4の非常に強い勢力〔中心付近の風速250km/h〕を保ったまま,キューバ北岸沖を時速19キロで通過しています。依然西北西に進路をとり,途中で北に進路を変える見込みです。引き続き各地で大雨,強風,高波が見込まれます。

2 キューバ当局(市民防衛本部)は,9日9時現在以下の警報を発出しています。
(警報のそれぞれの意味は注をご覧ください)ハバナは,警報フェーズに段階が上がりました。
(1)警報フェーズ:グアンタナモ,サンティアゴ・デ・クーバ,グランマ,オルギン,ラス・トゥナス,カマグエイ,シエゴ・デ・アビラ,ビジャ・クララ,サンクティ・スピリトゥ,シエンフエゴス,マタンサス、マヤベケ,ハバナ,アルテミサ
(2)警戒フェーズ: ピナール・デル・リオ
(3)情報提供フェーズ: フベントゥ島
<注>
(1)警報フェーズ:大型ハリケーンが18~72時間以内に接近又は上陸する。
このフェーズは、指定される地域がハリケーン中心部に結びついた強風、すなわち相当に激しい強風によって直接被害が及ぼされると予想される時にのみ発出され,防災上の措置をとり,不要な外出禁止や避難指示に従うべきことが定められている段階
(2)警戒フェーズ:大型ハリケーンが36-60時間以内に接近又は上陸する可能性があるため,具体的な防災上の措置をとる段階
(3)情報提供フェーズ:大型ハリケーンが60-72時間以内に接近又は上陸する可能性があるため,必要な防災上の準備を始める段階

3 警報フェーズに入った地域では、今後、特に洪水や強風に対して、外出禁止、避難指示等の当局からの指示がある可能性がありますので、よく注意して行動してください。万一、災害に巻き込まれた場合には、当局の情報提供、指示に従い、安全確保に努め、在キューバ大使館に連絡してください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
 ○海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html(スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(モバイル版)

 ○ 在キューバ日本国大使館
住所:Centro de Negocios Miramar, Edi. 1,5 to. Piso, Ave. 3ra, Esq. a 80,
Miramar, Playa, Habana, Cuba (Apartado No. 752)
電話:07-204-3355
  国外からは(国番号53)7-204-3355
FAX:07-204-8902
  国外からは(国番号53)7-204-8902
ホームページ: http://www.cu.emb-japan.go.jp

キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報2

2017.09.08
キューバ
キューバ・中米カリブ/ハリケーン・イルマの接近に関して*続報2
先日よりお伝えしております、ハリケーン・イルマ(IRMA)についての続報2です。
現在最も強い「カテゴリー5」を維持したまま、キューバから米国フロリダ半島に接近しており、キューバでは、観光客3万6千人に影響が及ぶ恐れもございます。
https://www.clarin.com/mundo/cuba-evacua-36-000-turistas-amenaza-huracan-irma_0_SkInfC0FZ.html

キューバ政府観光省によると、影響を受けるとみられる中部から北部の海岸を訪れている観光客に、事前の避難などを呼びかけており、キューバ当局(市民防衛本部)も以下の地域に警報を発出しています。

(1) 警報フェーズ:グアンタナモ,サンティアゴ・デ・クーバ,グランマ,オルギン,ラス・トゥナス,カマグエイ,シエゴ・デ・アビラ,ビジャ・クララ(カイバリエン市)

(2) 警戒フェーズ:サンクティ・スピリトゥ,シエンフエゴス,マタンサス,ビジャ・クララ(カイバリエン市を除く)

(3) 情報提供フェーズ:マヤベケ,ハバナ,アルテミサ

====================================================================================
下記、在キューバ日本大使館発出情報もご確認下さい。
○ハリケーン・イルマがカテゴリー5に勢力を強め,キューバに接近しています。
○最新の気象情報及びキューバ当局(Estado Mayor de Defensa Civil)の発表をよく
確認し,適切な安全対策を講じてください。


1 ハリケーン・イルマがカテゴリー5に勢力を強め,キューバに接近しています。
7日午後4時の気象情報によれば,イルマは,キューバ東端から東に400Kmのと
ころを西北西方面に26km/hの速度で進み,中心付近の風速は280Km/h。
8日早朝にキューバ東端の北岸沖に到達し,キューバの北岸沖を西北西方面に島に
沿った形で移動し,途中で北に進路を変える見込みです。キューバには上陸しないも
のの,各地で大雨,強風,高波が見込まれます。

