中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

ベネズエラ

ベネズエラ/反政府デモについて*続報2

2017.08.07
ベネズエラ
ベネズエラ/反政府デモについて*続報2
先日よりご案内しておりますベネズエラでのデモについて続報です。

8月4日(金)ベネズエラで憲法改正の草案作りを担う制憲議会が招集されました。
このような政情不安の中、6日(日)約20人の武装グループがマドゥロ政権への蜂起を呼び掛け、首都近郊バレンシアの軍基地(Fuerte Paramacay)を襲撃しましたが間もなく軍に制圧されました。

この交戦で武装グループ側の2人が死亡、1人が負傷し、7人が身柄を拘束されました。

襲撃が行われた軍基地(Fuerte Paramacay)からバレンシア空港までは約20kmの距離に位置致します。
またバレンシア市内からカラカス市内までは約170km、ギアナ高地に位置するカナイマ国立公園までは約1200kmとの距離がございます。

首都カラカスをはじめ、軍により反政府デモの動きは封じられた状態となっておりますが、
今後も十分注意する必要です。
同地にご滞在中の方、またこれからご旅行をご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。

軍基地 〜 バレンシア空港 の位置関係図
バレンシア 〜 首都・カラカス の位置関係図
バレンシア 〜 カナイマ国立公園(ギアナ高地) の位置関係図

ベネズエラ/カラカス反政府デモについて*続報

2017.08.01
ベネズエラ
ベネズエラ/カラカス反政府デモについて*続報
政情不安が続くベネズエラで7月30日、新憲法制定のための制憲議員選挙が行われました。
ニコラス・マドゥロ政権はこの憲法改正により、野党の議会効力を弱め、国会の権限を奪う姿勢を表明しており、投票日となった30日、国内各地では激しい反政府デモが行なわれました。
決死のデモの結果、30日だけで10〜15人が死亡したと警察側は発表しており、4月以降のデモによる死者数は121人、逮捕者は2千人を超えました。

選挙管理委員会によると、全有権者の41%に相当する800万人が投票したと発表。
野党の選挙中止要請にも関わらず、マドゥロ政権は「勝利宣言」をし、与党が議席を独占する見通しです。
早ければ8月2日にも制憲議会を発足させ、国会を閉鎖する意向を示しております。

これに対し米国、欧州連合(EU)、中南米諸ヵ国は制憲議員選挙の結果を「受け入れない」と表明。
カラカスへの運行休止を発表した航空会社はここ3年で8社となり(Air Canada, Alitalia, Lufthansa,
Latam, Aeroméxico, Gol, Tiara Air y United Airlines, Avianca)、今後も経済制裁などが行われる見通しです。

※現在運航中の航空会社は次の通りです。:
Air France, Turkish Airlines, American Airlines, Delta, Iberia, TAP Portugal y Air Europa.
https://jp.reuters.com/article/venezuela-politics-idJPKBN1AG10W
http://www.elpais.com.uy/mundo/constituyente-maduro-nace-jornada-sangre.html

制憲議会議員選挙に抗議し、今後、野党デモが激化する可能性がございます。
在ベネズエラ日本国大使館からの注意喚起なども御確認ください。


【安全情報】2017年07月31日(No.62/2017)
野党連合MUD支持者等による抗議集会に関する注意喚起
http://www.ve.emb-japan.go.jp/files/000277030.pdf

ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止*続報

2017.07.28
ベネズエラ
ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止*続報
昨日配信致しましたアビアンカ航空のカラカス路線の休止のニュースですが、昨日時点で8月17日から運航休止との発表でしたが、前倒しされ、本日(ベネズエラ時間)7月27日より「ボゴタ-カラカス」、「リマ-カラカス」間の運航が休止されることとなりました。
このアビアンカ航空の突然のカラカス路線運航休止により、約1万3千人に影響が出ます。
本日以降アビアンカ便にてコロンビア〜ベネズエラ間のご予約・航空券をお持ちの
方につきましては全額払い戻しを受け付ける旨、アビアンカより連絡が入っております。
近日中にご利用予定の方は直接御確認お願い致します。
http://caracol.com.co/radio/2017/07/27/nacional/1501182325_204043.html

http://www.eluniverso.com/noticias/2017/07/27/nota/6300796/se-adelanta-suspension-vuelos-avianca-venezuela

ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止

2017.07.27
ベネズエラ
ベネズエラ/アビアンカ航空 ベネズエラ路線の休止
コロンビアの航空会社アビアンカ航空は、8月16日より「ボゴタ-カラカス-ボゴタ線」、「リマ-カラカス-リマ線」を休止することを発表致しました。
昨今のベネズエラの情勢不安・経済状況の悪化が理由となり今回ベネズエラ路線の運行休止が決定されました

カラカスへの運行休止を発表した航空会社はここ3年で7社となります。
Air Canada, Alitalia, Lufthansa, Latam, Aeroméxico, Gol, Tiara Air y United Airlines.
(理由としては、いずれもベネズエラの外貨持ち出し制限による損失の拡大を理由に撤退しました。)

現在運航中の航空会社は次の通りです。:
Air France, Turkish Airlines, American Airlines, Delta, Iberia, TAP Portugal y Air Europa.

日本でも報道されておりますが、ベネズエラでは現在、政府の政策に対する市民反対運動が行われており、軍との衝突で100人以上の死亡者が出ております。

また7月30日(日)には政府側が憲法改正の是非を問う選挙が行われます。
これに抗議する市民団体の反対運動が7月29日(土)・30日(日)に開催される見通しです。
従って、今週末は政府と反政府の対立が激化する恐れがあり、治安が悪化する可能性があるため、
海外から現ベネズエラ政権に圧力をかけて30日の選挙を中止するように呼び掛けてます。

ご旅行の際には外務省海外安全ホームページをご確認下さい。
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/info/pcinfectionspothazardinfo_260.html#ad-image-0


以上ご確認のほどよろしくお願い致します。

ツーリズムEXPOジャパン 開催されました

2016.09.25
ペルー ,グァテマラ ,ベリーズ ,ニカラグア ,コロンビア ,ベネズエラ ,エクアドル ,チリ ,日本国内 イベント ,ドミニカ共和国
ツーリズムEXPOジャパン 開催されました
毎年東京ビッグサイトにて開催されている『ツーリズムEXPOジャパン』
本年は9月24日(土)〜25日(日)開催されました。
サイト
http://www.t-expo.jp/

中南米の国々もたくさんの国が出展しておりますが、本年弊社ラティーノ
では主催者であるJATAさんからのご依頼いただき、中南米エリアの
9か国のご紹介をミートザワールドエリアにて展開しております。
パネル展示と資料もご用意。たくさんの方にお立ち寄りいただき有難うございました。

*ドミニカ共和国 (Dominican Republic)
*ニカラグア共和国(Republic of Nicaragua)
*グアテマラ共和国(Republic of Nicaragua
*ベリーズ(Belize)
*エクアドル共和国(Republic of Ecuador)
*チリ共和国(Republic of Chile)
*コロンビア共和国(Republic of Colombia)
*ペルー共和国(Republic of Peru)
*ベネズエラ・ボリバル共和国(Bolivarian Republic of Venezuela)

他に例を見ない世界最大級の旅の祭典です 是非お越しください!

黄熱病予防接種証明書が生涯有効に

2016.07.11
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,グァテマラ ,ベリーズ ,ホンジュラス ,エルサルバドル ,ニカラグア ,コスタリカ ,パナマ ,コロンビア ,ベネズエラ ,エクアドル ,ボリビア ,パラグアイ ,ウルグアイ ,アルゼンチン ,チリ ,ジャマイカ ,キューバ ,ドミニカ共和国 ,プエルトリコ ,トリニダード・トバゴ
この度厚生労働省を通じWHO総会での決定事項として
黄熱病予防接種証明書の有効期間がいままで10年間だったものが
一生涯適用可能となることがきまりました。
中南米周遊される方には朗報です!
今までに接種された方も対象となります。
http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   平成28年7月11日以降の黄熱予防接種証明書の取扱いについて
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

標記について、黄熱ワクチンを接種し取得した黄熱予防接種証明書
(以下、「証明書」という。)の有効期間について、これまでの10年間から、
平成28年7月11日以降は接種10日後から生涯になる旨、WHO総会で採択
されました。
これに伴い、下記についてご承知いただくとともに、関係先等に対しての
周知をよろしくお願いいたします。

