中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

ペルー/マチュピチュ遺跡への迂回ルート注意

2019.02.05
ペルー
ペルー/マチュピチュ遺跡への迂回ルート注意
本日2月5日(火)午前(現地時間)マチュピチュ遺跡へアクセスする迂回ルートで落石が車両に直撃する事故が発生し、観光客を含む死者・負傷者が出ていると現地では報道されております。アンデスでは本格的な雨期に入っており、このような土砂崩れが発生しますので、ご渡航の際は事前に情報入手するなどご注意ください。

https://diariocorreo.pe/edicion/cusco/rocas-caen-sobre-vehiculo-dejando-al-menos-un-fallecido-en-la-machu-picchu-fotos-868807/


尚、このマチュピチュ遺跡への迂回ルートは、未舗装道路の部分があり、落石のリスクも多いことから観光省では観光ルートとして認めておらず、観光業では使用しないルートとなっておりますので、マチュピチュ遺跡へ訪れる際にはこのようなルートを使用せずに、一般的とされてます列車での移動が呼びかけられております。
危険とされている迂回ルートは下記の通りウルバンバから陸路でアブラマラガ、サンタマリア、サンタテレーザ、ハイドロエレクトリカ(発電機所)のルートです。

ペルー:国外旅行代理店とのツアー手配を巡るトラブル事案について

2019.01.11
ペルー
ペルー:国外旅行代理店とのツアー手配を巡るトラブル事案について
この度在ペルー日本大使館より以下の通り報告と注意喚起が出されております。
概要としては海外にある旅行会社を名乗る会社へ旅行手配依頼したが実際には手配がされておらず、連絡もとれなくなってしまったという被害報告です。
これまでも同様の報告はでておりますが、インターネット上だけで少人数で展開しており、オフィスは海外にあり連絡先も個人の携帯番号といった小規模の会社は多数存在しますが、登録旅行会社かどうか不明瞭なところがほとんどです。

弊社の現地代理店(手配代行者)であるMICKEY TOURはペルー通商観光省(MINCETUR)登録旅行会社です。
登録番号:20100776643
料金の安さに惹かれてその会社がどこにあるのか?正規の登録旅行会社なのか?
など確認していない方も多いと思います。
これからご旅行をご検討中の方は是非下記の点についてもしっかりとご確認いただいたうえでお申込みいただくことをお勧めします。

弊社ラティーノは日本旅行業協会正会員の第一種旅行業者です。
観光庁長官登録旅行業第1924号
これは日本国内外の募集型企画旅行や受注型企画旅行、手配旅行など全ての旅行契約を
取り扱える旅行業登録となり、営業保証金や基準資産額などの要件がもっとも厳しいものとなっております。
これはご手配手配を行ううえでも会社の責任として旅程保証、特別補償、損害賠償の3つの責任を負う事を意味します。
万が一のトラブルの場合でも旅行業法に基づいた補償がされるというのも大きな安心ポイントです。

何もなければ大丈夫!ではなく何もなくてももしもの時にきちんとサポートのある会社かどうか是非選定段階で確認いただくことをおすすめします!



-----Original Message-----
From: 在ペルー日本国大使館 [mailto:pe@mailmz.emb-japan.go.jp]
Sent: Friday, January 11, 2019 7:55 AM
To: latino@tokyo.email.ne.jp
Subject: 国外旅行代理店とのツアー手配を巡るトラブル事案

・ペルー国外の旅行代理店にインターネットのホームページを通じてペルー国内旅行
を含むツアーを申し込み事前に費用を支払ったものの,現地での手配が行われていな
かったという事案が,年末年始にかけて複数件当館に報告されました。旅行の手配を
行う際には,信用のおける旅行代理店の利用をお勧めします。
(Informacion sobre problema con agencia de turismo. Disculpe que la
informacion no este en espanol.Si tiene alguna consulta, comunicarse con la
seccion consular de la Embajada del Japon.)

1 ペルー国外の旅行代理店にインターネットのホームページを通じて,クスコ・マ
チュピチュ等でのツアーの手配を申し込み,事前に費用を支払ったものの現地での手
配が行われておらず,また,旅行代理店とは連絡が取れなくなるという事案が,年末
年始にかけて複数件当館に報告されました。

2 旅行代理店にツアー手配を申し込む際には,所在国政府に旅行業者として登録さ
れているか,旅行代理店・支店の住所や電話番号が存在し機能しているか,よく知ら
れている旅行代理店であるか等を確認した上で,信用のおける旅行代理店を利用する
ことをお勧めします。
 なお,ペルー国内の旅行業者はペルー通商観光省(MINCETUR)に登録することと
なっており,登録の有無及び旅行業者の情報は以下の手順で確認することが可能です
(但し,スペイン語表記)。

