中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ / ペルーを中心に中南米旅行一筋年。あなたの思い出に残る旅行のお手伝いをさせて頂きます。

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

LATINO

新着情報

コスタリカ

ラティーノ・セミナー 「中米・コスタリカ 森林保護活動と学校農園」を開催します!

2013.08.07
コスタリカ ,日本国内 イベント
ラティーノ・セミナー 「中米・コスタリカ 森林保護活動と学校農園」を開催します!
ラティーノ・セミナー 「中米・コスタリカ 森林保護活動と学校農園」
 
日時: 2013年8月10日   16:00〜18:00
場所: 東京・市ヶ谷 JICA地球ひろば 601室
     住所:東京都新宿区市谷本村町10-5

内容: コスタリカでの森林保護活動と環境教育としての学校農園についての
    セミナーです。2005年からはじまったプロジェクト・プラスの活動と
    2012年のスタディツアー、森を守りながらオーガニックコーヒーを
    栽培しているアプロカフェについて画像をご覧頂きながら
    詳しく説明致します。

     http://www.lrsarts.com/plas/japones/index.html
     http://www.lrsarts.com/plas/agricultura.pdf
     https://www.facebook.com/proyectoplas?fref=ts

講師: コスタリカ教育省・環境教育局、JICAボランティア
    長野由美子 様


入場無料。 ご参加の場合は直接会場にお越し下さい。事前申し込み不要です。
また、FACEBOOKより参加にクリック願います:
https://www.facebook.com/events/148145522048178/

交通:JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
   有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口   徒歩10分
   有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

みなさま、ふるってご参加ください♪♪

コスタリカ 地震

2012.09.06
コスタリカ
現地日時9月5日午前8時42分、
コスタリカのニコヤ半島付近を震源とする
M7.6の地震に関して、現地時刻(12時45分)時点で
把握されている状況が現地より届きましたので、
報告させていただきます。

首都サンホセから震源地まで200KM以上あるため、
サンホセ近郊でも大きな揺れを感じたものの、
目立った被害はありませんでした。

コスタリカ北西部ニコヤ半島周辺の3箇所で、
がけ崩れが確認されたものの、
がけ崩れによる被害は報告されていません。
国内の観光地や主要ルートに、
被害があったという報道もなされておりません。

津波に関しては、グアナカステと
プンタレナスの太平洋沿岸部に発令されていた
警報は既に解除されました。

安全のため現地公立学校の児童だけは
自宅へ帰ったのですが政府機関や一般企業等、
社会は通常の生活に戻っております。

地震による被害者は、現時点で死者2名
(心臓麻痺によるショック死と、屋根からの落下死)と
落下物による怪我人が約30名とのことです。


引き続き情報が入りましたら ご連絡させて頂きます

中南米 航空事情

2011.11.17
ペルー ,コスタリカ
中南米の空港税変更情報をご連絡いたします。
下記ご確認ください。

◇ペルー/リマ(LIM)国際空港税変更
下記の通り変更となります。

・変更日:2012年1月1日より(予定)

・変更後のTAX 
 国内線:US$8.72   +$1.32 UP
 国際線:US$30.74 -$0.26 DOWN

※通常リマ空港税は航空料金に含まれております。
 

◇コスタリカ/サンホセ(SJO)国際空税変更
下記の通り変更となりました。

・変更日:2011年11月01日より開始しております。

・変更後のTAX
 国際線:US$28.00 +$2.00 UP

以上、ご確認よろしくお願いします。

中南米 人気デスティネーション

2011.01.20
ペルー ,コスタリカ ,コロンビア ,アルゼンチン
中南米 人気デスティネーション
インターネットの読者投票で中南米ディスティネーションが
輝かしい功績を残しています。

この度、世界最大手のオンラインホテル予約サイトHotels.com(英) は、
宿泊に関する意識調査をオンラインで実施。

質問は

“観光スポットとして世界中の人々を魅了する世界遺産。
 もし、泊まれるならどの世界遺産に泊まりたいですか??”