                 記

1. すでに有効期間が経過した証明書も平成28年7月11日以降は生涯有効な
 ものとして取り扱われ、更新手続は不要であること。

2. よって、有効期間が経過した証明書及びこれから交付される証明書は
 生涯有効であることから紛失しないよう大切に保管すること。

                 厚生労働省結核感染症課、検疫所業務管理室


★黄熱予防接種証明の有効期限のリーフレットは、下記のサイトより
 ダウンロードいただけます。
 URL http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124572.html

以上

【書籍】 地球の歩き方 ガイドブック ブラジル/ベネズエラ'16&17 発売

2016.02.29
ブラジル ,ベネズエラ ,書籍販売のご案内 ,RIO OLIMPIC 2016
【書籍】 地球の歩き方 ガイドブック ブラジル/ベネズエラ'16&17 発売
地球の歩き方 ブラジル/ベネズエラ(2016年&2017年 改訂版)が2/26より発売されております!
最新の観光地情報もさらに魅力が盛りだくさん!
各都市情報も刷新されており見やすくなっています。
是非書店でお求めください!
http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/B21.html

今回も改訂版発売にむけ現地取材スタッフの航空券手配などラティーノにて
アレンジさせていただきました!

尚ラティーノでは2016年8月より開催されますリオオリンピック・パラリンピックに向けて現地のホテルや、航空券、観光ツアーなどのお取扱いをしております!
弊社特設ページも開設しておりますので是非あわせてご参照ください!

■リオオリンピック開催特設ページはこちら!■
http://www.t-latino.com/olympic/

ジカ熱についての情報と予防対策について

2016.02.02
ブラジル ,メキシコ ,グァテマラ ,ホンジュラス ,エルサルバドル ,パナマ ,コロンビア ,ベネズエラ ,エクアドル ,ボリビア ,パラグアイ ,キューバ
今後中南米をご旅行ご検討いただくお客様へ現在流行が懸念されております『ジカ熱』について公式発表内容とラティーノ取扱いエリアにおける感染状況と正しい情報と予防策のご案内をさせていただきます。

これからご旅行をご検討中のお客様におかれましては必ずご一読のうえご理解ご承諾のうえご旅行をお申込いただきますようお願い致します。

●2月1日に世界保健機関(WHO)は流行している感染症「ジカ熱」に関し、
「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。
http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2016/emergency-committee-zika-microcephaly/en/
非常事態宣言に伴い、ワクチンの研究とウイルス拡大の阻止に向けて全力挙げるとしてます。

●1947年に初めて発見されたアフリカのウガンダ・ジカ森林が名前の由来となっており、その後1977年はパキスタン、2007年はミクロネシア、2012年フランス領ポリネシアでも発見されております。ブラジルでは2014年に初めて発見されて以降、中南米で流行し始めました。

【予防について】
●蚊にさされないことが唯一の予防策です。外務省・海外安全情報MOFAでは特に蚊が多く発生する夏期には、蚊に刺されないように下記の通り注意が必要と呼び掛けています:
*外出する際には長袖シャツ・長ズボンなどの着用により肌の露出を少なくし、
肌の露出した部分には昆虫忌避剤(虫除けスプレー等)を2〜3時間おきに塗布する。
*室内においても、電気蚊取り器、蚊取り線香や殺虫剤、蚊帳(かや)等を効果的に使用する。
など、詳しくは:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C029

【ジカ熱とは】
●日本の厚生労働省の発表によると、ジカウイルスが感染することによりおこる感染症で、軽度の発熱、頭痛などが主な症状です。蚊(蚊媒介性)によって感染するウイルスで、ヒトから他のヒトに直接感染することはないとされていましたが2016年2月2日米国テキサス州において人から人へ感染した事例が報告され、米疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)により流行国へ渡航歴のない人に対して、献血をする際には帰国後28日以上開けるよう呼びかけられています。

●感染して全員が発症するわけではなく、症状がないか、症状が軽いため気付かないこともあります。
妊娠中の女性が感染すると胎児に影響を及ぼす可能性が指摘されていますが、その感染機序はまだ解明されていません。

●ジカウイルスに対する予防ワクチンや特有の薬は見つかっておりません。対症療法となります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html


【感染したら?】
●日本検疫所では感染した疑いのある方には早めの受診を呼び掛けております。
・ 海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
・ また、ご帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当者にご相談ください。
  帰国後に発症した場合や、症状が改善しない場合は、お近くの医療機関または検疫所にご相談ください。
・ 医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しくお伝えください。 http://www.forth.go.jp/news/2016/01261317.html