(1) 以下のリンクより,国家税関税務監督庁(SUNAT)のHPにアクセス。
左下の「Nombre o Razon Social」の欄にチェックを入れ,検索ボックスに旅行代理
店の名称を入力。右側のボックスにアルファベットのコード(ランダムに表示される
もの)を入力した上で,検索「Buscar」をクリック。
法人情報が表示されるので,納税者登録番号(RUC)を確認。
SUNAT: http://e-consultaruc.sunat.gob.pe/cl-ti-itmrconsruc/jcrS00Alias
(2) 以下のリンクより,通商観光省(MINCETUR)のHPにアクセス。
「N° RUC 」の欄に先ほどSUNATで確認した納税者登録番号(RUC)を入力し,検索
「Buscar」をクリック。旅行代理店として通商観光省に登録がある場合は,同社の情
報が表示される。
http://consultasenlinea.mincetur.gob.pe/set-regiones/(S(csefqayuifi0w3ak4ytj
s5zz))/Reportes/WebReportes/RptFiltro.aspx?StrCodGrupo=02&NomGrupo=Agencias%
20de%20Viajes%20y%20Turismo

【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 領事部
Av. Javier Prado Oeste No.757, Piso 16,Magdalena del Mar, Lima
電話:(+51-1)219-9551
Fax :(+51-1)219-9544
consjapon@li.mofa.go.jp
http://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html

・このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録され
たメールアドレスに自動的に配信されています。

・外務省海外旅行登録「たびレジ」とは
「たびレジ」は,いざという時,在外公館から滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発
生時の連絡メールなどが受け取れるシステムです。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

・転居,帰国等により在留届の記載内容に変更がある場合
住所等連絡先の変更届をFAX,郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館ま
で提出してください。
変更届様式:http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/henkoutodoke2011.doc

・「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURL
から停止手続をお願いします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

アマゾナス航空 クスコ~ラパス間2019年1月~12月まで毎日運行

2018.12.26
ボリビア
アマゾナス航空 クスコ~ラパス間2019年1月~12月まで毎日運行
今月12月05日よりクスコ(CUZ)~ラパス(LPB)間の運行開始となった
アマゾナス航空(Z8)ですが、来年2019年1月~12月まで毎日運航することが
決定されました。端末でも来年まで反映されております。

現在、ペルビアン航空(P9)のクスコ~ラパス間は運休となっておりますが、
アマゾナス航空でこちらの区間はご利用頂けます。
以上ご確認宜しくお願い致します。

アルゼンチン / 12月13~14日、ストライキ中止に *続報

2018.12.13
アルゼンチン
アルゼンチン / 12月13~14日、ストライキ中止に *続報
昨日ご連絡させていただきましたパイロットのストライキに関しまして、強制調停が発表されストライキは一旦中止されることになりました。
よって12月12日、13日のフライトや予定通り運行されます。
引き続きこれからご訪問される方は今後の動向にはご注意ください。

ボリビア/ペルービアン航空ラパス路線休止*続報

2018.12.13
ボリビア
ボリビア/ペルービアン航空ラパス路線休止*続報
先月11月26日から続いております、ペルビアン航空のクスコ(CUZ)~ラパス(LPB)~リマ(LIM)間の路線運休ですが、年内再開できないことが決定しておりまして、ペルビアン航空の発表によりますと現時点で航空局が求める書類提出済みであり、航空局よりフライト再開の許可が得られるまで「ラパス路線が無期休止」となっておりますので、ご利用予定の場合は別のフライトをご利用下さい。

https://www.peruvian.pe/pe/es/noticia/vuelos-desde-y-hacia-la-paz-siguen-suspendidos-hasta-nuevo-aviso

アルゼンチン / 12月13~14日、パイロット関連組合による「ストライキ」情報

2018.12.12
アルゼンチン
アルゼンチン / 12月13~14日、パイロット関連組合による「ストライキ」情報
現地時間昨日2018年12月11日(火)、アルゼンチンの航空会社(AR、LA等)に所属するパイロット関連の労働組合は、以下の予定でストライキを行うことを発表いたしました。

 ■ ストライキ予定期間: 2018年12月13日(木)~14日(金) 48時間

今回のストライキによるフライトへ影響は現時点では不明ですが、ストライキ実施期間中は、通常通り運航できない可能性があります。
同期間中にアルゼンチンの航空会社をご利用予定の方は、事前にフライトのキャンセルや遅延などの情報を確認されることをおすすめいたします。