そして投票の結果。。。 

なんと、第1位は空中都市“マチュピチュ遺跡”となりました!!
さらに、第8位には今話題のナスカの地上絵もランクイン♪

本当にマチュピチュ遺跡に泊まれる!?
→泊まれます!!

『ペルー超豪華!デラックス7日間』モデルプランはこちら→

*2011年はマチュピチュ遺跡発見100周年!!

その他に、ニューヨークタイムズ誌が“2011年に注目する行きたい観光地”の
投票アンケートを行ったところ、第2位にコロンビアがエントリー!!
全部で約1700の観光地があがり、その中で堂々の2位はすごいですね♪
今コロンビアは、全世界から注目されています☆

第10位までに中南米各地がランクイン!!

<順位>
1位:イスタンブール
2位:コロンビア     *
3位:ソウル
4位:コスタリカ     *
5位:ニューヨーク
6位:シアトル
7位:ケープタウン
8位:ダマスカス
9位:ポルトガル・シントラ
10位:ブエノスアイレス *

全世界が大注目!!

『コロンビア!歴史とカリブ海ツアー』モデルプランはこちら→

個人旅行必読アイテム!新登場!

2010.04.08
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,グァテマラ ,ベリーズ ,ホンジュラス ,エルサルバドル ,ニカラグア ,コスタリカ ,パナマ ,コロンビア ,ベネズエラ ,エクアドル ,ボリビア ,パラグアイ ,ウルグアイ ,アルゼンチン ,チリ
個人旅行必読アイテム!新登場!
個人旅行をお考えのお客様へ!
新たな必読アイテム 

『南米トラブル大全集』 『 高山病予防7大ポイント!』をご用意いたしました!
どれも中南米をご旅行前には役立つ情報が満載です!

是非こちらからご依頼ください!
『南米トラブル大全集』『 高山病予防7大ポイント!』

『南米トラブル大全集』
困った!焦った!助かった!
ラティーノのスタッフ及びお客様の実体験トラブル事例とその対策方法
を一挙公開!!

『 高山病予防7大ポイント!』
これからアンデスへの旅行を計画している方は必見!
本当のプロが教える!高山病予防7つのポイントを一挙公開
ポイントを絞り込みわかりやすく紹介しています。
安全に楽しくアンデスを旅するための必読書!

中南米/空港・路線情報

2009.12.22
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,コスタリカ ,パナマ ,コロンビア ,アルゼンチン
近況の空港情報・路線情報をお知らせいたします。

◆メヒカーナ航空(MX)がカンクン発中南米路線を新設!!

メキシカーナ航空ではカンクン空港ハブ化の一環として、
12月15日よりカンクン⇔グアテマラシティを皮切りに順次、
中南米路線を広げていきます。
16日からはボゴタ、サンホセ、1月15日からはサンサルバドルに運航予定です。 
下記フライトスケジュールご確認ください。

・CANCUN(CUN)⇔BOGOTA(BOG):12月16日より就航開始しました。
*フライトスケジュール*
CUN→BOG 曜日:月・水・金・日 便名:MX395 CUN/13:05発 BOG/17:25着       
BOG→CUN 曜日:月・水・金・日 便名:MX394 BOG/14:10発 CUN/16:30着

・CANCUN(CUN)⇔SAN SALVADOR(SAL):1月15日より就航開始します。
*フライトスケジュール*
CUN→SAL 曜日:月・金・土・日 便名:MX4929 CUN/13:00発 SAL/14:35着       
SAL→CUN 曜日:月・金・土・日 便名:MX4928 SAL/15:05発 CUN/16:30着


◆クスコへのアクセス増!!
CUSCO⇔BUENOS AIRES
アルゼンチン国有のアルゼンチン航空(AR)が、2010年にもブエノスアイレス(BUE)と
ペルーの観光都市クスコ(CUZ)を結ぶ便の運航を始めると発表。
アルゼンチン交通省を通じ、今後ペルー側と、この新路線についての協議を開始する
見通し。同キャリアによると、クスコへの乗り入れは既存のBuenos Aires−Salta線を
延伸する形で運航するとのこと。
また同社は、ブエノスアイレスとリマを結ぶ便についても、デイリー運航化を図る予定だという。
 