2 キューバ当局(市民防衛本部)は,7日11時現在以下の警報を発出していま
す。(警報のそれぞれの意味は注をご覧ください)
(1) 警報フェーズ:グアンタナモ,サンティアゴ・デ・クーバ,グランマ,オル
ギン,ラス・トゥナス,カマグエイ,シエゴ・デ・アビラ,ビジャ・クララ(カイバ
リエン市)
(2) 警戒フェーズ:サンクティ・スピリトゥ,シエンフエゴス,マタンサス,ビ
ジャ・クララ(カイバリエン市を除く)
(3) 情報提供フェーズ:マヤベケ,ハバナ,アルテミサ
<注>
(1) 警報フェーズ:大型ハリケーンが18~72時間以内に接近又は上陸する。
このフェーズは、指定される地域がハリケーン中心部に結びついた強風、すなわち相
当に激しい強風によって直接被害が及ぼされると予想される時にのみ発出され,防災
上の措置をとり,不要な外出禁止や避難指示に従うべきことが定められている段階
(2) 警戒フェーズ:大型ハリケーンが36-60時間以内に接近又は上陸する可
能性があるため,具体的な防災上の措置をとる段階
(3) 情報提供フェーズ:大型ハリケーンが60-72時間以内に接近又は上陸す
る可能性があるため,必要な防災上の準備を始める段階

3 つきましては,引き続き,ハリケーン情報や当地の気象情報の収集に努め,ハリ
ケーンによる被害が予想される場合には渡航・外出を控える,あるいは日程・移動経
路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてくだ
さい。
  
4 万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安
全確保に努めるとともに,最寄りの在外公館(下記連絡先)まで連絡してください。

5 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝
えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届
を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時
受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

(問い合わせ先)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
 ○海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

○ 在キューバ日本国大使館
住所:Centro de Negocios Miramar, Edi. 1,5 to. Piso, Ave. 3ra, Esq. a 80,
Miramar, Playa, Habana, Cuba (Apartado No. 752)
電話:07-204-3355
  国外からは(国番号53)7-204-3355
FAX:07-204-8902
  国外からは(国番号53)7-204-8902
ホームページ: http://www.cu.emb-japan.go.jp/


ON TIME でイルマの状況確認できます。:
http://bit.ly/2wI0CC3
これらの地域への渡航・滞在を予定されている方は、最新の気象情報入手に努め、
適切な安全対策に努めて下さい。

ラティーノツアー販売開始しました!

2017.09.01
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,ボリビア ,アルゼンチン ,キューバ
ラティーノツアー販売開始しました!
========================================================================
◆◇南米専門旅行会社 (株)ラティーノVAMOSパッケージツアー販売開始!◇◆
========================================================================
ラティーノでは安全に、安心にをモットーに皆様のオーダーメイドのご旅行を
ご提案してまいりましたが、この度ラティーノオリジナルパッケージツアー販売を
この度開始いたしました!

これまでも数多くのお客様よりご要望をいただいておりましたが、中南米
スペシャリストであるラティーノだからこそご提案できるこだわりのツアーです。
是非この機会にご旅行ご検討くださいませ!

△▼▽▼△▼▽▼△▼▽▼△▼▽▼△▼▽▼△▼▽▼△▼▽▼△▼▽▼△▼▽
 ■ラティーノツアーラインナップ一覧はこちら!
 ⇒https://www.t-latino.com/tour-list/
---------------------------------------
 <イチオシツアー>
 ▼アルゼンチン1か国でも大満足 イグアス&パタゴニア満喫10日間▼
 アルゼンチン1か国大満喫!! ブエノスアイレスからパタゴニア、
イグアスの滝まで10日間で巡ります
 ⇒https://www.t-latino.com/tour-list/detail.php?id=188


 ▼魅惑のキューバじっくりディープな10日間▼
 サンティアゴデクーバまで巡る10日間。
 せっかくならキューバをしっかり見たいという方におススメ!
 ⇒https://www.t-latino.com/tour-list/detail.php?id=187


 ▼ウユニ塩湖 アタカマ通り抜け12日間▼
 今注目のウユニ塩湖を満喫しながら国境を越えチリへ
様々に変わりゆく景色に故郷を求めて
 ⇒https://www.t-latino.com/tour-list/detail.php?id=19


 ▼自然大好き!ブラジル ネイチャーツアー11日間▼
 ブラジルの絶対訪れたいスポット アマゾン、マナウス&ボニート訪問
アマゾンでは、2泊3日のパッケージプランにご参加頂きます。
 ⇒https://www.t-latino.com/tour-list/detail.php?id=15
 
=============================================

▼ラティーノツアー販売に向けて
休暇を取得することが難しい我々日本人にとって弾丸ツアーは需要がありますが、
日々移動ばかりで忙しすぎて後から写真を確認しないと何をしたのかも覚えてない・・・
などという声も聞こえてきます。
我々ラティーノがご提案させていただく募集型ツアーは、中南米スペシャリストとして、
現地を熟知しているものだからこそお勧めできる、ゆとりかつ内容あるツアーです。

またお一人様参加だとどうしても高額になるプライベート旅行ですが、募集型ツアーで
弊社のお客様とご旅行頂くことによって料金も抑えられるメリットもございます。

まずはラティーノツアー第一弾となりますが今後もこんなツアーが欲しかった!と
いっていただけるものを造れるよう目指して順次ツアーを設定してまいります!
ご要望などありましたら是非お聞かせいただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について