アルゼンチン/アルゼンチン航空ストライキ情報

2018.11.22
アルゼンチン
アルゼンチン/アルゼンチン航空ストライキ情報
本日アルゼンチン航空の労働組合は現地11月26日に24時間ストライキを行うことを発表致しました。
今月9日のストの影響で同社は376名の雇用契約の打ち切りを行いましたが、これの撤回を求めてストとなります。

また11月27日もアルゼンチン航空関係の労働組合が会合を行う予定になっており、この日も遅延、キャンセルなどが発生する可能性がございますのでご注意下さい。

https://www.telam.com.ar/notas/201811/307758-los-gremios-aeronauticos-de-aerolineas-argentinas-anunciaron-un-paro-total-para-el-lunes-26.html

新たな情報が入り次第ご連絡させていただきます。

アルゼンチン/ブエノスアイレスG20の影響

2018.11.16
アルゼンチン
アルゼンチン/ブエノスアイレスG20の影響
先日ご連絡しておりますブエノスアイレス開催のG20の影響に関しての続報です:
2018年11月30日、12月1日にアルゼンチン・ブエノスアイレスにてG20首脳会議が開催されます。 
https://g20.org/en/calendar

日本を含む各国首脳が参加されることで安全確保のためあらゆる特別措置によって観光への影響も発生する可能性があります。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37685640T11C18A1000000/

以前のご連絡は下部にございますが、国内線アエロパルケ空港の閉鎖、交通規制、大統領令の臨時休日などになりますが、追加情報は下記の通りです:

空港:
2週間前になりますが本日11月15日よりブエノスアイレス空港での出入国セキュリティ対策が強化されまして、突然の措置によって手間取る場面もあり出入国・税関手続きに最大で3時間がかかっております。今後はスムーズになることが見込まれますが、会議期間までは厳しいセキュリティ対策のため時間に余裕が必要です。

国内線アエロパルケ空港(AEP)は11月29日15:00~12月1日22:00まで閉鎖のため、全フライトは国際線エゼイザ空港(EZE)に変更となりますので、他の国際線の時間変更になる可能性があります。

道路:
ブエノスアイレスのメイン高速道路 Illia, Cantilo, Lugonesは11月29日15:00~12月2日12:00まで通行止めです。
そのため空港へのアクセスなどは迂回ルートになりまして通常より時間がかかります。その他、殆どのデラックスホテルは首脳、メディアなどが宿泊されるため周辺のセキュリティが強化され、交通制限されます。
港~空港の沿岸線コスタ・サルゲードが11月27日15:00~12月2日12:00まで通行止め。
そのほか市内の各開催会場周辺の各メインストリートは11月29日15:00~12月2日12:00の期間で交通規制されます。

港:
ウルグアイのモンテビデオ、世界遺産コロニア・デル・サクラメントに向かうフェリーが出航するブエノスアイレス港は11月29日15:00~12月2日12:00まで閉鎖ですのでツアー中止です。

公共交通機関:
レティロ・ターミナル駅は11月30日10:00~12月2日12:00まで全線で運航中止です。

観光地
コロン劇場では11月30日首脳参加のガラディナーが開催されますので11月30日10:00~12月1日08:00まで周辺へのアクセス不可になります。
よろしくお願いいたします。

チェ・ゲバラ記念霊廟入場可能に

2018.11.16
キューバ
チェ・ゲバラ記念霊廟入場可能に
キューバ サンタクララにあるチェ・ゲバラ記念霊廟が先月より一時閉鎖となっておりましたが本日11月15日から再開し、入場していただけるように
なりました。
開館時間は以前と変更なく、火曜日から日曜日(月曜日 休)08:30~17:00となっております。
*事前の予告なく閉鎖される場合もありますのでご注意ください。

アルゼンチン/空港職員ストライキ

2018.11.15
アルゼンチン
アルゼンチン/空港職員ストライキ
11月16日(金)午前07:00~11:00の期間に全国各空港で航空会社に対する不満の意を表して航空職員集会が行われると報道されており、添付声明発表ありました。
http://www.lavoz.com.ar/politica/viernes-complicado-para-viajar-realizaran-asambleas-en-todos-aeropuertos-del-pais

https://misionescuatro.com/provinciales/nuevo-paro-aeropuertos-pais/

全体ストでは無いため各航空会社はフライトへ支障が無い様に話し合いされてますが通常通りの運航はできない可能性があり、ディレイ、キャンセルに関して事前に情報収集をおすすめします。
https://www.aa2000.com.ar/

航空職員解雇問題や賃金問題など航空職員と航空会社の話し合いは続いておりまして、今後もデモに発展する可能性がありますので、新たな情報が入り次第ご連絡させて頂きます。

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について