CUSCO⇔RIO BRANCO
ペルー国内線を主に就航するSTAR PERU(2I)が来年3月から、PERU国境に面するBRASIL領
アクレ州都リオ・ブランコ(RIO BRANCO)とクスコ間を週2便で就航する。
リオ・ブランコはサンパウロ、リオなどのブラジル各都市からのアクセスが可能です。
なのでリマまで出ずにクスコへ行くことができる!?

*現在、CUSCOに乗入れる国際線は隣国ボリビアの首都ラパスからだけ。

◆パナマ:トキュメン国際空港(PTY)、出国税値上げ
パナマの玄関口である同空港の出国税が1月1日より変更します。

※変更前:US$20.00- ⇒ 変更後:US$40.00-

よろしくお願いします。

中南米 、「世界で生きている間に訪れるべき50の場所」のご紹介♪

2009.09.28
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,コスタリカ ,ボリビア ,アルゼンチン ,チリ
中南米  、「世界で生きている間に訪れるべき50の場所」のご紹介♪
先日、米系有名旅行誌「National Geographic Traveler」が創刊25周年を記念し、
「世界で生きている間に訪れるべき50の場所」が発表されました。
その中で選出された中南米地域をピックアップして下記にて紹介させて頂きました♪
ご存知なかった場所はこれから注目度UPする事マチガイなしです!

〜〜〜50 Places of life time〜〜〜
・ペルー:クエラップ遺跡(Kuelap Ruins)
クエラップはチャチャポヤス文化の聖地で、俗に「北のマチュピチュ」とも呼ばれています。
しかし、悪路で数時間かかるアクセスのため、観光開発は遅れ気味。。。
まだまだ多くの謎が秘められている遺跡として将来有望な観光地の呼び声が♪

・アルゼンチン:メンドーサ(Mendoza)
アンデスの山々が臨め、雪が降り、川や運河には氷河からの水が流れ、ブドウの大農場も存在する。
「歴史的にも生活の質の上でも、旅行先として申し分ない」との評価。
世界第4位のワイン生産国でもあり、アルゼンチンのワイン生産の中心地。
町を抜けると広大なブドウ畑が続いている。
また、アンデス山脈最高峰アコンカグア(6960m)へのアプローチの街としても有名。

・ブラジル:フェルナンド・ノルーニャ列島(Fernando Noronha Archipielago)
世界自然遺産に登録されており、主島フェルナンド・デ・ノローニャ島を中心に20の火山島
などの島々からなる。
美しい海岸と自然の美しさで近年注目を浴びています。

・チリ:イースター島(Easter Island)
土から大西洋へ3800km世界遺産にも指定されている南海の孤島。
現地では「ラパ・ヌイ」と呼ばれるモアイ像で世界的に有名な島。
2010年の皆既日食ツアーはお問い合わせ殺到中です!


・ボリビア:マディディ国立公園(Madidi National Park)
国が管理する、世界有数の豊富な自然資源を持つ国立公園。
公園内にあるエコロッジ、チャララン(Chalalan)は、エコツーリズムの目的地として
人気が高まってきています。

・メキシコ:メキシコ・シティー(Mexico City)
メキシコの首都、メキシコシティーは人口860万人の大都市。
かつてはアステカ帝国の首都でもあった。
市内の広場や神殿後、博物館を巡ればこれまでメキシコが歩んだ歴史を感じることができる。メキシコ人はメキシコシティーのをデー・エフェ(Distrit Federalの頭文字)と呼びます。

・コスタリカ/オサ半島(Osa Peninsula)
コスタリカ南部にあるオサ半島は全域が自然の宝庫となっているエコツアーの本場
とも呼ばれる地域であり、半島の半分が国立公園に指定されています。
サンホセからセスナ機のような小さな飛行機で移動(約40分)

◆Travelr's 50 places of lifetimeはこちら→


上記選出場所のご相談・お問い合わせはラティーノまでお気軽にご連絡ください♪

コスタリカ 海ガメ産卵のシーズンです!