【中南米では】
●ボリビア、ブラジル、コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、キューバ、パナマ、パラグアイ、ベネズエラ、などで感染者が確認されております。(2016/3/4更新)
http://ichef.bbci.co.uk/news/ws/624/amz/worldservice/live/assets/images/2016/01/27/160127110301_zikagrafico4.png
従って、添付の通り日本では観光庁が注意を呼び掛けております。

●各国の対応について:
*ブラジル保健省は、ジカ熱と小頭症の関係については、現在も引き続き研究がわれていますが、詳細な調査結果が得られるまでは、特に妊娠中の方又は妊娠を予定している方は、流行国、地域への渡航・滞在を可能な限り控えるよう、指示してます。
ブラジルの感染者の推定は40万人〜100万人とされております。

*コロンビアでは2万人以上が感染しているため保険当局は妊婦さんに注意を呼びかている。

*その他の国の感染者(推定)エルサルバドル5,000人、ホンジュラス3,700人、グアテマラ100人、パナマ50人、ベネズエラ42人、メキシコ18人、エクアドル10人、パラグアイ6人、ボリビア3人などと報道されております。

一般的に大きな症状が発生しないため感染者が気づかず、完治することが多いのですが、妊婦の場合は胎児に悪影響を与える疑いがあるために、国によって妊娠する時期を見送る様に推進しています。

http://picadurasdemosquitos.com/static-picadurasdemosquitos.com/img/repelente-para-mosquitos-2.jpg

【中南米の観光地について】
現時点で観光地への影響はありませんが、中南米の熱帯雨林、ジャングルなどへご訪問される方や特に妊婦の方はお医者さんとご相談の上、十分にご注意ください。
現地でも殺虫剤を販売しておりますが、肌荒れやアレルギーのご心配な方は日本でご利用の製品をご購入になって下さい。また、ホテルや移動中の車両では極力窓を閉めるなどの対策をして下さい。
今後、各国が具体的な対策や制限が発表されましたら改めてご連絡させて頂きます。

よろしくお願い致します。

南米各国 サッカー・ワールド・カップ予選の影響」

2015.10.07
ペルー ,ブラジル ,コロンビア ,ベネズエラ ,ボリビア ,アルゼンチン ,チリ ,日本国内 イベント
南米各国 サッカー・ワールド・カップ予選の影響」
いつも大変お世話になっております。

昨年ブラジルのワールドカップが大変盛り上がりましたが、
南米ではFIFAロシア2018のワールドカップに向けて予選が始まります。

サッカーのことになると非常に熱い南米ですので、
試合中には各国の国民がテレビの前に集まり、
街中では人が歩かない、タクシーが無い、店が閉まるなどとなる場所もありますので
ご渡航の際は十分にご注意ください。

試合当日はスタジアム周辺では交通規制されます。
また、各代表チームが宿泊するホテルの周辺では試合前日に多くサポーターが集結し、
賑やかになりますが交通規制される可能性もありますのでご注意ください。

スケジュールは下記の通りです:
http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/southamerica/all-matches.html

【書籍】『絶景の旅 未知の大自然へ』

2015.06.16
ペルー ,ブラジル ,ベリーズ ,コロンビア ,ベネズエラ ,ボリビア ,アルゼンチン ,チリ ,テレビ・雑誌・メディアで紹介されました!
【書籍】『絶景の旅 未知の大自然へ』
本気の秘境トラベルガイド!
『絶景の旅 未知の大自然へ』
未知の大自然へ誘う絶景の旅、最新保存版。発売されています

今すぐ出かけたくなる、本当に行ける世界の絶景43スポットを厳選して紹介。
南米も数多く取り上げていただいています!
1.レンソイス砂丘(ブラジル)
2.イグアスの滝(アルゼンチン/ブラジル)
3.ペリト・モレノ氷河(アルゼンチン)
4.マーブル・カテドラル(チリ)
5.ブルーホール(ベリーズ)
6.カーニョ・クリスタレス(コロンビア)
7.ウユニ塩湖(ボリビア)
8.カナイマ国立公園とエンジェル・フォール(ベネズエラ)
9.マチュピチュ(ペルー)
K&Bパブリッシャーズより発売!

弊社でも中南米専門旅行会社として紹介されています。

旅行のガイドブックとはちょっと一味違った視点で
なかなか面白いです!

是非書店で手に取ってご覧ください!
詳細はこちら

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について