2009.07.23
コスタリカ
コスタリカ  海ガメ産卵のシーズンです!
エコツーリズムで有名なコスタリカでは7〜10月の間、陸に上がる海ガメの
産卵が観察できます。

自然が豊かなだけに観察ができる確立はなんと95%!
数千もの海がめが訪れ、砂浜に一生懸命卵を産み落とす様子は神秘的で
感動する事間違いなしです。

特に海ガメの産卵観察ツアーとして有名なのはトルトゥゲーロ国立公園
(Parque Nacional Tortuguero)となっております。
観察にはガイドが同行しますが、この時期は予約が混みあいますので余裕を
もって予約されることをお勧めします。

※トルトゥゲーロ国立公園概要※
コスタリカ北東部、カリブ海沿岸の未開拓ジャングル地帯。
海ガメが産卵にやってくることで有名ですが、海沿いの運河と周辺の熱帯雨林には
ワニ、ジャガーやバク、水鳥など多種多様な野生動物のパラダイスとなっており、
ボートから観察することができます。
ツアーとしては1泊2日からのツアーが主流です。

コスタリカ主要観光地はこちら→

モデルプラン、ツアー紹介はお気軽にお問い合わせ下さい♪

豚インフルエンザ 中南米各国対応

2009.04.28
ペルー ,ブラジル ,メキシコ ,グァテマラ ,ベリーズ ,ホンジュラス ,エルサルバドル ,ニカラグア ,コスタリカ ,パナマ ,コロンビア ,ベネズエラ ,エクアドル ,ボリビア ,パラグアイ ,ウルグアイ ,アルゼンチン ,チリ
今回のメキシコで発生しております豚インフルエンザ感染を受けて、4/28現在はメキシコを除いて、中南米の他の国では発生例が確認されておりません。
ただし、感染の疑いがでております、ペルーで1人(すでに豚インフルエンザではないことを確認済み)、ブラジルで1人、コロンビア12人、グアテマラで3人、コスタリカ21名に上っております。

どの国でも国境や空港で、特別医療窓口を設置し、メキシコや北米からの旅行客に対し、健康状態の確認をしている段階です。
各国からは注意喚起がでておりますが、今の所は観光への影響はでておりません。
また新しい情報が入り次第ご連絡させていただきます。

【外務省海外安全ホームページ】
メキシコ
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=264#header

コスタリカ 地震発生

2009.01.09
コスタリカ
コスタリカ  地震発生
現地8日13時23分にコスタリカで強い地震が発生しました。

震源地は首都サンホセの北西約40キロのポアス火山近くです。
震度はマグニチュード6.2と推定されており、首都サンホセでは
この地震による揺れがおよそ40秒続きました。

サンホセ郊外では今現在死亡者4人、負傷者約50人となっております。

取り急ぎ第一報です。
引き続き新しい情報が入り次第後連絡させて頂きます。

中南米・ペルーの旅行について
お気軽にご相談ください。

LATINO

中南米・ペルー旅行専門店 ラティーノ

電話でのお問い合わせはこちら

【電話お問い合わせ受付時間】
【受付時間】9時30分〜17時30分 【定休日】土日祝日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

わたくしたち中南米スペシャリストが皆様のご希望にお応えします。
お電話、メールでお気軽にご相談ください!

このページ 上部へ移動ページ上部へ

ご検討中の方へ

ラティーノグループサイト

  • Turismo Japon paquetes turísticos hacia Japόn.

    “TURISMO JAPON” somos un equipo profesionalizado en la cultura Latinoamerica y ofrecemos paquetes turísticos hacia Japόn.

  • LATINO English siteLATINO English site

    [For Travel Agencies] LATINO English site

  • [旅行社相关人员] LATINO 中文网站

アクセス

渡航手続き・安全対策について